« 勝ったからみそぎは済んだ | トップページ | 寝言は寝て言え »

2009年10月 6日 (火)

環境税の使い道

環境税が導入されるらしい。

「環境税」議論スタート、政府税調に具体案提出へ

 2020年までに温室効果ガスを25%削減するため、鳩山政権が導入を検討している「地球温暖化対策税(環境税)」について、環境省の専門委員会(委員長・神野直彦関西学院大教授)の会合が5日開かれ、税率や課税対象など7項目を論点とすることを決めた。

 委員会の議論をもとに環境省が来月にも、来年度の税制改正を決める政府税制調査会に具体案を提出する。

 環境税は、二酸化炭素(CO2)の排出量に応じて石油や石炭などの化石燃料に課税される。燃料の価格の上昇でエネルギー消費やCO2排出量が減る効果がある一方、燃料を大量に使う産業への悪影響も大きいとされる。

 このため委員会では、導入に伴う削減効果や経済への影響のほか、低所得者層への配慮も議論する。税の使い道としては省エネの技術開発や省エネ機器普及の補助事業などが検討されている。

(2009年10月5日20時48分  読売新聞)

 “税の使い道としては省エネの技術開発や省エネ機器普及の補助事業などが検討”とありますが、大部分はこちらに消えるでしょう。

25%削減公約達成、排出量10億トン購入必要

【ベルリン支局】日本が鳩山政権の公約通り、「2020年の温室効果ガス排出を1990年比で25%削減」を達成するには、京都議定書以後の13年~20年の8年間に海外から10億トンもの排出量購入が必要となることがドイツ銀行がこのほどまとめた報告で明らかになった。

 今日の排出量の相場をあてはめると、10億トンの調達には1兆7000億円の費用がかかる計算だ。

 ドイツ銀行の報告は、鳩山政権が導入を目指す国内排出量取引制度が日本全体の排出削減に果たす役割を分析した。その結果、電力や製造業など産業界は90年比で35%の削減を義務づけられる見通しとなった。報告の試算では、産業界は必要な削減約15億トンの3分の2に当たる10億トンを海外から購入するシナリオが現実的との結論となり、日本の需要増で、世界の排出量相場が押し上げられる可能性も示した。

最終更新:10月5日20時12分 読売新聞

 日本がヨーロッパや米国と同じ費用の対策を行った場合の削減幅は“2005年比で4%減”です。それを踏まえて麻生元首相の出した目標値は2005年度比で15%減という思い切った数字でした。

 これは鳩山首相の出した2005年度比30%減という数字には遠く及ばないように見えますが、ここで問題となるのはこれが“真水”、つまり、国内での省エネの努力を積み重ねた結果を想定して策定したものかどうかということです。

 “産業界は必要な削減約15億トンの3分の2に当たる10億トンを海外から購入するシナリオが現実的との結論”を出しましたが、これに当てはめてみると、麻生首相の数字がいかに現実的か、鳩山首相の出した数字がいかに荒唐無稽なものかが良くわかります。

 そして更に、麻生首相が削減目標を“真水”と断言したのに対して、鳩山首相は未だこの目標を“真水”と断言しておりません。しかし、現実的に考えれば、将来導入される“環境税”の半分以上は、国内で消費されること無く海外(主に発展途上国。そしてもちろん、発展途上国最大の排出国は中国)に流れていってしまうことが容易に推察されます。

 鳩山首相はこの2005年度比30%削減目標を米国や中国などと足並みをそろえる事を条件としました。しかしながら、仮にそうなった場合、将来の排出権取引相場は更に押し上げられ、1兆7000億という試算も数倍に膨らむことが予測されます。そこで特をするのは、二カ国で世界のCO2の40%を垂れ流す中国と米国です。更にこの二カ国は京都議定書にすらサインしていない。

 “真水”で手の届きそうな目標を立て、不足分を排出権購入で賄うというのであればまだ理解できますが、最初から実現不可能な目標をぶち上げ、排出権購入を前提で“環境税”という国民負担を強いるとは、国民の血税を何だと思っているのでしょうか。

 そして、読売の世論調査において、この目標に対して賛成が75%という結果が出ていることに驚きです。何も知らないということはそれだけでもはや罪ですね。マスコミはジャーナリズムの原点に返り、鳩山首相にこの削減目標が真水か否かを問い、目標達成に伴う国民負担の試算について広く公表し、議論する事を迫るべきだ。

 民主党はこの環境税に暫定税率を当てるつもりのようです。高速道路無料化で更にCO2を発生させ、ガソリン消費で儲けたお金を更に中国に流すとはうまく考えましたね。タイヤもよく磨耗してブリジストンも儲かりまくりで友愛の資産も更に膨れ上がること間違いなしです。

環境税はノーサンキューと思う方はクリック!

|

« 勝ったからみそぎは済んだ | トップページ | 寝言は寝て言え »

国内政治」カテゴリの記事

コメント

地球の温暖化は事実としても、其の原因が炭酸ガスというのは、出鱈目です。ソ連の崩壊で目標を失った世界中の左翼団体が、資本主義を攻撃する為に新しく創ったスローガンです。科学的根拠等ありません。本来なら日本の政治家はもっと科学に強くなって、世界中の左翼が主導し、魂胆を持った外国の政治家が追随している、炭酸ガス温暖化説の虚偽と戦わねばならぬのに、情け無い限りです。

投稿: オオシマ | 2009年10月 6日 (火) 11時02分

民主党の政策は増税に次ぐ増税だ。
 今現在でも生活は苦しいのに、民主党の政策通りにやられたら、とても生活など成り立たない。
日本人の大多数が殺されてしまう。それが民主党の狙いなのか。日本人が生きられぬようにするのが民主党の政策なのだ。

投稿: kororin | 2009年10月 6日 (火) 16時55分

民主党のスローガン

 国民の生活が出来なくなるのが一番

投稿: kororin | 2009年10月 6日 (火) 17時04分

>オオシマさん
二酸化炭素が原因、が出鱈目ってのは本当ですか?確か色々と説があって、どれが本当かはまだ分からない、って状況だったと思うんですけど。
ただ、人間が出す量を少し削ったくらいではそんなに変わらないだろう、ってことには賛成ですけどね。

投稿: η | 2009年10月 6日 (火) 17時54分

排出権取引というエコエコ詐欺

国内コンセンサス無しに勝手に決めるな、と言いたい。

投稿: 匿名 | 2009年10月 6日 (火) 21時14分

地球は現在温暖期にあり、短期的には太陽の黒点の活動低下によりプチ氷河期に入る期間にありますよ。
温暖化ガス削減なんてやればやるほど馬鹿を見ることになります。 

投稿: takayuu | 2009年10月 7日 (水) 22時40分

わが世の春と浮かれているマスゴミ共へ

 浮かれまくって言い放題のマスゴミ共。
民主党支持 3347万人、自民党支持 2730万人
その差はわずか 617万人(8.8%)
議員数が圧倒的に多かったと浮かれているマスゴミ共。
民主に反対した人間が2730万人もいることを忘れるな。
2730万人の反撃が始まっているのだ。
お前たちが浮かれていられるのもそう長くないことを覚悟せよ。

投稿: kororin | 2009年10月 7日 (水) 22時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 環境税の使い道:

» 「環境税」を含むニュースと関連グッズの紹介 [イマナビ!News&Shopping]
イマナビでは「環境税」を含むニュースと関連グッズの紹介をしています。「環境税」に興味があれば是非ご覧ください! [続きを読む]

受信: 2009年10月12日 (月) 13時37分

« 勝ったからみそぎは済んだ | トップページ | 寝言は寝て言え »