« ガキの使い | トップページ | 社保庁解体決定 »

2009年9月29日 (火)

うかつでは済まされない

誤解を招くとはどういう意味だ。

拉致容疑者の釈放嘆願で陳謝=千葉法相「うかつだった」

 千葉景子法相は29日、報道各社のインタビューで、北朝鮮による複数の日本人拉致事件にかかわった疑いで国際手配されている辛光洙容疑者の釈放嘆願書に署名していたことについて、「うかつだった。誤解を招く結果となり申し訳ない気持ちだ」と陳謝した。
 法相は1989年、旧社会党所属の参院議員として、辛容疑者を含む「政治犯」の釈放を求め、韓国の盧泰愚大統領にあてた嘆願書に署名。当時は辛容疑者と拉致事件との関係は明らかになっていなかったが、警察庁は2006年、原敕晁さんや地村保志さん夫妻らの拉致事件に関与した疑いで同容疑者を国際手配した。
 法相は「どういう状況、経緯で署名したか調べている。必要なら鳩山由紀夫首相の指導をいただく」と述べる一方、「拉致事件は国際的に見ても人権尊重の点から見ても許すことはできない」との立場を強調した。
 嘆願書には、菅直人副総理兼国家戦略担当相も旧社民連所属の衆院議員として署名している。

(2009/09/29-18:27) 時事通信

 確かに、“当時は辛容疑者と拉致事件との関係は明らかになっていなかった”かもしれませんが、嘆願書に記載された29名の在日朝鮮人の内、10名はスパイ容疑で逮捕されており、その上、辛光洙容疑者が韓国で拘束された際、日本で80年に行方不明となった“原敕晁”名義の偽造パスポートを使用し、本人になりすまして日本と韓国を往復していた事実は当時から明らかであったわけで。

 千葉景子は“「うかつだった。誤解を招く結果となり申し訳ない気持ちだ」”と釈明したようですが、日本国民の生命と財産を守るべき国会議員ならば、“どういう状況、経緯で署名したか”すら分からない嘆願書に、軽々しくサインするべきではありません。

 この体たらくでは、外国人参政権などの日本の存続を危うくするような法案にもついうっかり賛成してしまうに違いありません。

 安部元首相は、同じく、この嘆願書にサインをした菅直人、土井たか子を名指しでマヌケと呼びましたが、この状況では、確かにマヌケとしか表現しようがありません。

 この嘆願書によって辛光洙容疑者が1999年に恩赦となり、拉致事件の全容はつかめぬまま、ただ時間だけがむなしく過ぎています。

 拉致被害者としては、鳩山首相のこのような発言など、ただむなしく響くだけです。

拉致解決に全力=鳩山首相

鳩山由紀夫首相は29日夜、北朝鮮による日本人拉致問題への対応について「一人一人の命を大切にする政治を示すためには、拉致問題で前進がなければならない」と解決に全力を挙げる考えを強調した。
 また、「日朝平壌宣言の精神に戻ってしっかり行動してもらえるなら、その時はわれわれとしてもその心構えでいく」と述べ、拉致・核・ミサイル問題で北朝鮮の誠実な対応を求めた。首相官邸で記者団の質問に答えた。

(2009/09/29-20:28) 時事通信

 このようなありきたりな発言をする前に、内閣入りした菅直人、千葉景子を即刻辞任させるべきだ。それが、与党としての当たり前の対応です。

千葉景子法相は即刻辞任すべきと思う方はクリック!

|

« ガキの使い | トップページ | 社保庁解体決定 »

国内政治」カテゴリの記事

コメント

最悪の場合を想定して最善を尽くすのが施政者の務めでしょうに、署名した議員は想像力が無いというのか、日本人に冷たいというのか…  

議員失格!ましてや大臣なんて恥ずかしくないのかしら。

彼らを大臣にした鳩山氏も同じ種類の人なんでしょうね。

・文中 安部元首相 となっていますヨ

投稿: | 2009年9月29日 (火) 23時28分

 ご苦労さまです。
 千葉景子は、「うかつ」と言ってますが、信じられません。千葉は、確信犯の可能性が高いのです。

 千葉は、北朝鮮拉致実行犯のシンガンス釈放嘆願の署名をした1989年の前年1988年(昭和63年)に、シンガンスが北朝鮮の工作員であるとの指摘を国会で警察庁局長が行った場に同席していたのです。

橋本敦議員 「辛光洙とはどういう人物ですか」

城内康光警察庁警備局長 「私どもとしては恐らく不法に侵入した北朝鮮の工作員であろうというふうに考えております」

http://dogma.at.webry.info/200909/article_3.html

 以上です。


投稿: 川にゃ | 2009年10月 1日 (木) 12時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: うかつでは済まされない:

» ◆文例◆ 外国人参政権 2 [【日本を】10・27『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】]
◆請願書文例◆ 〔外国人参政権 2〕 ・本文例は、一切の著作権を放棄いたします(利用、転載、改変可)。 どうぞ自由にご利用下さい。 ―... [続きを読む]

受信: 2009年9月30日 (水) 22時35分

« ガキの使い | トップページ | 社保庁解体決定 »