« あまりにも軽い友愛の言葉 | トップページ | 3.6兆円の大増税 »

2009年11月16日 (月)

経産相がインサイダー誘発

また不適切発言か。

直嶋経産相、GDP発表前に数値漏らす 指摘受け謝罪

直嶋正行経済産業相が16日、内閣府が09年7~9月期の国内総生産(GDP)の1次速報値を発表する前に数値を漏らした。GDPは最も重要な経済指標の一つ。国内外で注目され、株価も敏感に反応する。要職にある経産相が発表前に明らかにすることは経済に影響を与えかねず、軽率との批判は免れない。

 直嶋経産相は、同日午前8時50分の内閣府の発表に先立ち、午前8時から石油連盟と東京都内で懇談。経産省によると、直嶋経産相は冒頭のあいさつで、「7~9月期は前期比1.2%増となり、表面的にはよく見えるが、昨年はリーマン・ショックがあった時期で、いまだ経済は完全には戻りきっていない」と具体的な数値を引用した。あいさつは直嶋経産相が自ら考えたものだという。

 平野博文官房長官は16日の記者会見で、事実関係を確認中だとしたうえで、「事実とすれば極めて遺憾。政府の危機管理も問われる。(閣僚に対し)情報管理のあり方について改めて徹底したい」と語った。直嶋経産相は同日昼、記者団に対し「8時50分(の発表)というのは正直知らなくて、もう大丈夫だと思って話をした。申し訳ありませんでした」と謝罪。菅直人副総理兼経済財政相に電話し、事態の報告をしたことも明らかにした。

 GDPの発表をめぐっては、99年6月に当時の自由党幹部などから事前に情報が漏れ、株価が急騰したことがある。政府は一層の情報管理に努めるとし、発表時間を当時の午後3時半から、現在の午前8時50分に変更した。

2009年11月16日10時38分 朝日新聞

 経済の専門家であるべき経産相が“「8時50分(の発表)というのは正直知らなくて、もう大丈夫だと思って話をした。申し訳ありませんでした」”という認識では、不適任だと言わざるを得ません。

 “あいさつは直嶋経産相が自ら考えたもの”ということで、民主党得意の政治主導とやらが裏目に出た事例ですが、脱官僚、政治主導を主張するならせめて、官僚以上の知識、判断力を身に付けた大臣を任命するべきだ。

 鳩山首相を初め、内閣には不適任大臣が勢揃いです。通常国会が始まれば、政治主導で彼らが繰り出す不適切発言はますます増えていくでしょう。

不適任大臣は辞任するべきだと思う方はクリック!

|

« あまりにも軽い友愛の言葉 | トップページ | 3.6兆円の大増税 »

朝日新聞」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

コメント

>8時50分(の発表)というのは正直知らなくて

素人の私でさえ知っているというのに…。

投稿: 名無し | 2009年11月16日 (月) 21時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191898/46780503

この記事へのトラックバック一覧です: 経産相がインサイダー誘発:

« あまりにも軽い友愛の言葉 | トップページ | 3.6兆円の大増税 »