« 憲法の日 | トップページ | 鳩山総務相の本音 »

2009年5月 9日 (土)

これからはインド。

ですよね。

最も重要な国「日本」は14%=インド有識者の意識調査

 外務省が8日発表したインドの対日意識調査によると、「どの国が最も重要なパートナーか」との質問に対し、日本と答えた有識者は14%で、米国(48%)、ロシア(30%)に次いで第3位だった。4位以下は中国(3%)、英国(2%)の順。
 一方、「インドにとって日本は信頼に足る友邦だと思うか」との問いには、「はい」58%、「ある程度」34%で、9割以上が日本を信頼日本企業のインド進出についても「歓迎」「どちらかというと歓迎」と評価する答えは計94%に上った。
 調査はインドの民間会社に委託し、2月4-25日に面接方式で実施。学識経験者やジャーナリストらを対象に2007人から回答を得た。(2009/05/08-21:17)時事通信

 面白い結果ですね。インドには隣国と仲良くしなければならないと考える有識者は存在しないようです。3位日本と、4位中国の間には越えられない壁が見えます。

 インドは、後20年もしないうちに中国を抜き、世界人口第一位の国家になります。一方の中国は、毛沢東以来の一人っ子政策を修正できないまま、2050年頃には60歳以上の高齢者が4億人を超える超高齢化社会を迎えるのです。

 なぜ一人っ子政策を修正できないかといえば、毛沢東以来の共産党体制の否定は、中国共産党の存在そのものの否定となるからです。ただでさえ極悪非道の寄生虫である中共が、その存在理由を失えばあっという間に崩壊を迎えます。

 もうすでに、中国の壮齢人口はピークを過ぎ、労働力の確保が難しくなって来ています。その上、今までの乱開発のツケがまわり、環境破壊は手のつけられないレベルまで来ています。

 こんな国より、世界最大の民主主義国家であるインドと友好関係を深め、軍事的にも経済的にも協力していったほうが100倍マシですね。

これからはインドだと思う方はクリック!

|

« 憲法の日 | トップページ | 鳩山総務相の本音 »

日印外交」カテゴリの記事

コメント

はじめまして
IT製品情報の強制開示を要求するような国に何故投資するかなあと思います
一年延期するらしいけど・・・
これからはインドですよ
さっさと中国以外にシフトすべきでした

世界の嫌われ者トリオに囲まれた日本はつくづく世界一不幸な国だなあと慨嘆します

投稿: ダビンチ | 2009年5月10日 (日) 09時42分

インド人よ・ありがとう!
ということですね?
日本人もビックリです。

投稿: 柳生昴 | 2009年5月11日 (月) 23時55分

インドばかり賛美するのも、どうかと思いますね
あそこはあそこで結構したたかで、民主主義ってもカースト制度は厳然とありますし、問題は多々あります
ま、中国よりははるかにマシだと思うので、友好関係築くのは賛成です
中国嫌いの反発でインド大好き、というのも賢くないと思います
日本の国益を見据えベストな行動を取って欲しいものです

投稿: マグカップ | 2009年5月12日 (火) 03時09分

インド大好きだからへシフトって事じゃないと思いますよ
相手を貶める事しか考えない国より
相手に恩は恩と感じる心が少しでもあればその国の方が日本の国益を考えてもましだってことです
少なくともそういう行動を取って中国を慌てさせればいいんです

投稿: ダビンチ | 2009年5月13日 (水) 11時46分

知りたい方はこちらへ
http://dokuritsutou.heteml.jp/

投稿: 反感煽って得するのは? | 2009年5月17日 (日) 14時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: これからはインド。:

« 憲法の日 | トップページ | 鳩山総務相の本音 »