« 内閣支持率急降下 | トップページ | 民主党が貸金緩和 »

2009年11月 3日 (火)

本性を現す民主党

これは酷い。

民主国対委員長「強行採決も辞さない」 衆院予算委

民主党の山岡賢次国会対策委員長は1日夜、金沢市内で開かれた石川県連のパーティーであいさつし、2日から始まる衆院予算委員会を前に、臨時国会では法案の強行採決も辞さないとの姿勢を示した。

 山岡委員長は予算委の審議日数を「3日間」と野党と合意したことに触れ「(与党は)当初『1日』としたが(野党が)譲らなかった。出席しないなど延ばそうとするなら、断固として承知しない」と述べた上で「インフルエンザ対策などの法案まで邪魔するなら、国民生活を守るため強行(採決)でも可決していく」と野党をけん制した。

〔共同〕(2009/11/3 00:09)日経新聞

 “「(与党は)当初『1日』としたが(野党が)譲らなかった。出席しないなど延ばそうとするなら、断固として承知しない」”なんてことは、民主党が教育基本法や防衛省昇格、テロ特措法の審議で野党時代にさんざんやってきたことじゃぁないですか。審議は尽くされていないといいながら審議の邪魔をすることは民主党の常套手段だ。

 “「インフルエンザ対策などの法案まで邪魔するなら、国民生活を守るため強行(採決)でも可決していく」”とはいいますが、民主党の高木国対委員長は防衛省昇格法案が衆院安全保障委員会で社民両党欠席のまま審議入りした際に、“「与党の数の横暴が現実になった。極めて遺憾だ」”と述べ、強行採決の可能性について“「巨大与党といっても、良識ある公党ならしないだろう」”とけん制したのに、今更何をいわんや。民主党の国対は与党になったら180度転換してしまったようです。

 与党になって心を入れ替えたなら別ですが、臨時国会や予算委員会を不当に短縮した手法を見ても、巨大与党になって慢心し、本性が出てきたとしか言いようがありませんね。

民主党の本性が出てきたなと思う方はクリック!

人気ブログランキングへ

|

« 内閣支持率急降下 | トップページ | 民主党が貸金緩和 »

日経新聞」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

コメント

目からうろこの日本歴史の真実を
日本の本当の歴史
http://hanausagi.iza.ne.jp/blog/

拡散希望します。
誇れる日本の歴史を。

投稿: | 2009年11月 3日 (火) 15時06分

<拡散希望>
民主党が裏で成立を目指している「外国人生活基本法」の危険性をぜひ周知してください。外国人参政権+人権擁護法案+移民促進+重国籍付与+戦時賠償自由請求法+東アジア共同体+犯罪者強制退去禁止+外国人公務優先化+被選挙権+移民家族無償福祉付与法等の内容です。
民主党 円より子議員が推進している危険法案です。
まさしく人治政治であり、日本人弾圧法案そのものです。
これをぜひ世間に周知してください。公明党の外国人参政権なぞこの法案と比べたらかわいいものです。

概要は、3年間日本に滞在している外国人に、無条件で日本人同等の権利を認めると言うだけでなく、提案の法案をそのまま実施すると、不法滞在でも3年間日本にいれば永住資格が与えられる事になります。そして、永住資格を得れば、日本からどんな理由でも追い出されないという項目まであります。また、役所は英語も、フランス語も、中国語も、全ての民族の言語を受け付けなければならないという項目もあります

2008年の段階で民主党の円議員が推進役
1998年1月15日「外登法問題と取り組む全国キリスト教連絡協議会」第12回全国協議会で作成

全 文
http://www.pusan-jchurch.org/gaikokuzinkihonhou.pdf

でそのキリスト教教会がこれ

釜山日本人教会
http://pusan-jchurch.org/
メイドイン韓国

投稿: mie | 2009年11月 3日 (火) 17時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191898/46659527

この記事へのトラックバック一覧です: 本性を現す民主党:

« 内閣支持率急降下 | トップページ | 民主党が貸金緩和 »