« 鳩山終了のお知らせ | トップページ | 来年度予算越年編成の可能性 »

2009年11月25日 (水)

母親が勝手にやったことですから。

つまりはそういうことか

「今でもないと信じたい」=実母からの資金提供-鳩山首相

 鳩山由紀夫首相は25日夕、実母らからの多額の資金提供を政治資金収支報告書に記載していなかったことについて、首相官邸で記者団の質問に答え、「確かに私はないと信じていたし、今でもないと信じていたい」と強調した。
 首相は「どこに真実があるのか見えない。私自身、大変驚いている」と説明。「地検の捜査が進み、真実が明らかになっていくことを強く願っている」と述べた。「事実確認ができていないのか」との問いには、「恐縮ですけど事実確認はできていない」と語った。

2009/11/25 19:01 時事通信

 語るに落ちたとはこのことですが、今回、“「確かに私はないと信じていたし、今でもないと信じていたい」”“「どこに真実があるのか見えない。私自身、大変驚いている」”“「恐縮ですけど事実確認はできていない」”と完全にしらばっくれた事で、資金提供が母親からの借入金である可能性を自ら否定したことになります。

 自分の保身のためなら母親さえ地検に売り渡すバカ殿に、総理の資格はないですね。

鳩山に総理の資格はないと思う方はクリック!

人気ブログランキングへ

|

« 鳩山終了のお知らせ | トップページ | 来年度予算越年編成の可能性 »

鳩山由紀夫」カテゴリの記事

時事通信」カテゴリの記事

コメント

随分高額な子供手当ですよね。

投稿: 1972 | 2009年11月26日 (木) 01時43分

親にとっては幾つになっても子供は子供、かわいがってしまう親心は理解できますがさすがにこの額はちょっとねぇ・・・

投稿: pp | 2009年11月26日 (木) 01時53分

こんなずさんなのが総理で、この国を管理できる訳がない。

投稿: レイ | 2009年11月26日 (木) 02時18分

いつまで経っても、母親に尻拭いをして貰う卑怯者

投稿: | 2009年11月26日 (木) 07時41分

鳩山首相:小沢幹事長にお伺い?「会期延長いつまで」
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20091125k0000m010124000c.html

京セラの名誉会長のセッティングにより、小沢・鳩山が色々と話をしたようです。
鳩山総理が、小沢幹事長に対して「会期延長はいつまでがいいですか?」とお伺いを立てたそうです。
「逮捕されそうなので何とかして下さい(涙)」という事なのでしょうか。

投稿: 逮捕の日は近い | 2009年11月26日 (木) 07時41分

はじめまして
ママンにちょっと聞いてみる事も出来ない位鳩山御殿はでっかいのかな?

投稿: 大和の心 | 2009年11月26日 (木) 10時26分

>>ママン
やはり、ママンから小遣いで36億円もらえちゃうような恵まれた家庭の事情については、下々の想像を絶するものがあるんでしょうねぇ。
しみったれた根性がつかないように、側近が現金全てを管理していて、実は友愛自身、現金を見たこと無いとか…。

投稿: takayuu@管理人 | 2009年11月26日 (木) 14時25分

誰のところにその金が入ったか、その金はどういう金かということだけであり、側近とか秘書とかいったことは全く無関係。そんなことは言い訳にはなりません。
鳩山由紀夫が知らないと言うなら、借りたものでないこと。つまり贈与。それで贈与税を払っていないなら脱税。脱税の規模、常習性、悪質性からして、重加算税だけでなく、逮捕へと進めてもらわなければ、僅かばかりの所得でもしっかり税金を取られている国民感情、納税者感情としてはとても納得できまさえん。

投稿: | 2009年11月26日 (木) 19時27分

鳩山首相のお母さまの国会証人喚問を実現しよう。

 鳩山首相が母親からの資金提供を全く知らないというなら、母上に国会で証人として証言してもらおう。

投稿: naftarin | 2009年11月27日 (金) 15時59分

あと、税金払ってないんだから、国税に鳩山事務所、六幸商会、財団法人日本友愛青年協会に税務査察を受け入れてもらうべき。
任意なら令状も必要ないから、潔白を主張するならば、それを証明する為に是非やっていただきたいものです。

投稿: takayuu | 2009年11月27日 (金) 21時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 母親が勝手にやったことですから。:

« 鳩山終了のお知らせ | トップページ | 来年度予算越年編成の可能性 »