« 田母神談話 | トップページ | ぞっとする朝日の暴走 »

2008年11月 2日 (日)

しけたマッチポンプ

ですね。

批判控えめ、冷静に対応=空幕長論文で中韓

 【ソウル、北京1日時事】航空自衛隊の田母神俊雄航空幕僚長が過去の日本の侵略や植民地支配を正当化する論文を発表した問題で、中韓両国は冷静な対応を見せている。論文が「日本政府の立場と全く関係のない田母神氏の個人的見解」(日韓外交筋)であることや、日本政府が素早く更迭に踏み切ったことが影響しているとみられる。
 韓国外交通商省は1日の報道官論評で「論文で主張した内容は、歴史の真実をごまかすものだ」と不快感を表明。「過去の過ちを謙虚に反省し、歴史の教訓にすることが善隣友好関係の根幹であり、このような歴史の歪曲(わいきょく)が繰り返されてはいけない」と強調しながらも、日本政府に対し直接批判はしなかった
 米国発の金融危機が広がる中、韓国側は「日本との連携が必要」(政府関係者)との認識を強めており、今後の推移を慎重に見守る構えのようだ。
 一方、中国では、メディアが航空幕僚長の更迭を論評せずに報道。「迅速な問題処理は、対中関係を重視する日本政府の姿勢の表れ」(中国紙関係者)と前向きにとらえる見方もある。 
 日中両国は先の首脳会談で、「共益」を求める戦略的互恵関係の強化を確認したばかり。中国外務省は1日午後、「自衛隊の現役幹部が公然と歴史をねじ曲げたことに衝撃と憤りを覚える」としつつ、「日本政府が取った対応を注視している。両国は共同努力で中日関係の大局を維持しなければならない」と未来志向の談話を出した。(了)
田母神俊雄(たもがみ・としお)
(2008/11/01-20:45) 時事通信

 “中韓両国は冷静な対応”とはいいますが、出てくる言葉は“「日本との連携が必要」”、“「日本政府が取った対応を注視している。両国は共同努力で中日関係の大局を維持しなければならない」”等とマスメディアの期待とはかけ離れたものしか出て来ない。

 結局のところ、この金融不況下で中韓とも日本の影響力を無視できない存在と感じているからなのでしょう。それぐらい中韓の経済状況は危機的状況にあります。

 韓国は純債務国に転落し、中国は今回の米国発の金融不況に先駆けて不動産市場の崩壊と株式市場のピーク時の実に50%ダウンという大暴落を経験しています。今回の金融不況はまさに致命傷。息も絶え絶えで生きているのが不思議なくらいです。

 いつもいつもアジアの反発、アジアの反発といいながら、文句を言うのは中韓ばかり。他のアジア諸国はこの大不況下で日本のリーダーシップを大いに期待しているのに、日本のマスメディアと野党は足を引っ張ることしか考えていません。

 村山談話など即刻破棄し、日本は文句を言わない国にだけ援助をしたらいいんです。日本の影響力を正しく使えない政治家なんて政治家とは言えません。使えるものは最大限に利用し、国民の利益を最大限に得ることが政治家の使命なのではないでしょうか。

 とりあえず、国益を損ねるマスメディア、特に朝日新聞と民主党はいらない。

朝日と民主は有害だと思う方はクリック!

|

« 田母神談話 | トップページ | ぞっとする朝日の暴走 »

サヨクマスコミ」カテゴリの記事

コメント

中共も韓国も経済の大混乱で「反日」どころではないのが本音でしょうが、「政権交代」につなげたい、民主、公明、朝日、毎日の4者がマッチの束に火をつけて、対岸に向けて必死に投げているという状況なのです。

決して踊ってはなりません。

投稿: 通りすがり | 2008年11月 2日 (日) 07時09分

通りすがり さんへ
踊る場歌もだいぶ少なくなってきましたよね。テレビに出てくる場歌も本当にキムチ悪い顔になってきました。

投稿: 原チャリ | 2008年11月 2日 (日) 14時15分

緊急集合!市ヶ谷自衛隊前へ

<国民は認めない!田母神俊雄航空幕僚長の更迭を>
航空幕僚長の罷免は自衛隊への“死刑宣告“


国民は自衛隊員へ訴える!

<田母神俊雄航空幕僚長を売国総理から守れ>
国軍(自衛隊)は村山談話を継承する麻生太郎を許すな!


①日時:平成20年11月4日(火) 午前8時半集合
※【登庁する自衛隊員に檄(決起)を飛ばします】

② 同日:    〃    午後5時半集合
※【夕刻に集合する反日左翼を蹴散らします】

【場所】
市ヶ谷 防衛省・自衛隊前
※ JR・地下鉄市ヶ谷駅より正門まで、徒歩10分
※ JR四谷駅より正門まで、徒歩10分
※ 地下鉄都営新宿線曙橋駅より薬王寺門まで、徒歩5分

連絡用情報 住所 東京都新宿区市谷本村町5-1
電話(代表) 03-3268-3111


◆周知のように、真っ当な歴史観を公表した自衛隊幹部が、それも幕僚長が更迭された。この更迭は自衛隊という国軍に対する“死刑宣告“である。

◆村山、河野談話という亡国談話を継承すると宣言した麻生総理大臣にして当然のことであるが、心ある国民は麻生の更迭処分は絶対に認めない。

◆自衛隊員よ!田母神俊雄航空幕僚長を売国総理から守れ。国軍(自衛隊)は村山談話を継承する麻生太郎を許すな!

◆11月4日、我が国軍を国民の力で市ヶ谷駐屯地に集結する反日・左翼集団と売国奴・麻生総理大臣から守ろうではないか。

【呼び掛け】
主権回復を目指す会、せと弘幸Blog『日本よ何処へ』、NPO外国人犯罪追放運動、在日特権を許さない市民の会、外国人参政権に反対する市民の会・東京

【連絡】西村(090-2756-8794)有門(090-4439-6570)
※雨天決行、プラカードの持参歓迎
http://shukenkaifuku.board.coocan.jp/?t_id=2919


●田母神俊雄氏の論文全文掲載
http://soumoukukki.at.webry.info/200811/article_2.html

投稿: 通りすがりの草莽人 | 2008年11月 2日 (日) 19時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: しけたマッチポンプ:

« 田母神談話 | トップページ | ぞっとする朝日の暴走 »