« 素早い世論調査 | トップページ | 当然の結果 »

2009年5月22日 (金)

鳩山総務相の逆切れ

みっともない。

郵政社長、「後任も民間人」=改革後退論に反論-鳩山総務相

 鳩山邦夫総務相は22日の閣議後会見で、日本郵政の「かんぽの宿」譲渡問題をめぐる西川善文社長の経営責任について「正義という鏡に照らしてみれば、全く理解できない不正義だ」と述べ、同社長の続投に改めて難色を示した。その上で「人事に案はあるのかと(言えば)、いっぱいある」「トップは優秀な人望のある民間人がよろしいと語り、西川社長に代わる民間人の社長候補者選びを進めていることも明らかにした。
 同相はまた、自民党内の一部に「西川社長を交代させれば郵政民営化の後退につながる」との批判があることに対し、「ガバナンス(企業統治)をきちんとさせるのは改革の前進だ。わたしが人事に何かものを言えば改革の後退だ、というのは理解できない」と強く反論した。

(2009/05/22-10:32)時事通信

 まぁ、図星突かれて逆切れしているようにしか見えないんですが、つまりはこういうことですよね。

日本郵政人事で総務相批判=自民・中川氏

 自民党の中川秀直元幹事長は22日夜、都内で講演し、鳩山邦夫総務相が日本郵政の西川善文社長の続投に難色を示していることについて、「民間会社の指名委員会が社長の続投を決めた。続投を政治で動かすなんてしてはならない」と批判した。
 鳩山氏は日本郵政の「かんぽの宿」譲渡問題をめぐり、西川社長の経営責任を指摘。同社長の続投を認可しない可能性を示唆している。

(2009/05/22-22:03)時事通信

 つまりは、“「民間会社の指名委員会が社長の続投を決めた。続投を政治で動かすなんてしてはならない」”という理由がすべてであって、鳩山総務相が“「人事に案はあるのかと(言えば)、いっぱいある」「トップは優秀な人望のある民間人がよろしい」”と横槍を出すのは“郵政民営化の後退につながる”ことでしかないのです。

 仮に鳩山総務相の強権によって社長を挿げ替えたとして、それが民間会社といえますか?

 このような前例が出来てしまえば、時の内閣によって経営が左右される事態となってしまいます。それではもう民間会社とはいえません。

 次の総選挙において、郵政族を取り込んだ民主党政権が生まれることが現実味を帯びてきました。そのような政治状況の中で、この問題をゴリ押しして政治介入の前例と、自民党内に火種を振りまく鳩山総務相は、もはや麻生内閣の癌としか言いようがありません。

ゴリラは檻に入ってろと思う方はクリック!

|

« 素早い世論調査 | トップページ | 当然の結果 »

国内政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鳩山総務相の逆切れ:

» 日本郵政 西川社長 辞任 [スポーツニュースwiki]
ゆうちょ銀行についてゆうちょ銀行について質問したいのですのでよろしくおねがいします。1.日本郵政株式会社の西川社長がゆうちょの預け入れ限度額を撤廃するって言ったのですが、果たして可能でしょうか。最終的預け入れ限度額はいくらまでなのでしょうか。2.銀行がこんな多い時代なのに[⇒回答を読む] 何故検察は、これほどまでに自民党をかばい立てするのですか?足利事件の菅家さんが本日釈放されました。このタイミングで菅家さんを釈放したということは、 日本郵政の西川社長の続投、解任にまつわる、 自民党のお家... [続きを読む]

受信: 2009年6月 6日 (土) 13時43分

« 素早い世論調査 | トップページ | 当然の結果 »