« 鳩山外交は支離滅裂 | トップページ | まるでヒトラーユーゲント »

2009年10月26日 (月)

何もしない戦略

大当たりですね。

参院補選、民主2勝=首相「改革姿勢評価された」-神奈川・金子氏、静岡・土田氏

鳩山政権発足後初の国政選挙となった参院神奈川、静岡両補欠選挙は25日投票、即日開票され、神奈川で金子洋一氏(47)、静岡で土田博和氏(59)の民主党公認の両新人がそれぞれ当選した。政権交代を成し遂げた民主党は、先の衆院選時の勢いを維持した形。臨時国会での与野党論戦を前に、主要政策の実行に向け好材料となった。自民党は党再生の足掛かりを得ることを狙ったが、逆風は変わらなかった。
 これにより、民主党が国民新党などと統一会派を組む参院での勢力は120議席となり、事実上の過半数へ1議席に迫った。鳩山由紀夫首相は同日夜、コメントを発表し「改革にまい進する内閣の姿勢を評価いただいた。政府・与党一体となって国民生活が第一の政治の実行に引き続き全力を挙げる」と強調した。
 両選挙区とも、民主、自民、共産各党と、政治団体の幸福実現党が公認するそれぞれ計4人の新人が争った。両選挙区で国民新党が民主党候補を推薦し、社民党は県連レベルで支持した。投票率は、神奈川が28.67%、静岡が35.64%で、前回参院選(2007年7月)をそれぞれ27.65ポイント、22.77ポイント下回った。 
 民主党は、補選に勝利して政権運営を軌道に乗せようと首相や閣僚が、野党に転落した自民党も谷垣禎一総裁らがそれぞれ現地入りするなど、総力を挙げた。
 民主党は、衆院選で公約した主要政策の着実な実行を訴えて、支持を広げた。一方、野党に転落した自民党は、業界団体の十分な支援を得られず、公明党が自主投票となったことも響いた。自民党の大島理森幹事長は党本部で記者会見し、敗因について「衆院選を終え、組織の疲れや痛みもあった」と語った。共産党も伸び悩んだ。
 両補選は、7月の静岡県知事選や8月の衆院選への出馬で参院議員が辞職・失職したことに伴う。金子、土田両氏の任期は来年7月25日まで

(2009/10/26-02:19) 時事通信

 来年にまた改選となる参院選挙では、“神奈川が28.67%、静岡が35.64%”という低い投票率は致し方ないのかもしれません。

 しかしながら、今回の参院選は、鳩山首相自身が“「改革にまい進する内閣の姿勢を評価いただいた。政府・与党一体となって国民生活が第一の政治の実行に引き続き全力を挙げる」”と述べたとおり、民主党の“何もしない戦略”、つまり、臨時国会を26日に先延ばしした戦略が功を奏し、先の衆院選の延長として何の争点も無い盛り上がりに欠けた選挙であったと言うことも出来ます。

 今日から臨時国会が始まりますが、民主党が衆院選の勝利の勢いに乗って“衆院選で公約した主要政策の着実な実行”を求めてくる限り、受けてたつ自民党は個別政策について追求し、詐欺政党民主党の本性を徹底的に暴く一方で、国民の改革への期待に応えるために、より建設的な議論を求められるという厳しい展開になると予想されます。

 もちろん、鳩山首相本人の献金虚偽記載問題も重要な議題となりますが、これまた民主党の“何もしない戦略”によって短く設定された臨時国会で深く追及しすぎれば、改革を妨害する抵抗勢力としてマスコミにレッテル張りされる可能性があるので注意が必要です。

 いずれにせよ自民党にとっては厳しい戦いが予想されますが、連立与党にも亀井氏が提出予定の中小企業融資の返済猶予制度法案や、社民党の反対で頓挫する普天間基地移設問題などの弱点が数多く存在することも事実です。

 短い会期を有効に使って連立与党の弱点を突き、来年夏に向けて自民党復活への足がかりを掴む切欠としていただきたいものですね。

まだまだこれからだと思う方はクリック!

人気ブログランキングへ

|

« 鳩山外交は支離滅裂 | トップページ | まるでヒトラーユーゲント »

参院選挙」カテゴリの記事

時事通信」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

コメント

鳩山内閣は国民に民主党の本質を隠すため国会を開かず参院補選に勝利した。

 国会を開くと民主党の無能さ、法律違反、本性が明らかになってくるため、マスコミとグルになって民主党隠しが行われてきた。
マスコミは民主党のいい加減さ、公約違反を隠すため、連日よいしょよいしょと持ち上げている。まさにいじらしいかぎりだ。
このマスコミに騙されて、未だ目が覚めていない有権者がこんなに多かったのが驚きだ。
この方々は自分の身に痛みがはっきり伝わるまで目が覚めぬらしい。

投稿: yamanba | 2009年10月27日 (火) 13時11分

■参院補選:民主2勝 神奈川、静岡 会派過半数に2議席-21世紀の日本国民の幸福は多様な非営利組織の興隆にかかっている!!

こんにちは。参院選補選の結果は、予想通りのものでした。やはり、民主に有利で、自民には逆風の結果だったと思います。私は、これをみていて、衆院選が終わってからしばらくたったので、自分なりにこれからの選挙戦のあり方や、政治対する考え方などがまとまったような気がしました。私自身は、これからの日本国民の幸せは、政治主導で行われる筋合いのものではないと思います。やはり、国民一人一人が努力するものであり、政府から棚ボタ式で提供されるものではないと思います。しかし、日本には、なお、制度的に欠けている面があり、これを創出していくことは、政府の大きな役割でもあると思います。ここにコメントしていると長くなってしまいますので、詳細は、是非私のブログをご覧になってください。

投稿: yutakarlson | 2009年10月27日 (火) 14時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191898/46586622

この記事へのトラックバック一覧です: 何もしない戦略:

» 参院補選 民主2勝 [王様の耳はロバの耳]
参院補選、民主2勝=首相「改革姿勢評価された」−神奈川・金子氏、静岡・土田氏(時事通信) - goo ニュース 政権交代後の民主党と自民党の勢力争いの形勢を伺う指標と言える参院選挙の補欠選挙は民主党の2勝で終わりました。 {/kaeru_fine/} 補選ですからTV各局が開票速報を流すなんて事は有りませんでしたがウエブニュースを見ていると静岡は8時過ぎの速い時点で民主党公認土田氏の当選を流し神奈川でも10時前後には金子氏の当選を報じたようだ。 投票率が低いとはいえ「圧勝」の気配です。 {/usa... [続きを読む]

受信: 2009年10月26日 (月) 09時55分

» 10・27請願受付の全容確定! 〔『水間条項』より転載〕 [【日本を】10鐔�27『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】]
 民主党は、国民の同意を得ることなしに、国の根幹を損ねる「 靖国神社代替施設」「 外国人参政権」「偽・ 人権擁護法案」「二重・三 重国籍」「 戸籍制度廃止」「 夫婦別姓( 選択制別姓)」「 女性差別撤廃条約選択議定書」「 1000万移民推進」「 日教組教育の復活」「 国立国会図書館恒久平和調査局」「 地方主権」「CO2 25%削減」「 東アジア共同体構想」などを、数の論理だけで通そうとしています。これらの法案の殆どは、都議選で一議席も確保でき... [続きを読む]

受信: 2009年10月26日 (月) 10時07分

» 比較検証おねがいします [平成21年 日本躍進・発展の年]
こんな事言ってる人がおりまする↓ 似非右翼さん、終わったんですよ。 http://richardkoshimizu.at.webry.info/200910/article_55.html >皆様方が頼りにする「自民党」は、もはや、「死に体」なんです。どうも、そこのところが理解できなくて未だに暴れているようですが その一方でこんな事が起こってます↓ 宮城知事に村井氏再選=民主系候補退け http://aromablack5310.blog77.fc2.com/blog-entry... [続きを読む]

受信: 2009年10月26日 (月) 22時14分

« 鳩山外交は支離滅裂 | トップページ | まるでヒトラーユーゲント »