« 政権交代詐欺 | トップページ | 赤字国債増発を阻止する方法 »

2009年10月15日 (木)

子育て応援手当を独自支給

正論ですね。

子育て応援手当てを独自支給=政府の執行停止方針に-兵庫県三木市

 兵庫県三木市は15日、長妻昭厚生労働相が執行停止を表明した「子育て応援特別手当」を市独自に支給すると発表した。支給停止による市民生活の混乱を防ぐための措置。
 同手当は3~5歳児1人当たり3万6000円を支給するもので、同市の場合、対象児童は1982人で支給総額は7136万円にのぼる。同市は、基金の取り崩しなどで対応する。
 藪本吉秀市長は「地方自治体の実情を一切考慮せず、公約を実現するための財源確保のみを考えた行為だ」と政府を批判した。 

(2009/10/15-20:33) 時事通信

 補正予算の執行停止は無駄な予算を削減する為にやってるとすれば、子育て応援手当を停止したということは民主党としてこれを無駄なバラマキ予算と判断したということです。

 しかしながら、その予算をさらに無駄なバラマキ予算である子供手当てに当てるということは、補正停止は党利党略だと自ら宣言しているようなものです。

 “「地方自治体の実情を一切考慮せず、公約を実現するための財源確保のみを考えた行為だ」”とはまさに正論です。自党の身勝手な公約実現のために地方から財源を収奪していいわけがありません。

 地方や関係省庁の意見を徹底的に排除し、国会も開くことなく内閣や執行部の限られた意見で強権を発動することは、もはや独裁政治でしかない。

 そしてこれが、民主党の言う政治主導の正体だ。

民主党の独裁政治を許すなと思う方はクリック!

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

|

« 政権交代詐欺 | トップページ | 赤字国債増発を阻止する方法 »

国内政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 子育て応援手当を独自支給:

« 政権交代詐欺 | トップページ | 赤字国債増発を阻止する方法 »