« これが脱官僚? | トップページ | 友愛ブーメランが小沢に »

2009年11月 4日 (水)

友愛ブーメラン

炸裂。

野党時代の追及、自らにはね返る…首相答弁

 「責任がないと申し上げているつもりはない」――。

 鳩山首相の偽装献金問題の追及が本格的に始まった4日の衆院予算委員会。野党時代に「会計責任者の逮捕は議員本人の責任であり、議員も辞職するべきだ」などと発言していたことを自民党の柴山昌彦議員から指摘された首相は、苦しい答弁に終始した。責任を秘書に押しつける政治家の姿勢を追及してきたことが、今になって自らにはね返ってきた形だ。

 柴山議員は、鳩山首相が民主党代表だった2002年5月、鈴木宗男衆院議員の秘書が偽計業務妨害容疑で逮捕されたことについて、夕刊紙で「議員の分身と言われている会計責任者の逮捕は議員本人の責任であり、改めて(鈴木議員の議員辞職を)強く求める」と発言していたことを指摘した。

 また、03年7月の鳩山首相のメールマガジンにも「政治家は金銭に絡む疑惑事件が発生すると、しばしばあれは秘書がやったこととうそぶいて、自らの責任を逃れようとしますが、とんでもないことです。秘書が犯した罪は政治家が罰を受けるべきなのです」との記述があり、柴山議員は「今回、会計実務担当者が犯した事件について、あなたはどう責任を取られるのですか」と追及した。

 鳩山首相は、過去の一連の発言について「議員は関係ないと弁明をすることは、潔いと思っていなかった。このことは私にも適用できる話だと思っています」としたうえで、「私自身にまったく責任がないと申し上げているつもりもありません」と述べた。しかし、監督責任に関しては、「捜査が今進行していますから、そこに委ねたい」と明言を避け、野党席からは激しいヤジが飛んだ。

 鳩山首相は野党時代、政治とカネをめぐる問題について舌鋒鋭く追及する姿勢を見せてきた。

 02年3月、自民党の加藤紘一・元幹事長の元事務所代表が脱税容疑で逮捕された際、民主党代表だった鳩山首相は記者団に対し「金庫番だった人の不祥事は(議員本人も)共同正犯だ。即議員辞職すべきだ」などと語った。

 07年7月には、当時の赤城農相の政治資金収支報告書の二重計上問題について街頭演説で「単なる事務のミスで(領収書を)コピーすることなどあり得ない。お辞めになるしかない」などと批判した。

(2009年11月4日15時57分  読売新聞)

 わざわざ自民党が追求するまでもなく、鳩山首相自身の過去の発言を借りるだけで足りてしまったようですね。当ブログでもこれ以上指摘することはございません。

 すでに責任を押し付けられた元秘書が、鳩山家の試算管理会社「六幸商会」から資金を引き出す際に鳩山首相が直接関与していたことが明らかとなっており、鳩山首相本人が政治資金規制法違反で起訴されるのは、ほぼ確定的な状況となっています。

 さんざん、責任を取って辞任するしかない、辞任するしかないと言ってきたのですから、検察の捜査に任せるまでもなく、今すぐ辞めるべきですね。

 それは友愛自身が一番良くわかっているはずです。

今すぐ辞めるべきだと思う方はクリック!

人気ブログランキングへ

|

« これが脱官僚? | トップページ | 友愛ブーメランが小沢に »

国会審議」カテゴリの記事

読売新聞」カテゴリの記事

鳩山由紀夫」カテゴリの記事

コメント

しかし何百本のブーメランが刺さっても、マスゴミが報道しない限りは刺さった事にならんのですよね・・・。

投稿: 七誌 | 2009年11月 5日 (木) 09時01分

いやいやどうして、最近はアカピーもがんばってますよ。広告料激減でケツに火がついたのでしょうかね。

投稿: takayuu@管理人 | 2009年11月 5日 (木) 10時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191898/46675461

この記事へのトラックバック一覧です: 友愛ブーメラン:

« これが脱官僚? | トップページ | 友愛ブーメランが小沢に »