« ケンカが弱い朝日新聞 | トップページ | ひっそりと。 »

2008年10月23日 (木)

またネガキャンか。

いい加減にしろ。

「ホテルのバーは安い」 首相、「夜の会合」報道に反論

 「ホテルは安い所だと思っている」。麻生首相は22日、記者団に対し、連夜のように高級料理店やバーに繰り出していることへの批判に反論した。「高級料亭に毎晩(通っている)みたいな話で作り替えているけど、それは違う」と述べ、料亭に比べて安価だと強調した。

 首相が就任から21日まで、夜に通った延べ32店のうち、7割を超える23店はホテル内の飲食店やバーだった。首相は「たくさんの人と会う時に、ホテルのバーは安全で安い所だという意識が僕にはある」と説明。公式発表では、同席者は首相秘書官や官房副長官など1~2人程度が多いが、実は「隠れみの」で複数の人と密会しているともとれる発言だ。

 そのうえで「安い所に行ったとする。周りに30人からの新聞記者や警察官もいる。『営業妨害』って言われたら、何と答える?」と記者団に逆質問。「ホテルは文句言われない」と指摘し、「これまでのスタイルだったし、これからも変えるつもりは今のところない。お金も自分で払っている」と強弁した。

 ただ、ホテルのバーの飲み物代は1杯千円以上かかる場合が多く、チャージ料も考えると決して安価とは言えない。22日夜、記者団に再び問われた首相は、こう切り返した。「ホテルのバーって、そんなに高い所じゃないっていうのは、ご存じじゃないんでしょうか」

     ◇

 社民党の福島党首は22日の記者会見で、麻生首相の夜の会合について「超一流ホテルの超一流バーで懇談会をほとんど毎晩しているのに正直びっくりした。お金と体がよくもつな、というのが率直な感想。やはり庶民感覚からはものすごくかけ離れている」と批判した。

 首相がタクシー運転手に経済状況などを聞いた19日の視察にもふれて、「自分のお金で毎晩豪遊できる一方で、『給料下がりましたか』と視察するギャップがすごく大きい」と語った。

 民主党の簗瀬進参院国会対策委員長も22日の会見で「ハシゴも結構だが、ごく近しい方が一緒なのだろう。葉巻をくゆらせながらスコッチかブランデーか知らないが、そういうところで本当の庶民の心はわからないのでは。国民生活の基本的な情報からだんだん遠ざかっていくんじゃないか」と皮肉った。

2008年10月23日3時0分 朝日新聞

 まぁ、なんですかね。金持ってる人が金使わなくてそれで経済が成り立つのかと。福島瑞穂や簗瀬進は打ち合わせをデニーズでやってんですかね。

 おまけに瑞穂タンは“「自分のお金で毎晩豪遊できる一方で、『給料下がりましたか』と視察するギャップがすごく大きい」”とのたまったようですが、タクシー業界は豪遊する気前のいい人がいなければ営業が成り立たない最たる職業なわけで、瑞穂タンもこんな論法が成り立つと本気で思っているようでは、もはやバカとしか言いようがありません。

 結局、こういう雰囲気が景気を更に悪化させてるんじゃないかと。もっと金持ってるやつは遊べ。毎日外食して金を落とせ。高級ホテルや料亭にも庶民はいっぱい働いてるぜ。そして帰りはもちろんタクシーで!。

 余剰のコメを買い取れば選挙対策、首相の責任として首脳会談に参加するといえば選挙対策、日本の国益の為に外交を積極的に行えば選挙対策…。そして口を開けば首相のネガキャンと解散総選挙のミスリードばかり。

 もう政治の目的は選挙しかないのかと。それとも政策に目を向けられたら困る政党がいるのかと思っちゃいますね。

 とにかく、こんな低レベルな報道ばかり毎日見せられると、いい加減ウンザリしてきます。もっと政策や政治姿勢に目を向けた報道を行っていただきたいものですね。

 首相が庶民感覚を持つのではなく、庶民が政治感覚を持つことこそが重要ではないでしょうか。

 このままでは庶民とやらは、口をあけて待つだけの痴呆と成り果てるでしょう。

ネガキャンもいい加減にしろ!と思う方はクリック!

|

« ケンカが弱い朝日新聞 | トップページ | ひっそりと。 »

国内政治」カテゴリの記事

コメント


『椿事件』

1993年9月21日、民間放送連盟の「放送番組調査会」の会合の中で、
テレビ朝日報道局長の椿貞良が、選挙時の局の報道姿勢に関して

「小沢一郎氏のけじめをことさらに追及する必要はない。
今は自民党政権の存続を絶対に阻止して、
なんでもよいから反自民の連立政権を成立させる
手助けになるような報道をしようではないか」

との方針で局内をまとめた、という趣旨の発言を行う。

(ウィキペディア「椿事件」)

投稿: | 2008年10月23日 (木) 11時02分

確か福島って数年前の夏休み、ヨーロッパにバカンスに行ってなかったっけ?あの時も当然「弱者の味方ヅラで格差批判とか、どの口で言うか」と批判が湧き起こったが、捨ミンス共産党信者が「自分の稼いだ金をどう使おうが勝手」とか擁護してて、本当に見苦しかった。

投稿: MOCHA | 2008年10月23日 (木) 21時26分

日本の歴代総理で金銭に汚くなく真面目に執務し、庶民のゴミ箱まで確認して庶民の生活を心配する首相がいました。東條英樹です。その時、マスコミは東條を清廉・質素と褒めたように思います。マスコミに学習能力は無いのかな?不思議。金持ちのレベルでは鳩山さんには麻生首相も敵わないけど、鳩山さんは近衛文麿の雰囲気あるし・・・

投稿: 自助 | 2008年10月24日 (金) 21時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ケンカが弱い朝日新聞 | トップページ | ひっそりと。 »