« 長妻いじめ | トップページ | 苦しい言い訳 »

2009年10月21日 (水)

鳩の中味は

友愛と掛けて。

桂三枝さんが謎掛け=鳩山首相を表敬訪問

 鳩山由紀夫首相は21日午後、首相官邸で落語家の桂三枝さんの表敬訪問を受けた。桂さんはハトをかたどった浅草の人形焼きをプレゼントした上で、「総理と掛けて浅草の人形焼きと解く」と謎掛け。首相が「その心は」と合いの手を入れると、桂さんは色紙に書いたものを見せながら「鳩の中には良いあんがいっぱい」。人形焼きの「あん」と同じように、「案」がいっぱいと持ち上げられた首相は「おおーっ」と感嘆していた。
 この後、桂さんは記者団に「リーダーシップを発揮して、いい案を実行して」とエール。首相が「落語を聞いていたら、すーっと眠れる」とも話していたという。

(2009/10/21-16:54)時事通信

 “鳩の中には腹黒い案がいっぱい”の間違いだろ。

一皮むけば真っ黒だ思う方はクリック!

人気ブログランキングへ

|

« 長妻いじめ | トップページ | 苦しい言い訳 »

国内政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鳩の中味は:

« 長妻いじめ | トップページ | 苦しい言い訳 »