« 鳩山は日本のノムヒョンか | トップページ | 何もしない戦略 »

2009年10月25日 (日)

鳩山外交は支離滅裂

もう滅茶苦茶です。

普天間移設「自ら最終判断」=結論には時間を要す-鳩山首相

 【フアヒン(タイ中部)時事】鳩山由紀夫首相は24日夜(日本時間同)、訪問先のタイのフアヒンで同行記者団に対し、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題について「皆さんの判断をうかがいながら最終的に決めるのはわたしだ」と述べ、岡田克也外相、北沢俊美防衛相ら担当閣僚と協議した上で、自ら最終判断する考えを示した。
 普天間問題をめぐり、岡田氏は県内移設で政府内の意思統一を図る考えを示し、移設先としてキャンプ・シュワブ沿岸部(同県名護市)とする現行計画に沿った案に加え、米軍嘉手納基地(同県嘉手納町など)を検討する考えを表明。県内移設には、北沢氏も理解を示した。ただ、嘉手納基地への統合には米側が難色を示している。
 これに関し、首相は「大臣としての、選択肢の中の一つの考え方だ」と指摘。同時に県外移設についても「ないということではない。県民の心を一番尊重しなければならない」と語った。
 その上で、決断の時期について「選択肢を新たに調査している段階だから、当然それなりの時間はかかる」と強調。また、「オバマ米大統領が来るから急がなければいけないとは思っていない」と述べ、11月12日の大統領来日までに結論をまとめることには慎重な考えを重ねて示した。 

(2009/10/24-23:36)時事通信

その一方で。

東アジア共同体、米も関与=首相、ASEAN首脳に説明

 【フアヒン(タイ中部)時事】鳩山由紀夫首相は24日午前(日本時間同日昼)、当地で開いた東南アジア諸国連合(ASEAN)首脳との会議で、自らが提唱する東アジア共同体について「日本の外交政策として日米同盟を基軸と位置付けている。共同体構築という長期的なビジョンに向けて東アジアへの協力を確実に進めたい」と述べ、米国の関与も得る形で構想を推進したいと説明、ASEAN側の参加を求めた。
 これに対し、ASEAN側は「東アジア協力を進めようとの議論を再活性化したことを評価する」などと同構想を基本的に支持。ただ、米の関与に関しては、一部から「ASEANと日本、中国、韓国が主導的役割を果たすべきだ」との意見も出た。
 ASEANが2015年を目標に経済共同体の構築を目指していること関し、首相は11月に東京で開く日本とメコン地域諸国との首脳会議で、ラオス、カンボジア、ミャンマーなどへの支援策を協議する方針を示した。 
 首相は地球温暖化問題に関し、国連気候変動枠組み条約第15回締約国会議(COP15)の成功に向け、「ASEANと連携を強化していく」と表明。ASEAN側は途上国の温暖化対策への支援を求めた。
 首相はまた、新型インフルエンザ対策や情報通信分野での協力を強化したいと述べた。

(2009/10/24-18:50)時事通信

 “「ないということではない。県民の心を一番尊重しなければならない」”とはおかしな話で、この件については、既に2006年の沖縄知事選で建設容認の仲井真氏が県外移転を主張した糸数氏に勝利して決着がついているはずです。さらに、“「選択肢を新たに調査している段階だから、当然それなりの時間はかかる」”とは言っても、この“選択肢”の中に目新しいものはなく、廃案になった過去の計画を蒸し返しているだけに過ぎません。

 つまり、鳩山内閣の普天間基地移設の現行計画に反対する大義名分は何一つ存在せず、鳩山首相の“「オバマ米大統領が来るから急がなければいけないとは思っていない」”という発言は、米国側から見ればただの挑発でしかないということです。そこに大義名分があるとすれば、衆参でたった9議席の少数政党でしかない社民党の意向だけです。

 そしてそれが日米同盟を根底から揺るがす事態となっているにもかかわらず、“「日本の外交政策として日米同盟を基軸と位置付けている。共同体構築という長期的なビジョンに向けて東アジアへの協力を確実に進めたい」”と述べるとは、一体どういうつもりなのでしょうか。言っていることとやっていることが支離滅裂で鳩山外交の方向性が全く見えてきません。

 さて、鳩山首相は東アジア共同体に米国の関与を求めましたが、参加を求めたわけではありません。考えてみれば当たり前の話ですが、共通通貨も念頭に入れた共同体に、現在の基軸通貨であるドルを持つ米国を入れては意味が無いからです。

 しかしながら、日米同盟による影響力が無ければ、中国が軍事的に突出した東アジアの安全保障が保てないこともまた事実です。つまり、鳩山首相のこの一連の発言は東アジアの共同経済圏からは米国を排除するが、日本の安全保障のために影響力だけ行使しろといっているようなものです。それでいて親中反米で、東アジアの安全保障の重要な拠点である沖縄の基地移転を妨害するという基地外ぶりにはあきれます。対等な日米関係どころか、かつて無い程のものすごい挑発です。米国相手に喧嘩を売っているとしか思えません。米国も自主防衛もままならない国にここまでなめられた事は無いでしょう。

 このままでは、日米同盟が近い将来破綻することは間違いありません。同じ反米でもノムヒョンは自主防衛を目指して軍備増強しただけまだ常識的でした。しかしながら、防衛予算も無駄だからカットする鳩山首相の日米同盟に代わる武器は“友愛”しかありません。

 この“友愛”で日米同盟破綻後もアジアの安定が計れると思っているとすれば、相当ファンタジーな思考回路を持っているとしか言いようがありません。外交に必要なのは徹底的なリアリズムです。鳩山の相手の存在しないやさしさに期待する“友愛”外交では、いずれ日本は滅びるでしょう。

鳩山外交は支離滅裂だと思う方はクリック!

人気ブログランキングへ

|

« 鳩山は日本のノムヒョンか | トップページ | 何もしない戦略 »

時事通信」カテゴリの記事

コメント

「県民の心」?
沖縄で活動している連中の多くは県外から日当を貰って活動しに来ている連中!
沖縄は基地がなければ経済は全く立ち行かず、日本一貧しく、日本一学力が低いだけの地域。
そもそも基地が先か、周辺の住宅が先かとなると、基地の方が先で、金目当てで基地周辺に集まってきているわけです。

投稿: | 2009年10月25日 (日) 09時43分

天皇「お言葉」発言もありますが、現政権はほとんど漫才をやっているとしか思えません。首相の曖昧な態度は海外からは理解されないでしょうね
http://inanna-search.net/index.php?sword=%94%B5%8ER%81%40%89%AA%93c%81%40%93V%8Dc&cmd=search&cat=link&page=1&sbmt=%8C%9F%8D%F5

投稿: うり | 2009年10月25日 (日) 15時39分

「県民の心を一番尊重」?
鳩ポッポは日本という国の防衛と安全は国の問題であるという認識すらないのですからあきれ返るしかありません。

投稿: | 2009年10月25日 (日) 16時52分


書き込み失礼します。
日本を破壊してしまう法案の阻止に協力してくださいorz。
一人でも多くの人に知ってもらう必要があるんです。
残された時間が少ないのに周知が思うように進んでないんです。

★【日本を】10・27『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】

http://sitarou09.blog91.fc2.com/


<署名>【外国人参政権】・【人権侵害救済法案】に断固反対します

http://www.shomei.tv/project-1300.html

投稿: アントノフ | 2009年10月26日 (月) 15時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鳩山外交は支離滅裂:

» 岡田克也外相 [はちの出来事]
鳩山総理が岡田外相を更迭する事はあるだろうか? 鳩山総理が岡田外相を更迭する事は... [続きを読む]

受信: 2009年10月30日 (金) 18時36分

« 鳩山は日本のノムヒョンか | トップページ | 何もしない戦略 »