« 鳩山首相の危機管理 | トップページ | 今は何を言っても無駄 »

2009年10月29日 (木)

売国内閣の面目躍如

ふざけるな。

首相「責任を明らかに」 海自護衛艦衝突事故で

 鳩山由紀夫首相は28日朝、海上自衛隊の護衛艦と韓国籍のコンテナ船の衝突事故について「責任を明らかにしないといけない。国民の皆さんにご迷惑をかけたと思っている」と記者団に語り、原因究明を急ぐ考えを示した。北沢俊美防衛相も同日午前の記者会見で「海上保安庁の捜査に配慮しながら、早期に(原因を)究明できるよう努めていきたい」と強調。午後に首相に現状を報告する考えを示した。

 防衛相は同日朝、防衛省内で幹部自衛官に「基本的にこの事件の責任は我にあり、という自覚を持っていただきたい」と訓示した。

2009年10月28日(17:56) 日経新聞

そして予想通りの展開に。

首相「日韓関係に配慮を」 護衛艦衝突事故、防衛相と会談

 鳩山由紀夫首相は28日、国会内で北沢俊美防衛相と会い、海上自衛隊の護衛艦と韓国船籍のコンテナ船の衝突事故に関する報告を受けた。韓国籍船が海上保安庁の指示に従い航路を変更していたことを踏まえて首相は「日韓関係にいささかでも差し障りがあるようなことにならないようなことが大事だ」と慎重な対応を指示した。

 海上保安庁は同日、事故が起きた関門海峡をレーダー監視している海上交通センターの管制官が、韓国籍船が前方の貨物船を追い越す際に護衛艦の航路に近づく形で追い越すよう指示していたことを明らかにしている。

2009年10月28日(22:30) 日経新聞

 どうやら既に鳩山首相と北沢防衛相の間では、韓国籍船側の主張を一方的に認めて護衛艦側に責任を擦り付ける話がついているようですね。

 韓国籍船が海上保安庁にどのような指示を受けようが、現場の視界は良好で護衛艦は目視できていたはずです。更に、回避行動を右に取るべきところを左に取ったところから見ても韓国籍船側の過失は明らかです。

 海上保安庁の管制官は確かに“護衛艦の航路に近づく形で追い越すよう指示”をしましたが、それと同時に前方から来る護衛艦についても注意喚起をしていた訳で、これを理由に韓国籍船側に過失が無いとするには無理があります。

 それを原因がハッキリしない時点で防衛相が“「基本的にこの事件の責任は我にあり、という自覚を持っていただきたい」”と訓示するとは何事でしょうか。これで海自の士気は地に落ちたことでしょう。

 鳩山首相も“「日韓関係にいささかでも差し障りがあるようなことにならないようなことが大事だ」”と語ったようですが、これでは韓国籍船側の主張を無条件で認めろといっているようなものです。首相からしてこのような認識を持っているようでは、事件解決に向けた真相解明と国益の確保など望むべくもありません。

 いずれにせよ、今回の事件によって鳩山内閣がいかに自衛隊を軽んじ、疎んじているのかが良くわかりました。こういう人たちも含めて命を懸けて守らなければならないとは、自衛隊も因果な職業ですね。

護衛艦くらまに事故責任は無いと思う方はクリック!

人気ブログランキングへ

|

« 鳩山首相の危機管理 | トップページ | 今は何を言っても無駄 »

日経新聞」カテゴリの記事

韓国(政治)」カテゴリの記事

鳩山由紀夫」カテゴリの記事

コメント

この海難事故の相手が韓国の船だと聞いて、またか!と思った方は多いと思います、朝鮮人は世界のルールを守ることをしないばかりか、人に迷惑をかけておきながら、罪をひとに擦り付けるとんでもない、劣等感の塊の民族だと言う事が、今回の事故で、良識ある日本人であれば、分かったと思います、この事故の報道も不可解で政府とカスゴミの韓国船を擁護するような報道をし、事故の責任を海上保安庁に擦り付けるような報道による、刷り込み、そもそもこの事故は朝鮮人どもが右側通行を守らず、左側通行で船を追い越しておきた事故です、この朝鮮人どもは世界中に迷惑を掛けても平気なならず者です、こんな輩と友愛などとアホ山総理と、糞民主の国賊議員どもは、何故それほどまでに仲良くしたいのか?理解に苦しみます、売国奴民主党の危機管理能力の無さにあきれました、今はただ、民主党に変わる保守政党の誕生を願うばかりです。

投稿: 環七番長 | 2009年10月29日 (木) 03時42分

船乗りなら分かると思うが、管制センターは、飛行機とは違って「指示」は与えないそうです。
あくまでも「情報提供」を行うのみで、ついでに護衛艦の接近など、前方注意も促すようです。
実際に管制センターは、カリナスターに対して注意を呼び掛けたそうです。

防衛相はあくまでも自衛隊の責任に仕立て上げようと必死だし、首相はさっさと帰宅したくせに「日韓関係」に配慮して、悪くもないのに「謝罪」しようとしています。

自衛隊は、米国防長官に歓迎セレモニーを断られたり、かなり大変な目に遭っています。
その上、悪くもないのに「責任は我に有りと自覚せよ。」と偉そうに言われたら気の毒でしょう。

投稿: 鳩山、今すぐくたばれ | 2009年10月29日 (木) 06時16分

これは、酷い。
どこの国の首相なのだろうか・・・
むしろ、こっちが謝罪と賠償を要求しなきゃ
いかんだろうにw

投稿: | 2009年10月29日 (木) 09時10分

 やっぱり情報提供だけでしたか。ということは結果は自己責任ですよね。無茶な外国籍船に日本の国防艦が傷つけられたのに謝る事しか考えていない内閣ってどうなんですかね。今、無法地帯だったカテゴリーを整理中だからなおさらなんですが、安倍内閣の頃が懐かしいです。

投稿: takayuu | 2009年10月29日 (木) 09時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191898/46610061

この記事へのトラックバック一覧です: 売国内閣の面目躍如:

« 鳩山首相の危機管理 | トップページ | 今は何を言っても無駄 »