« 真の友好関係 | トップページ | 社民党首の意味不明 »

2009年10月10日 (土)

法律を無視する法相

千葉景子に法相の資格無し。

在留特別許可 奈良市在住の中国人姉妹に 敗訴確定後

 残留孤児の子孫として両親と来日後に在留資格を取り消され、国外退去を命じられていた奈良市在住の中国人姉妹に、千葉景子法相は9日、在留特別許可を出した最高裁で退去命令の取り消し請求訴訟の敗訴が確定しており、支援団体によると、敗訴確定後に在留を認められたのは埼玉県蕨市のフィリピン人、カルデロンのり子さん(14)ぐらいで、極めて異例

 姉妹は、帝塚山大1年、北浦加奈(本名・焦春柳)さん(21)と、大阪経済法科大1年、陽子(同・焦春陽)さん(19)。退去命令は取り消され、定住者資格で1年間の在留が認められた。在留は独立して生計を営むなどの条件を満たせば更新できる。大阪入国管理局や支援団体によると、日本での就労が可能になり、再出入国許可を得れば中国などへの出国も認められる。

 姉妹は97年、母親(47)が「長崎県出身の中国残留孤児(故人)の四女」として、家族で中国・黒竜江省から正規に入国。その後、大阪入国管理局が「残留孤児とは血縁がないことが判明した」として一家の上陸許可を取り消し、03年9月に国外退去を命じられた

 父親(43)が強制収容され、一家は同年12月、退去処分取り消しを求めて大阪地裁に提訴したが、1、2審で敗訴し、最高裁も上告を棄却。父親は大阪府内の高校に通う姉妹を残し、妻と来日後に生まれた三女の3人で中国に強制送還された。

 加奈さんは「紙一枚だが、(退去命令を受けてから)6年間の重みを感じる」。陽子さんは「家族に早く伝えたい」と話した。【田中龍士、茶谷亮】

2009年10月10日1時50分 毎日新聞

 司法の最高機関である最高裁判所の判決を無視して、千葉景子法相の判断ひとつで不法滞在者に在留特別許可が与えてられてしまうことに底知れぬ恐怖を感じます。

 カルデロンのり子の件のように、低迷する支持率回復を目的とした人気取りならまだいいのですが、この件に関しては、拉致実行犯の釈放署名にサインした千葉景子法相の思想が色濃く影響しているから始末に負えません。

 もし、現政権下で北朝鮮が崩壊すれば、友愛精神で大量の難民を受け入れることになることは間違いありません。そうなれば法相の独断でその難民に在留特別許可を与えることも可能になるわけで、日本の国体維持に深刻な影響を与えかねません。

 そして、外国人参政権に前向きな現政権が、その対象を永住外国人から在留外国人に範囲を広げれば、地方の北朝鮮化が完了します。

 後は、法務局の外局に設置した人権擁護局がこれに反対する日本人を徹底的に排除し、徐々にその浸食の範囲を広げていけば、日本そのものが北朝鮮化することもそう遠い未来ではないでしょう。

不法滞在者は強制送還すべきと思う方はクリック!

 

|

« 真の友好関係 | トップページ | 社民党首の意味不明 »

国内政治」カテゴリの記事

コメント

日本は法治国家の筈ですが、左巻き政党による人治国家になりそうで怖いですな。

投稿: oraoyaji | 2009年10月10日 (土) 22時21分

千葉法相の法律無視をマスゴミが、これまた無視を決め込んでいるのが、これまたいや~な感じです。ミケ

投稿: 屋根の上のミケ | 2009年10月11日 (日) 10時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 法律を無視する法相:

« 真の友好関係 | トップページ | 社民党首の意味不明 »