« 本当に凄い日本の製造業(下) | トップページ | 福島党首が日和る »

2009年11月 6日 (金)

まだ勢いがある内に

やろうってことですかね。

外国人参政権法案の提出検討=会期延長も-山岡民主国対委員長

 民主党の山岡賢次国対委員長は6日午前、自民党の川崎二郎国対委員長と国会内で会談し、永住外国人に地方参政権を付与するための法案について、議員立法での今国会提出を検討する考えを伝え、協力を求めた。川崎氏は、持ち帰って党内で協議した上で回答するとした。
 山岡氏はこの後、記者団に対し、30日までの今国会会期の延長を検討する意向も示した。 
 永住外国人への地方参政権をめぐっては、民主党内で鳩山由紀夫首相や小沢一郎幹事長が前向きだが、中堅・若手の保守系議員を中心に根強い反対論がある。意見集約が難しいため、山岡氏は川崎氏との会談で、党議拘束を外す方向で調整する考えを示し、自民党にも同様の対応を求めた。
 野党サイドでは、自民党内に地方参政権付与の異論が強い半面、公明党は付与に積極的だ。

(2009/11/06-12:27)時事通信

 外国人参政権に積極的な鳩山首相のみならず、小沢幹事長にも虚偽献金疑惑が発覚した以上、鳩山政権が求心力を失って死に体になる前にとっととやっちまおうという腹なのでしょう。

 しかしながら従来、通常国会で提出する予定だった法案を臨時国会の会期を延長してまで提出しようとする民主党の焦りは、この虚偽献金の黒い金が外国人参政権法案成立を望む民潭関係者から出ている事を自ら証明しているようなものです。

 提出を通常国会まで待てば、両者の捜査が更に進展し、こういった売国法案の審議と引き換えに小沢幹事長の証人喚問に応じざる得なくなる可能性があります。そうなれば汚職事件追求のような衆人環視の中で、今までマニフェストの陰に隠れた売国法案の問題点が次々と明らかにされるわけで、子供手当てなどのドサクサにまぎれて法案を通したい民主党にとって望ましい状況とはいえません。

 しかし、このような焦りは、現在でもてんでバラバラな党内の動きを、更に加速することは間違いないでしょう。このまま行けば年越しを待たずして民主党は空中分解する可能性もあります。

 さて、“山岡氏は川崎氏との会談で、党議拘束を外す方向で調整する”とはいいますが、小沢氏の私兵である150名の民主党新人議員がいる限り、成立阻止は厳しい戦いとなることは間違いありません。自民党および民主党両保守派の奮闘を期待します。

 また、結果はどうあれ、この動きが将来の政界再編の切欠となることはもう間違いないでしょう。その時には真の保守政党が誕生することを望みます。

この法案に賛成した売国議員の名前は忘れない方はクリック!

人気ブログランキングへ

|

« 本当に凄い日本の製造業(下) | トップページ | 福島党首が日和る »

国会審議」カテゴリの記事

時事通信」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

コメント

■■■■■■■■■外国人参政権法案絶対阻止■■■■■■■■■
外国人参政権を廃案に持ち込むには、衆議院&参議院の法務委員会で
反対多数に持ち込む以外ない!!
衆議院法務委員は全部で【35人】
朝日新聞の調査によると
賛成は【16人】、反対は【11人】、「どちらとも言えない」は【6人】
「回答なし」は【2人】
■■ 衆議院法務委員会 委員名簿 ■■
ttp://www.shugiin.go.jp/itdb_iinkai.nsf/html/iinkai/iin_j0030.htm
「どちらとも言えない」「回答なし」の【8人中7人】が反対すれば
法案成立阻止できます!!
■■■■■この8人!!■■■■■
阿知波吉信 http://www.achiha.jp/cgi-local/postmail/postmail.html
FAX 0572-22-2213
長島一由 http://nagashimakazuyoshi.com/?page_id=32
樋高剛(下のほうにメアド記載) http://www.the-hidaka.net/
fax 044-850-1206
馳浩(左下にメールへのリンクあり) http://hasenet.org/
FAX 03-3508-3609
柳本卓治(電凸のみ?) http://www.yanagimototakuji.net/access/access.html
FAX(東京):03-3597-2801 FAX(大阪):06-6661-1600             
山口俊一(最下部にメアド記載) http://www.yamashun.jp/
FAX 03-3503-2138
竹田光明 http://www5.ocn.ne.jp/~m-takeda/link.html
FAX : 03-3508-3255
山口和之 HPなし?
■■■「どちらかと言えば賛成」(押せば翻意可能?) ■■■
石関貴史 http://www.ishizeki.jp/contribute.html
桑原功 
橘秀徳 http://www.t13.jp/access/
FAX番号:03-3508-3256
永江孝子 http://www.nagae-takako.jp/form.html
FAX番号:089-941-8041
野木実(連絡先無し) http://members.jcom.home.ne.jp/s-wako/
牧野聖修 http://www.seishu.org/
FAX :054(251)5503
山崎誠 http://makoto5050.net/profile.html
FAX: 045-577-0525
横粂勝仁 http://nippon-kaikoku.com/active/content0005.html
Fax: 046-821-5430
■■■■■■■ コピペ拡散お願いします 

投稿: 翡翠 | 2009年11月 6日 (金) 23時05分

外国人参政権付与「賛成議員」を落選させる国民運動を推進しよう。

 まずは外国人参政権付与法案を阻まなければならないが、成立、廃案いずれとなるにしても次の展開として(憲法違反訴訟になるにしても)、

全国会議員の外国人参政権付与「賛成派」「反対派」をリストアップし、
「賛成派」を日本解体推進者として次の選挙で落選させる国民運動を展開しよう。
日本人の95%が本法案に反対しているのだ。
この運動により「付与賛成した場合、国民の手痛い反撃が待っていることを知らしめよう。

投稿: yamanba09 | 2009年11月 8日 (日) 22時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191898/46689485

この記事へのトラックバック一覧です: まだ勢いがある内に:

« 本当に凄い日本の製造業(下) | トップページ | 福島党首が日和る »