« 露骨な選挙対策 | トップページ | 鳩山不況へまっしぐら »

2009年10月13日 (火)

仕事をしない総理大臣

遊んでばかり。

鳩山首相:祭りに立ち寄り、もみくちゃ

 鳩山由紀夫首相は11日、東京・用賀で幸夫人と夕食を取った後、料理店の前にある用賀神社の例大祭に立ち寄り、人々にもみくちゃにされながら握手や記念撮影に応じた

 午後8時45分ごろ鳩山首相が店を出ると、一目見ようと集まった人々が「きゃー、すごい」と声を上げて握手を求めたり携帯電話で撮影しようとして、一帯は大騒ぎに。首相は写真撮影にピースサインで応じたり、車の屋根の上に身を乗り出して握手するなどサービス満点だった。首相と握手した世田谷区の女子高校生(18)は「『大丈夫?』と声をかけて気遣ってくれた。思ったよりしっかりした印象だった」と興奮気味だった。【岡田悟】

毎日新聞 2009念10月12日 東京朝刊

そんなことよりはやくやれ。

「早く所信表明を」自民・谷垣総裁

 自民党の谷垣禎一総裁は11日、参院静岡補選応援のため訪れた浜松市で街頭演説し「鳩山由紀夫首相は一日も早く所信を表明し、政権が何をするのか、はっきりすべきだ」と臨時国会の早期召集を求めた。政府、与党は臨時国会を26日にも召集する方針を固めている。

 谷垣総裁は、鳩山政権の公共工事見直し方針に関し「地域住民と十分に対話しながら進めるべきで、そうでないと独裁政治になる危険がある」と批判。「野党として堂々と政策を議論したい」と政権交代後、初の論戦に臨む意気込みを示した。

2009.10.11 16:34 産経新聞

そして、議論も無いまま、重要法案がお流れに。

インド洋補給活動、撤収の公算 来年1月

 【イスラマバード=五十嵐誠】岡田克也外相は12日、来年1月で期限が切れる自衛隊のインド洋での補給支援活動について、臨時国会での改正法案の提出は「遡上(そじょう)に上っていない」と述べた。次の通常国会に改正法を提出しても期限前成立は極めて困難となり、派遣部隊は1月でいったん撤収する公算が強まった。

 訪問先のパキスタンで記者団に語った。鳩山政権は来年度の予算編成を優先、26日招集の臨時国会は会期を1カ月程度とする考え。岡田氏は今後提出を検討する可能性を否定はしなかったが、「現実問題として国会は非常に窮屈。いろんな調整が必要になるので、(提出は)難しい問題だと認識している」とも語った。

2009年10月12日23時32分 朝日新聞

 臨時国会を短縮し、予算編成を優先とはいいますが、実際は鳩山首相の虚偽献金疑惑をかわすための党利党略でしかないことは周知の事実です。

 この党利党略のために、インド洋補給活動という重要法案が、何の議論も無く対案も無いまま、なし崩し的に期限切れになり、さらに、連立を組む社民党の反対で北朝鮮関係船舶に対する貨物検査法案についても先送りが決定したことで、日本がテロに対する戦いから一方的に離脱することが明確となりました。このことが国際社会に与える影響は計り知れません。

 しかしながら、発足から既に1ヶ月が経過した鳩山政権は、未だに所信表明すら行っておらず、民主党がいったいこれから何をしたいのかすらもうかがい知ることが出来無い状態となっています。

 これだけ見ても、民主党に政権担当能力が無いことは明らかです。さらに、議会が開かれないまま、補正停止や八ツ田ダム中止、国際的に重要な法案廃止などの決定がなされる様は正に独裁政治です。

 もし、25日に行われる参院補選に民主党が勝利し、このような状態に信任が与えられれば、日本の民主主義は崩壊するでしょう。

民主党に政権担当能力が無いと思う方はクリック!

人気ブログランキングへ

|

« 露骨な選挙対策 | トップページ | 鳩山不況へまっしぐら »

国内政治」カテゴリの記事

コメント

北朝鮮のミサイル発射に対する鳩山総理の「他人事発言」も驚きですが、それ以上に驚きだったのは、一国の総理が、いまだに自宅に滞在しているという事です。(工作員に刺されたらどうするのか?)

この次期に人混みを歩き回るなど、呑気な総理だと呆れる一方、自身がテロの被害に遭う可能性も有るのに、恐ろしい人だと感じます。

北朝鮮軍 “短距離”ミサイル5発を発射
http://www.news24.jp/articles/2009/10/12/10145634.html
韓国軍筋によると、北朝鮮軍は12日午後、東海岸から日本海に向けてミサイル5発を発射した。いずれも、日本には届かない射程の短いミサイルとみられている。
 北朝鮮は7月2日に短距離ミサイルを4発、7月4日には中距離弾道ミサイル「ノドン」とみられる弾道ミサイルを含む7発のミサイルを発射している。

鳩山首相「事実としたら大変遺憾」 北ミサイル発射
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/091013/plc0910131002002-n1.htm
鳩山由紀夫首相は13日午前、韓国の聯合ニュースが12日、北朝鮮が地対地短距離ミサイル5発を発射したと報じたことについて、「報道は聞いている。これが事実としたら、大変遺憾なことだと思うが、今、それ以上のコメントをする状況にない」と語った。都内の私邸前で記者団の質問に答えた。

投稿: 呑気な総理 | 2009年10月13日 (火) 14時21分

これが経済大国日本の、立法府に籍を置き、行政府の長である総理大臣とは!
まさか国会を開かない戦術があったとは、社会党の牛歩戦術以上の驚きです。

投稿: 太郎の嫁 | 2009年10月13日 (火) 15時58分

マスコミの神隠しか

 政権が発足して余りにも時間が経ってしまったので、いつ政権が発足したかも忘れてしまったが、国民は実におとなしい。
なにも言わずになぜか好意を持って見つめている。
(ように思えてしまう・・いらいらしている人もいると思うが)
これはマスコミによる神隠しの効果だろう。
何もやらぬことが功を奏しているのかもしれない。
やがて不況の波が押し寄せてくるのを知ってか知らずか。

投稿: yamanba09 | 2009年10月13日 (火) 16時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 仕事をしない総理大臣:

» 不眠症 [不眠症]
不眠症は普段よりも睡眠時間が短くなり、身体や精神に不調が現れる病気で、睡眠障害の一種です。不眠症をよく理解し不眠症を克服するための挑戦の様子を紹介してます。 [続きを読む]

受信: 2009年10月13日 (火) 14時16分

« 露骨な選挙対策 | トップページ | 鳩山不況へまっしぐら »