« 鳩山首相の危機管理 | トップページ | 嘉手納統合は個人の案 »

2009年10月29日 (木)

今は何を言っても無駄

ですねぇ。

鳩山首相:強気の挑発答弁 「こんな財政に誰がした」

 鳩山由紀夫首相の所信表明演説に対する各党の代表質問が28日、衆院本会議で始まった。初の国会答弁に臨んだ首相は、衆院選マニフェスト(政権公約)について「国民との契約であり、必ず実現する。もし4年後、達成できなかったと国民から思われたら、政治家として責任を取る」と明言。具体論に踏み込まない安全運転の一方で、厳しい野党質問に対し、挑発的な答弁も目立った。

 代表質問初日には自民党の谷垣禎一総裁と同党の西村康稔政調副会長、公明党の井上義久幹事長が登壇。谷垣氏は「民主党マニフェストは羊頭狗肉(ようとうくにく)だ」などと声を張り上げた。先の衆院選後、自民党支持率は低迷しており、参院静岡、神奈川両補選にも大敗。国会での論戦に何とか活路を見いだそうと、園田博之幹事長代理と何回も推敲(すいこう)を重ねた原稿だ。

 財務相経験者でもある谷垣氏は、財政再建論者。鳩山政権の来年度概算要求を「ばらまき」と批判した谷垣質問に対し、鳩山首相は言い放った。

 「あなた方に言われたくない。より正確に申し上げれば、こんな財政にしたのは誰なんだ」

 それまで腕組みをしながら答弁を聞いていた谷垣氏は、身を乗り出し、ヤジを飛ばした。

 鳩山政権が発足間もないだけに、現政権への批判はそのまま旧自公政権の自己批判につながる可能性もある。米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設計画を巡り、鳩山首相は「今まで10年以上結論を出さなかったのは、どの政権なのか」と切り返した。

 普段、温厚な谷垣氏は代表質問後、鳩山首相の挑発答弁について「そういう反応で乗り越えられると思っているなら、噴飯ものだ」と不快感を表明。しかし当の首相は強気そのもの。28日夕、首相官邸で「旧政権のさまざまな失政のツケが国民に回ってきている。新政権でツケをなくし、よりきれいな状況に戻していかなければならない」と語った。【坂口裕彦】

毎日新聞 2009年10月28日 23時03分

 “「あなた方に言われたくない。より正確に申し上げれば、こんな財政にしたのは誰なんだ」”なんて選挙前に20兆円の財源は確保できると公言したにもかかわらず、政権取った途端に50兆円の赤字国債を発行しようとする政権に言われたくないですね。公約通り財源を確保できるならなら民主党の新政策7兆円と合わせても差し引き15兆円程度の赤字国債発行で済むはずです。努力が足りません。

 赤字国債については小泉内閣発足時に財政健全化の指標として赤字国債発行額30兆円以下の指針が示され、小泉内閣ではこれを2回達成、続く安倍内閣では25.4兆円、福田内閣では25.3兆円と減少傾向にありました。緊急経済対策を盛り込んだ麻生内閣でさえ40兆円規模だったのにもかかわらず、無駄遣い無駄遣いと念仏のように唱えながら、それをいきなり麻生内閣超え、安倍、福田内閣と比較しても倍増させた鳩山首相に逆切れされれば、“「そういう反応で乗り越えられると思っているなら、噴飯ものだ」”と谷垣総裁がぶち切れたのも良く理解できます。ましてやその中に国家成長政策がまったく盛り込まれていないとなればなおさらです。

 また“「今まで10年以上結論を出さなかったのは、どの政権なのか」”とは言いますが、普天間基地移設問題は15年かけてやっと日米合意に達したグアム移転、岩国基地移転とパッケージにした在日米軍基地縮小再編案です。それを政権取ったから白紙では地元が戸惑い、米国が激怒するのも無理はありません。それも対案も無しではなおさらです。

 さらに、“「旧政権のさまざまな失政のツケが国民に回ってきている。新政権でツケをなくし、よりきれいな状況に戻していかなければならない」”とはいいますが、今までの民主党の対応を見る限りそれは、教育改革や郵政改革の巻き戻しでしかありません。さらに外交的には反米親中に舵を取り、内政では夫婦別姓や外国人参政権などの売国政策が目白押し、それもほとんど可視できない密室での密談で決められているとくれば、とても“よりきれいな状況”とはいえません。

 なにわともあれ、質問されたことにはお前らの責任だと逆切れ、民主党の荒唐無稽にマニフェストについては必ずやりますと口約束じゃどうにもならないですね。

 結局、何を言ってもしばらくやらしてみるしかしょうがないんですが、鳩山首相の言う通りに4年もやらせたら手遅れになること間違いなしです。その頃には消費税は15%になっているでしょう。

4年も政権担当させたら手遅れになると思う方はクリック!

人気ブログランキングへ

|

« 鳩山首相の危機管理 | トップページ | 嘉手納統合は個人の案 »

毎日新聞」カテゴリの記事

鳩山由紀夫」カテゴリの記事

コメント

ダムが完成まで50年掛かったり、基地移転が15年掛かるのは、日本がいかに住民の意向を聞く国かという事です。

それなのに、保守派を名乗っている人でも、「50年掛かって出来ないダムなど、必要でないからだ」と言っているのがいます。
私の父がは、道路公団で用地買収をやっていましたが、教員や坊主や左翼は物凄くゴネたそうです。

父は「戦前なら、用地買収法で即決だった。」と言っていました。

この鳩山の言葉は、そういう事実を知らない馬鹿者の発言です。

投稿: 八目山人 | 2009年10月29日 (木) 18時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今は何を言っても無駄:

« 鳩山首相の危機管理 | トップページ | 嘉手納統合は個人の案 »