« 鳩山内閣が追加経済政策 | トップページ | 既に外国人が参政している件 »

2009年11月12日 (木)

中国企業のコンプライアンス(アリコ情報流出事件)

わずかな経費をケチって大損したわけで。

アリコ、情報流出3万2000人に拡大 流出源「中国の委託先社員か」

 アリコジャパンは11日、顧客情報が流出した問題について、流出対象が3万2359人に拡大したと発表した。9月時点では1万8184人と公表していたが、新たな不正使用が見つかり、再調査した結果、大幅に増えた。情報の流出源については、中国の業務委託先企業の特定の社員から流出した可能性が「極めて高い」とした。

 10月下旬以降、当初の約1万8000人に含まれない顧客のカードの不正利用が見つかった。再調査した結果、新たに1万4175人分の顧客情報の流出が判明した。同社は実際に情報が流出した顧客に1万円の“謝罪金”を送っているが今回も同様に対応する方針だ。

 同社は現在、情報が流出した2008年3月に中国の業務委託先の情報端末から不自然なアクセスがあった46万人分の顧客ファイルから流出対象の絞り込みを進めている。流出件数は最大約23万人に膨らむ可能性があるとしている。

(2009年11月11日 22:06) 日経新聞

 今まで、“海外委託先”としてきた業務先ですが、実は“中国の業務委託先企業”だったというわけで。

 冷凍ギョーザ事件についてまったく謝罪も進展もない事例を見ても、中国企業に“コンプライアンス”を期待するだけ無駄です。また、今まで“海外業務先”だけで、中国とは一言も報道しなかった報道機関にも“ジャーナリズム”を期待するだけ無駄ってことですな。

 これから外資系金融会社を選ぶ際は、その業務提供先もチェックしたほうがよさそうですね。

中国企業にコンプライアンスを期待しても無駄だと思う方はクリック!

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ

|

« 鳩山内閣が追加経済政策 | トップページ | 既に外国人が参政している件 »

中国」カテゴリの記事

日経新聞」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中国企業のコンプライアンス(アリコ情報流出事件):

« 鳩山内閣が追加経済政策 | トップページ | 既に外国人が参政している件 »