« 護衛艦くらまに過失無し | トップページ | 温暖化詐欺 »

2009年10月30日 (金)

くさい芝居

公明党が民主党に秋波。

外国人参政権法案の提出見送り=公明

 公明党は30日、永住外国人に地方参政権を付与する法案の今国会への提出を見送る方針を固めた。政府・民主党内に次期通常国会への提出を模索する動きがあることから、状況を見極めるのが得策と判断した。
 これに関連し、井上義久幹事長は同日の記者会見で「民主党内に、政府に提出するよう求める話もあるので、その動きを見定めたい」と述べた。
 公明党は永住外国人への地方参政権付与を一貫して主張。民主党の小沢一郎幹事長が9月に韓国の韓日議連幹部へ前向きな考えを伝えたこともあり、山口那津男代表が今国会へ提出する考えを示していた。

(2009/10/30-16:27)時事通信

しかし民主党は協力せず。

民主党:参院選、公明党と選挙協力せず…石井選対委員長

 民主党の石井一選対委員長は30日、党本部で記者会見し、来年夏の参院選での公明党との選挙協力について、「今度の参院選ではそういう呼びかけはしない」と否定した。石井氏は「この間まで自公政権を組み、自民党とあれだけの協力態勢を作ってきた。(仮に協力しても)実効ある結果は期待できない」と説明した。

 また、石井氏は同日、参院選の候補者公募の募集概要を発表した。締め切りは11月16日。書類選考、面接を経て、年内に合格者を決定する。次期衆院選も視野に入れ、対象は25歳以上としている。同党の公募は00年以降7回目。【渡辺創】

毎日新聞 2009年10月30日 19時06日

 まぁ、つまり、“「今度の参院選ではそういう呼びかけはしない」と否定”ということは、民主党が秋波を送ってきた公明党に更なる実績作りを要求してきたわけですね。

 民主党内でも異論がある外国人参政権成立の為には、公明党の協力も必要となる場面もあるかもしれません。とりあえず通常国会の対応に担保して今後の選挙協力に含みを持たせたのでしょう。

 いつもながらくさい芝居ですねぇ。

くさい芝居だなと思う方はクリック!

人気ブログランキングへ

|

« 護衛艦くらまに過失無し | トップページ | 温暖化詐欺 »

時事通信」カテゴリの記事

毎日新聞」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191898/46625743

この記事へのトラックバック一覧です: くさい芝居:

« 護衛艦くらまに過失無し | トップページ | 温暖化詐欺 »