« 友愛ブーメランが小沢に | トップページ | 本当に凄い日本の製造業(中) »

2009年11月 5日 (木)

本当に凄い日本の製造業(上)

ボーイングの「ドリームリフター」が中部国際空港に来たらしい。

世界に3機 ボーイングの「イルカ」機がすれ違い

 米国ボーイング社が開発中の次世代旅客機B787の胴体や翼を輸送するための特殊大型貨物機「ドリームリフター」(747LCF)が29日、愛知県常滑市の中部空港で2機そろった。イルカ似の機体による珍しいツーショットが見られた。

 LCFは、名古屋近郊の工場で製造された巨大部品を空輸するため、ボ社がジャンボ機の胴体を縦にふくらませて改造した貨物機で、世界に3機しかない。積み込みの際は、機体後部がL字形(直角)に折れるように開閉し、米シアトルのボ社組み立て工場との間を往復している。

 空港会社によると、同空港に2機が駐機するのは07年の初飛来以降、2回目という。

2009年10月30日8時7分 朝日新聞

 この“名古屋近郊の工場で製造された巨大部品とは、三菱重工の名古屋航空宇宙システム製作所や川崎重工、富士重工で製造した、ボーイング社の次世代旅客機B787「ドリームライナー」の主要部品を指します。

 そして“ボ社がジャンボ機の胴体を縦にふくらませて改造した貨物機”「ドリームリフター」とは、この名古屋航空宇宙システム製作所や川崎重工、富士重工の各工場において、日本の最先端技術により※CFRP(炭素繊維強化プラスチック)で一体加工された主翼や前部胴体、中央主翼を、ボーイング社の組み立て工場があるシアトルまで運ぶ為に作られた特別機なのです。だから、中部国際空港に「ドリームリフター」が頻繁に来るのは当たり前なわけで。

※CFRP(炭素繊維強化プラスチック) 

 炭素で作った強くて軽い繊維を樹脂で固めた比較的低コストで材料が入手できる複合素材。その製造方法は炭素繊維に溶かした樹脂をまぶして半乾きにした“プリプレグ”という半硬化のシート状の材料を30~100枚重ね、オートクレーブ(加圧炉)で120~180℃まで加熱し、4~6気圧の圧力で成形します。

 B787のCFRPは継ぎ目無しの一体加工のため、前部胴体を製造する川崎重工のオートクレーブは内径が8m、長さが17mで世界最大級、炉の蓋の重量だけでも約120tある超大型炉となっています。

※ちなみに材料となる炭素繊維は東レが提供。

主翼を「ドリームリフター」に積み込むの図 三菱重工HPより

P_0706_02_1 この主要部品は伊勢湾岸に点在する名古屋航空宇宙システム製作所や川崎重工、富士重工の各工場で製造され、名古屋港や四日市港、衣浦港から台船に載せられて常滑沖にある中部国際空港に運ばれた後、「ドリームリフター」によって米国に空輸されます。

 B787は別名「ドリームライナー」と呼ばれる文字通りの「夢の旅客機」です。このB787は機体に従来のアルミ等に変えてCFRPを約50%使用して軽量化することで、現在の最新鋭B777より約20%、B747ジャンボ機と比べれば約60%もの燃費を向上させることに成功しています。それによって航続距離をジャンボ機並みの約15700キロまで伸ばし、今までジャンボ機でしかいけなかった世界の主要都市と日本を低コストの中型機で結ぶことが出来るようになります。また滑走距離も1100mとなり、2500mを必要とするジャンボ機の半分以下と、どの空港でも非常に運用しやすい機体となっています。

 さらに、機体に非金属であるCFRPを多用することにより耐腐食性能が向上し、従来はコックピットのみのオプション装備だった加湿器がキャビンにも標準搭載可能となり、従来の2倍の湿度が確保できるようになりました。更にトイレや客室はローンチカスタマーの全日空の意見を取り入れた非常に使い勝手が良い造りとなっており、従来の機体よりも居住性が格段に向上しています。

 この最先端「夢の旅客機」の主翼や機体の主要部品の35%(ボーイングと同程度)を日本メーカーが製造しています。ちょっと下の図は見難いですが、三菱重工(主翼)、川崎重工(前部胴体・主翼固定後縁・主脚格納部)、富士重工(中央主翼)となっています。つまり、航空機製造技術においても、日本が最先端を走っているわけです。そして日本が作る製品は何故かエコ。凄いですね。(ちなみに韓国メーカーも参加してますが、下図の通り主翼の先っぽだけです。1%くらいですかね。)まぁ、最新鋭らしいいろいろなトラブルで遅延はしてますが、それはご愛嬌って事で。

B787での日本企業製造部位の図 ※ちょっと見にくいですが、ブルーと濃いブルー、薄紫が日本の担当部位です。

104664boeing_787_dreamliner_3日本の製造業の底力を感じた人はクリック!

人気ブログランキングへ

※今回は上・中・下で3部構成になっています。珍しく長いです。

参考サイト

第三回伊勢湾スーパー中枢港湾連絡推進協議会 報告事項

伊勢湾スーパー中枢港湾連絡推進協議会

三菱重工HP

川崎重工HP

スーパー中枢港湾wiki

名古屋港wiki

JAXA 人に優しい旅客機を目指して

ボーイング787wiki

|

« 友愛ブーメランが小沢に | トップページ | 本当に凄い日本の製造業(中) »

ものづくり大国」カテゴリの記事

朝日新聞」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191898/46684091

この記事へのトラックバック一覧です: 本当に凄い日本の製造業(上):

« 友愛ブーメランが小沢に | トップページ | 本当に凄い日本の製造業(中) »