« 空気の読めない幹事長 | トップページ | どさくさにまぎれて »

2009年9月14日 (月)

民主党の景気対策

強気だな。

民主・藤井氏、「2番底」で景気対策も

 民主党の藤井裕久最高顧問は13日、テレビ朝日の討論番組に出演し、6月に政府が事実上の「景気底打ち」宣言をしたことに対し、「落ちすぎたから戻っただけで、趨勢(すうせい)は変わっていない」と強調。「(景気の)2番底になってきたら、景気対策をやる」と述べ、秋に向け景気が悪化した場合、新たな補正予算で景気を刺激すべきだとの考えを示した。

 また、新規政策の財源を捻出するための平成21年度補正予算の一部執行停止については「3、4兆円は出る。交付決定していても、『天下り法人』に出すものは取り戻す。地方に回す分や、まっとうな基金はそのままにする」との考えを示した。また、新たな景気対策をする場合の財源について「(21年度補正の見直しで)余らせた部分でなるべく対応するのが筋だ」と強調した。

2009.9.13 19:11 産経新聞

 言っている事の意味がよくわからないんですが、つまりは、景気対策の為に組まれた“平成21年度補正予算”を“一部執行停止”し、それが原因で“秋に向け景気が悪化した場合”に、その“(21年度補正の見直しで)余らせた部分”で“景気を刺激”するってことですかね。

 じゃぁ、最初から停止するなよ。

 なんていうかですね。わかりきっていたことなんですけども、この方たちにとっては“生活が第一”ではなくて“政局が第一”なんですよね。

 結局、政局を犠牲にしてまで景気対策に取り組んできた麻生内閣の成果を全否定したいが為に補正を停止し、国民生活を犠牲にしてまで自分たちの成果に結び付けたいだけなのでしょう。

 2009年4-6月期に実質GDP成長率が5四半期ぶりのプラス成長と持ち直しかけた日本経済ですが、継続的な回復にはまだまだ財政出動が必要な状態には変わりありません。

 今後は、矢継ぎ早の経済対策でいかにこれを民需主導の自律回復軌道に乗せるかが景気回復の鍵となってきますが、民主党が自らの成果にこだわる限り、秋に向けての失速は免れないようです。おまけに再補正は年明けの通常国会まで不可能と来れば、全治3年どころか、もはや手遅れになる日も来るのかもしれません。

 そしてそのとき打たれた景気対策が高速無料化や子供手当てでは、なんともなりませんねぇ。

民主党は政局が第一だと思う方はクリック!(人気ブログランキングヘ)

|

« 空気の読めない幹事長 | トップページ | どさくさにまぎれて »

国内政治」カテゴリの記事

コメント

 基本的に補正予算を立案したのは自民党ではなく日本政府で、これを審議し立法化したのは民主党も重要な構成員であった国会だったという事を、民主党は理解していないと感じています。
 雇用調整助成金などの執行が中断すると、恐らく5%程度の失業率の上乗せになるのではないかと懸念しています。

 選挙前の記事ですがTBを送ります。

投稿: 山本大成 | 2009年9月14日 (月) 22時07分

TBありがとうございます。
5%はきついですね。ただでさえきついのに、ここに社会党福島党首の派遣法改正で上乗せされれば、えらいことに。
そのとき、責任転嫁する相手を探してもいないのにね。自分たちが与党なんだから。

投稿: takayuu | 2009年9月14日 (月) 23時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 民主党の景気対策:

» 9・27外国人参政権断固反対!東京/秋葉原デモ [憂国、喝!]
9・27外国人参政権断固反対!東京/秋葉原デモ 外国人参政権断固反対!全国リレーデモ 第3弾 9・27外国人参政権断固反対!東京デモ 特定外国人の地方自治乗っ取りを許さないぞ! 憲法違反の外国人参政権を認めないぞ! 左翼民主党政権が誕生しようとする....... [続きを読む]

受信: 2009年9月14日 (月) 16時17分

» 「バラマキ批判と雇用・経済対策」(09解散総選挙-2) [山本大成 「かわら屋の雑記帳」]
 「景気後退時の選挙で勝った与党は、歴史上存在しない」 そんな言葉を良く耳にしますが、今回の選挙に於ける自民党に対する逆風の本質は実にこの一言に尽きるのではないかと感じています。 例えば会社などの営利組織の場合でも、業績が拡大中であれば様々な矛盾は業績の陰に隠れ表面化することはありませんが、一旦業績が悪化すると様々な矛盾点が一気に表面化しますが、今はそんな状況下なのではないでしょうか? 少なくとも現在の日本を取り巻く閉塞感の多くは、そこから始まっているように思いますがいかがでしょう。    良く整理... [続きを読む]

受信: 2009年9月14日 (月) 22時12分

» 「今の閉塞感と民主党」「最高裁判所裁判官-国民審査」(09解散総選挙-3) [山本大成 「かわら屋の雑記帳」]
 「民主党もダメだと解っているけれど、今の閉塞感を打ち破るためには今回は政権交代もやむなし!」 今回の解散総選挙について、何人かの友人からそんな言葉を聞きました。  前々回の記事でも触れていたように私は本来政権交代論者で、緊張感を持った複数の責任政党が良い緊張関係を持って適時政権を担っていく形が好ましいと感じています。 かなり昔のことになってしまいましたが細川政権・羽田政権と新進党が政権を担っていた頃、黎明期のIT業界に籍を置いていたのですが(せいぜいマルチメディアと言う言葉が使われるくらいで、まだ... [続きを読む]

受信: 2009年9月14日 (月) 22時17分

« 空気の読めない幹事長 | トップページ | どさくさにまぎれて »