« 当然の結果 | トップページ | 古賀委員長が逃亡 »

2009年7月 9日 (木)

胡錦濤が逃亡

逃げたな。

中国主席が急きょ帰国へ 騒乱対応、G8サミットを欠席

 【北京=坂尻顕吾】イタリアを公式訪問していた中国の胡錦濤(フー・チンタオ)国家主席が8日、新疆ウイグル自治区での騒乱に対応するため、同日午後にラクイラで開幕する主要国首脳会議(G8サミット)への出席を急きょ取りやめ、帰国することになった。中国国営新華社通信が伝えた。

 金融危機や気候変動などの問題に関する中国の対応に国際社会から関心が集まる中、中国の国家指導者が主要な国際会議を途中で切り上げるのは異例の対応だ。新疆で5日から始まった騒乱は死者が少なくとも156人、負傷した人も合わせれば1千人以上に達した。漢族とウイグル族の相互不信が高じて一触即発の状況まで至っており、中国指導部が事態を深刻に受け止めている様子がうかがえる。

 胡主席はサミットに先立って5日からイタリアを公式訪問し、ナポリターノ大統領やベルルスコーニ首相らと会談した。8日からサミット会場となる中部ラクイラに移り、同日午後に新興国首脳会合、9、10両日の拡大サミットで世界経済や地球温暖化などの議論に加わる予定だった。

 期間中にはオバマ米大統領や麻生首相らとの2国間の首脳会談も調整されていた。新華社によると、サミットや関連会合には、胡主席に同行していた外交担当の戴秉国・国務委員が代行して出席する。

2009年7月8日10時22分 朝日新聞

 今回の新疆暴動の原因は、中国の長年にわたるウイグル族への民族浄化活動にあることは明らかです。

 “中国指導部が事態を深刻に受け止めている様子”などとは物は言い様ですね。実際はサミットでこの問題が取り上げられ、中国が似非先進国であることを世界に露呈するのを避けたかっただけなのでしょう。

 中国にサミットに参加する資格などない。

東トルキスタンに平和と自由をと思う方はクリック!

参考サイト

東トルキスタンに平和と自由を…

|

« 当然の結果 | トップページ | 古賀委員長が逃亡 »

中共」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191898/45580338

この記事へのトラックバック一覧です: 胡錦濤が逃亡:

» シナで起こっている【凄まじいまでの「権力闘争」】の可能性とは?! 権力闘争のためには「ウイグル人の大虐殺」をやってのける鬼畜の所業をけっして許してはならない! 日本人よ、警戒せよ! の巻。 [エルモとマシューのアメリカンルアー ばんざい!]
日本の危機を広めるために、まずはコチラのバナーをクリックして下さいね! ご協力に [続きを読む]

受信: 2009年7月10日 (金) 18時20分

» 三橋メタボ理論と中国経済回復の相似 [EmpireoftheSun太陽の帝国]
 中小企業診断士の三橋貴明氏は・いまだに「政府が財政出動すれば景気が回復する」な [続きを読む]

受信: 2009年7月30日 (木) 15時59分

« 当然の結果 | トップページ | 古賀委員長が逃亡 »