« 世論調査の嘘 | トップページ | 公明党とは決別すべき »

2009年9月21日 (月)

さすがは元警察官僚

現実的ですね。

外国人地方参政権に慎重=亀井氏

 国民新党代表の亀井静香金融・郵政改革担当相は20日、永住外国人への地方参政権付与について「在日外国人の比率が非常に高い地域がある」と指摘した上で、「(そうした地域で日本人から)自分たちの意思が地方政治に反映されないという心配、不満が出てきても困る面もある」と述べ、慎重な姿勢を示した。都内で記者団に語った。 
 民主党の小沢一郎幹事長は19日、早ければ来年の通常国会に関連法案を提出することに意欲を示している。亀井氏は「正式に民主党から提案があった話ではない。(提案があったら)党として議論していきたい」と語った。

(2009/09/20-16:34)時事通信

 これが民主党の地方分権政策と合わされば結果は見えているわけで、朝鮮人の本性が身にしみてわかっている元警察官僚として見過ごせるわけが無いですよね。

 亀井氏には鳩山内閣の非民主党系ナンバー3として、いろいろな意味で頑張っていただきたいですね。

外国人地方参政権に反対の方はクリック!

|

« 世論調査の嘘 | トップページ | 公明党とは決別すべき »

国内政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: さすがは元警察官僚:

« 世論調査の嘘 | トップページ | 公明党とは決別すべき »