« こんなことしてる場合では…。 | トップページ | そっくりそのまま… »

2008年10月28日 (火)

またネガキャンか!

もういい加減うんざりですね。

首相、カップめんは「400円ぐらい?」 委員会で答弁

 カップラーメンが1個400円?麻生首相の28日の参院外交防衛委員会での答弁が、出席議員らの苦笑を誘った。連夜のようなホテルのバー通いに批判も出ている首相。庶民の金銭感覚とのギャップを感じさせた。

 食品高騰問題を取り上げた牧山弘恵氏(民主)がカップラーメンの値段を質問したのに対し、首相は「最初に日清(食品)が出した時、えらい安いなーと思ったが、あの時何十円か。いま400円くらいします?」と答弁。

 牧山氏によれば、相次ぐ値上げがあったとはいえ、現在の価格は約170円。答弁への議員らの反応で首相もズレに気がついたようで、「そんなにしない? 私、最近自分で買ったことないので」と釈明した。

2008年10月28日20時13分 朝日新聞

 なにが“連夜のようなホテルのバー通いに批判も出ている”だ。マッチポンプもいい加減にしろ。

 この100年に一度の金融危機に庶民感覚なんぞクソの役にも立たちません。この場に及んでも反権力、足を引っ張ることしか考えない新聞は本当に要らない。

 こんなくだらない記事書く暇があったら、とっとと廃業しろ。

とっとと廃業しろと思う方はクリック!

|

« こんなことしてる場合では…。 | トップページ | そっくりそのまま… »

国内政治」カテゴリの記事

コメント

答弁のテクニックにもよると思いますが、しがない庶民の一人であるわたしでさえ、現役時代はもちろん後期高齢者になった現在でも、食料品はもちろん、日用品でさえスーパーで買い物したことはありません。家内が留守の時、メモを片手に仰せつかった通りの買い物をすることはありますが、置いてある筈の場所で見つからず、あとでこんこんと説諭されます。

まして24時間国政の舵取りをしなければならない総理であればカップラーメンがスーパーでいくらかと聞かれても、答えられなくてあたりまえです。質問した議員もそんなことを暴きたくて質問したのではないでしょう。

レベルの低い赤新聞、イエローペーパーと言った方が通りがいいかも分かりませんが、ならいざ知らず我が国のインテリジェントペーパーを自任る新聞のすることではありません。

もっとも、麻生首相も「申し訳ないけど、自分で買い物をしたことがないので」ぐらいですませればよかったのですが。

投稿: weirdo31 | 2008年10月29日 (水) 09時17分

新聞記者でも自分で買い物せずに家事は奥さんに任せきりの方はたくさんいるでしょう。こんなことをニュースにする時点で記者の方々の問題意識の低さが露呈してますね。本当に恥ずかしい。民主党では小沢さんが豆腐の値段を知ってるとわざわざ言ってましたが、そんなことは政治家としてのセールスポイント(?)にもなりません。

投稿: チャチャ | 2008年10月29日 (水) 10時42分

カップ麺なら、コンビニ行けば、400円近いものもあるから「麻生総理」はほぼ正解。約170円?カップ麺も「ピンキリ」があることも知らないの?公職選挙法違反容疑者牧山弘恵氏(民主)は。

投稿: 原チャリ | 2008年10月29日 (水) 12時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: またネガキャンか!:

» 産經新聞に新しい「民主党」企画のお願い [m@sonson_2]
北海道のバカ女記者の尻馬に乗って「ホテルバー」を「麻生批判ネタ」にして来た産經新聞でしたが、余り世論受けもせず、寧ろ読者等から「侮蔑」されるに及んで、軌道修正したようです。 前回は客員編集委員 花岡信昭氏を引っぱり出して 「 首相がホテルのバーを利用していることがニュースになるというのでは、政治報道の「劣化」を意味するのではないかと気になる。」 とフォローして見せました。 今回の、「立ち飲み屋も」はそのフォロー第2弾のつもりでしょう。 しかしながら、もうこの様なマッチポンプはどこかの新聞(はっきり云... [続きを読む]

受信: 2008年10月30日 (木) 05時53分

» 麻生のバーの本当のコスト [文系ネットワーク屋のぼやき]
毎晩のようにバーで飲む麻生総理。「ホテルのバーは安い」そうだが、そこには本当のコストは反映されていない。総理が首相官邸にいないという危機管理リスク。いつまでも渋谷の自宅に住んでいることによる警備コスト。麻生の飲む酒は、とてつもなく高い。... [続きを読む]

受信: 2008年11月 5日 (水) 23時55分

« こんなことしてる場合では…。 | トップページ | そっくりそのまま… »