« 朝日新聞大赤字 | トップページ | 朝日の不適切報道 »

2008年11月26日 (水)

朝日の橋下叩き

だから大赤字になるんです

橋下知事、討論会でまた教員批判 「教育には競争必要」

 大阪府の橋下徹知事や府教育委員らが直接、府民と意見を交わす府民討論会が24日、大阪市内で開かれた。テーマは「大阪の教育を考える 教育日本一をめざして」。参加者からは競争を強いることに疑問の意見も出されたが、全国学力調査の成績向上をめざす橋下知事は、子どもが将来の夢を実現するためには競争に耐える力をつけることが必要と持論を訴えた

 討論会には約1700人が参加。抽選で選ばれた府民から「競争をあおるほど学ぶ意欲が育たない」「教育は競争や比較とは違う」との意見が出た。橋下知事は「社会に出たら全部競争。競争を否定して、競争の荒波に子どもたちを放り投げて後は知らん顔する。一部の教員の無責任な態度だ」「できる子には競争してもらう。だけどできない子は絶対に救います」と理解を求めた。

 これに対し、元大阪市立中学校教諭の小河(おごう)勝・府教育委員は「荒れている子は、人との競争でなく、自分がわからないことに苦しんでいる。だから学力が必要だ」と指摘。「教育は競争のためにあるんじゃない」と知事に忠告する場面もあった。

 10月に開かれた1回目の討論会は激しいヤジが続き会場が騒然とした。2回目の今回は参加者にヤジや横断幕の持ち込みが禁止され、入場時に手荷物検査があるなど物々しい雰囲気で始まったが、大きな混乱はなかった。

2008年11月25日9時22分 朝日新聞

  一部の反対意見だけを抜きだして、橋下知事が持論を固持しているように見せかけるのは偏向報道の基礎ですね。これまで、朝日新聞が何万回も繰り返してきたことです。これは、毎日新聞にも同じです。

府民討論会:教育テーマに熱い討論 橋下知事らと府民1700人が参加 /大阪

 教育問題を巡る橋下徹知事らとの府民討論会「大阪の教育を考える」が24日、大阪市西区の大阪厚生年金会館であった。発言者に対するヤジが問題となった10月26日に次ぐ2回目で、約1700人が参加。府警西署の警察官らが警備する物々しい雰囲気のなか、参加者からは「競争は教育になじまない」「反復学習を全校で取り組むべきだ」などの意見が出た。

 公募された10人が意見を述べ、橋下知事や小河勝・府教育委員ら5人が回答する形で進行した。吹田市の男性は「教育条件を整えるのが政治の役割で、学力だけを重視すべきではない」と指摘。橋下知事は「環境整備は知事の責務だが、限られた財源で工夫するのも行政の役目。理解してほしい」と答えた。

 また、豊中市の男性は「競争は学ぶ意欲を奪う。求められるのは競争主義にどう向き合うかではないか」と主張。小河委員は賛意を表明し「反復学習により『分からない』との事実を取り除いてやることが大切で、競争という俗悪な世界は不必要と述べた。橋下知事は「学校を卒業すれば競争が待っている。競争できる子から競争を奪ってはいけない」と持論を展開した。

 府教委は前回の騒動を受け、全参加者に迷惑行為を禁ずるチラシを配布。競争を巡る議論を巡っては、会場から「人間力を否定するな」とのヤジも飛んだが、騒ぎには至らなかった。参加した大阪市港区のパート職員の女性(40)は「大阪の教育が変わるという期待感は持てた」と話していた。【平川哲也】

毎日新聞 2008年11月25日 地方版

 “競争という俗悪な世界は不必要”だなんて、こんな偏った思想丸出しの主張をする方が教育委員をやっていること事態がそもそもの間違いです。この委員が持つ身勝手な思想で未来を奪われる生徒はたまったもんじゃないですね。

 競争を否定されて育ってきた子供達が、高校3年の模試で志望校F判定が出てからでは全てが遅いのです。一体誰を恨んだらいいのか。勉強してこなかった自分自身ですか?大人が教育を放棄し、自我の確立していない生徒の自主性に任せっきりにしおいて、それで結果については自己責任とはあまりにも酷すぎます。

 “競争は学ぶ意欲を奪う”については意味不明です。結果があるからこそ努力するものなのではないでしょうか。

 “反復学習により『分からない』との事実を取り除いてやることが大切”なんて言ってるから、分かる子は私立にいったり、公立学校の授業を無視して塾に行くんですよ。そしてそれが親の経済的負担を増大させて教育格差を生み出すのではないでしょうか。その上、教員の子息は教職試験をコネで通過するなんてバカにするにも程があります。

 結局のところ、何故一部の教員がこれほどまでに競争を否定するのかといえば、彼らがその結果で教員としての能力を評価されたくないからです。口を開けば“子供達、子供達”と言いますが、結局は自分の為でしかないのです。

 学力試験の結果が一目で分かるようになれば、どの学校のどの科目のどの教員が能無しかが一目で分かるようになります。つまり、授業そっちのけでヤジを飛ばす日教組活動に熱心な教員は評価されず、教育に熱心な教員がキチンと評価されるようになるわけです。人員不足を問題にする前に、この日教組の活動に熱心な教師達に他の熱心な教師達と同じことをやらせることが重要なのではないでしょうか。

 それこそ、橋下知事が言うところの“限られた財源で工夫するのも行政の役目”というところではないんじゃないですかね。

 このことは、陰山委員がはっきりと指摘しています。

ヤジ、怒号再び… 大阪・橋下知事の教育討論会

 大阪府の橋下徹知事が教育問題について府民と意見を交わす2回目の討論会が24日、大阪厚生年金会館(大阪市西区)で開かれた。中盤までは混乱なく進行したものの、知事が「競争を否定する教員は無責任」と発言したとたん、教育関係者とみられる参加者から反論のヤジが相次ぎ、会場は一時騒然とした。

 10月26日に堺市で開かれた1回目の討論会では、知事に対し「帰れ」「教師の数を増やせ」などと罵声(ばせい)を浴びせる教員らが続出。このため府教委は今回、「ヤジに類する言動があった場合は退出」とのチラシを会場で配布するなどの策を講じた。

 この日の討論会には約1700人の府民が参加。このうち事前の抽選で決まった10人が意見や質問を述べ、これに応じる形で橋下知事や陰山英男教育委員(立命館小学校副校長)らが持論を展開した。

 「競争を強いることで子供の意欲がはぐくまれるとは思わない」との参加者の発言に対し、橋下知事は「競争を否定してはいけない」と反論。「先生から『競争はよくない』と教えられた子供たちも、高校を出たとたん競争の荒波にほうり込まれる」とし、「競争を否定できるのは絶対に倒産がない公務員だから。それが教員の無責任さだ」と述べた。

 この発言の途中から、会場は、「帰れ」といった怒号と知事を支持する拍手が渦巻く異様な雰囲気に。

 続いて設けられた希望者の意見表明のコーナーでは、2人の教員が「教師はみんな一生懸命やっている」「知事への拍手が多かったのは意外だ」と発言。これに対し陰山委員は「一生懸命やっているということを理由にするな。プロなら結果の出ないような努力をするな」と反論した。

 討論会の後、報道陣の取材に橋下知事は「ヤジを飛ばしていた人たちは前回と同じ顔ぶれだった。前に比べて勢いがなかったのは、自分たちの主張が府民に受け入れられていないと(会場の雰囲気から)感じたためではないか」と話した。

2008.11.24 21:05 産経新聞

 なんていうんですかね、“「教師はみんな一生懸命やっている」”と言いますが、別に橋下知事は彼らの努力を否定している訳ではなく、その結果を公表したいという考えに抵抗する理由とはなりえません。

 結局、彼らは公務員という地位に甘えてるだけです。“「一生懸命やっているということを理由にするな。プロなら結果の出ないような努力をするな」”という陰山委員の一言に尽きます。

 プロならば横断幕を作ったり、野次を飛ばすのではなく、キチンと結果を出すべきだ。先ずは結果を出してからその問題点について協議するべきだと思いませんか?今のままでは誰も責任を取らないまま、(大阪の)子供達の将来の夢が消えていくだけです。

プロなら結果を出すべきだと思う方はクリック!

|

« 朝日新聞大赤字 | トップページ | 朝日の不適切報道 »

サヨクマスコミ」カテゴリの記事

コメント

橋下さんは大阪にとって久々のヒットかもしれない、と多くの府民は思っております。
それにしてもマスコミはダメですね。
今はネットという便利なツールがあるから、それに対して危機感が強いのでしょうか。朝日・毎日のなりふりかまわぬ偏向ぶりは痛々しいかぎり。というかこれは彼らのバックにいる組織・国の焦りなのでしょーか。

投稿: 大阪府民 | 2008年11月26日 (水) 02時10分

橋下知事がここまで「熱い男」とは知らなかった。大阪府民はすごく良い「選択」をしたんだね。「大阪民国」なんていう「侮称」の返上は目前だ。(2ちゃん風に)大阪はじまった!

投稿: 原チャリ | 2008年11月26日 (水) 08時56分

人間社会にとって競争を失ったら進化発展はしない。
それはすべて歴史が証明しています。
競争を否定することはまさに言語道断。
人間にはハードルを乗り越える努力とがんばろうとする意欲が無くてはいけません。
競争なき社会は社会主義が崩壊したことでもわかることです。

投稿: ポチ | 2008年11月27日 (木) 18時24分

事態ではなく自体だと思います。
主旨には賛同します。

投稿: | 2008年11月30日 (日) 21時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 朝日の橋下叩き:

» You Tubeの動画で学ぶ漢字の読み書き [You Tubeの動画で学ぶ漢字の読み書きブログ]
小学生・中学生の国語・漢字の学習に役立つYou Tubeの動画を紹介します。 児童の国語力アップや漢字検定(漢検)挑戦に役立ててくださいね。 楽しみながらやる気にさせる、視覚を使っての漢字学習 音読み、訓読み、部首、画数を目で学び勉強しましょう。ご迷惑でしたらお手数ですが削除をお願いします。... [続きを読む]

受信: 2008年11月26日 (水) 13時40分

« 朝日新聞大赤字 | トップページ | 朝日の不適切報道 »