« 嘘と悪口 | トップページ | またネガキャンか。 »

2008年10月21日 (火)

ケンカが弱い朝日新聞

どうかと思いますが。

「早く朝日がなくなれば…」 橋下知事が批判エスカレート

 大阪府の橋下徹知事が、3日付の朝日新聞の橋下TV発言 弁護士資格を返上しては」と題した社説を批判した問題で、橋下知事は20日、出張先の東京で報道陣の取材に応じ、「朝日が早くなくなれば世の中のためになる」などと発言。“朝日批判”をさらにエスカレートさせた。

 橋下知事は、19日の陸上自衛隊記念行事の祝辞で「人の悪口を言う朝日新聞のような大人が増えれば日本は駄目になる」と述べた真意について「命がけで頑張っている自衛隊に敬意を表さないといけない場で、その対極にいる愚かな朝日を批判するのが最適だと思った」と説明。

 テレビでの発言をもとに弁護士資格の返上を提案した社説については「朝日はからかい半分で、事実誤認もあり今すぐ廃業すべきだ」と述べた。

 さらに、全国学力テストについて、大阪府内の市町村別のデータを朝日新聞が掲載しなかったことについては「自分たちが良識だと思い上がって、何でも反権力なのが朝日。だから、僕が出そうとしたデータを出さなかった」と語るなど、批判は止まらなかった。

2008.10.20 20:09 産経新聞

 政治カテゴリーの上位ブログも、今日になって取り上げていますが、何故“今日”なのかといえば、朝日新聞の出方を観察していたからでしょう。

 今のところ、表立った反論はこれだけのようです。

「朝日は人の悪口ばかり」橋下知事、本紙社説を批判

 大阪府の橋下徹知事は19日、兵庫県伊丹市の陸上自衛隊伊丹駐屯地で開かれた「中部方面隊創隊48周年記念行事」に出席し、祝辞の中で「人の悪口ばっかり言ってるような朝日新聞のような大人が増えると日本はダメになります」と発言した。

 橋下知事はこの発言について、公務で訪れた大阪府島本町で報道陣の取材に答え、3日付の本紙社説「橋下TV発言 弁護士資格を返上しては」への反論であると説明。「僕は権力者だから批判してもらって構わない。しかし、一線を越えた批判や、からかい半分の批判には徹底して対抗しないといけない。僕にも家族はあるし事務職員を抱えている。弁護士資格を返上したら従業員はどうなるのか」などと語った。

 橋下知事は2日の広島地裁判決で、山口県光市の母子殺害事件を巡るテレビ番組での発言が被告弁護団の名誉を棄損したとして、合計800万円の損害賠償を命じられた。橋下知事は控訴している。

     ◇

 朝日新聞大阪本社広報部の話 10月3日付の当社の社説は、山口県光市の母子殺害事件を巡る橋下徹知事のタレント弁護士時代のテレビ発言について、橋下氏敗訴を言い渡した判決を論じた上で、橋下氏の責任を厳しく指摘したものです。陸上自衛隊記念行事での当社に関する発言については理解いたしかねます。

2008年10月20日3時2分 朝日新聞大阪版

 なぜか反論は地方大阪版のみ、本紙では取材内容を申し訳ない程度に載せるのみです。

橋下知事「発言は資格剥奪になる内容か」 本紙社説巡り

 大阪府の橋下徹知事は20日、「橋下TV発言 弁護士資格を返上しては」と題する3日付の本紙社説について、「社説を全部批判しているわけじゃないが、『返上しては』は、からかい半分じゃないか。今回の(山口県光市の母子殺害事件をめぐる)発言は資格剥奪(はくだつ)になるような内容なのか」と持論を述べた。

 また、橋下知事は「『返上しては』と本気で言っているんだったら、その論拠を聞きたい」と述べるとともに、「朝日みたいな新聞社は、なくなった方が世の中のためになるんじゃないか」と語った。東京都内で報道陣の質問に答えた。

2008年10月21日3時4分 朝日新聞

 どちらも、何故かカテゴリーは社会>その他・話題、更新時間はそろって午前3時です。話題の多い社会欄ですから、当然朝には見出しから消えてるわけで、探そうにも地方政治カテゴリーになければ目に付くことはないでしょう。

 まぁ、“論拠”なんてあるわけないわな。あったらとっくに反論してます。新聞の顔である社説を真っ向から批判されたわけですからね。

 朝日新聞が面食らっているのが手に取るように分ります。今まで書きたい放題書いてきても、一度も反撃されたことがなかったのでしょう。朝日新聞が、自らが書いてきた記事に対して、如何に無責任であったことが良くわかります。

 当該社説を読みましたが、途中、もっともらしいことが書いてあったとしても、“『返上しては』”については、懲戒請求に対する単なるあてつけでしかありません。

 第一、“少数派の基本的人権を保護する弁護士の使命や職責”に理解を示しながら、橋下知事に対しては“控訴しないだけでなく、弁護士の資格を返上してはどうか”では辻褄が合いません。

 この社説を書いた論説委員は、生意気な橋下知事が敗訴してよっぽど嬉しかったんでしょうね。だから、ついついこんな“社説”を書いちゃったわけで。

 もちろん、今回の社説について、これを擁護するブログも散見されます。しかしながら、大元の朝日新聞がこれでは、擁護するだけ無駄なようです。

朝日新聞はケンカが弱いと思う方はクリック!

|

« 嘘と悪口 | トップページ | またネガキャンか。 »

サヨクマスコミ」カテゴリの記事

コメント

判決をきちんと読んだことありますか?

http://wiki.livedoor.jp/keiben/d/%b9%ad%c5%e7%c3%cf%ba%db%c8%bd%b7%e8%c1%b4%ca%b8

判決では、

「刑事事件において被告人が主張を変更することはしばしばみかけられることであるし、本件でも原告らが選任される前め従前の弁護人の方針により上記主張をしなかったことも十分に考えられるから、原告らが創作したものであるかどうかについては弁護士であれば少なくとも速断を避けるべきことである。
 したがって、摘示された事実の重要部分について真実であることの証明があったとはいえないし、弁護士である被告において真実であると信じたことについて相当な理由があるとも認めることができない。」

「弁護士法1条1項に、弁護士は、基本的人権を擁護し、社会正義を実現することを使命とすると規定されていることから明らかなように、弁護士は議会制民主主義の下において、そこに反映されない少数派の基本的人権を保護すべき使命をも有しているのであって、そのような職責を全うすべき弁護士の活動が多数派に属する民衆の意向に沿わない場合がありうる。多数の者が懲戒請求をしたことをもって懲戒相当性を認めるということは、弁護士が上記のような使命・職責を果たすべきこととは相容れない。また、本件が本件刑事事件における原告らの弁護活動に対する批判をめぐる事件であることに鑑み、これを刑事手続における弁護人の役割についてみても、憲法及び刑事訴訟法等の諸規定に照らせば、被告人は有罪判決が確定するまでは無罪の推定を受け、弁護人はそのような被告人の保護者としてその基本的人権の擁護に努めなけれぱならないのであっで、その活動が違法なものではない限り、多数の者から批判されたことのみをもって当該刑事事件における弁護人の活動が制限されたり、あるいは弁護人が懲戒されることなどあってはならないことであるし、ありえないことである。
 したがって、弁護士に対する懲戒事由の存否について多数決で決することは本来許されるぺきことでなく、懲戒請求の多寡が弁護士に対する懲戒の可否を判断するに当たり影響することはない。被告の主張は上記のような弁護士の使命・職責を正解しない失当なものである。」

「本件各発言についてみると、以下のとおり、そこで摘示された懲戒事由はいずれも事実上及び法律上の根拠を欠いておりかつ被告はこのことを知っていたと判断される。」

「憲法及び刑事訴訟法等の諸規定に照らせば、被告人は有罪判決が確定するまでは無罪の推定を受け、弁護人はそのような被告人の保護者としてその基本的人権の擁護に努めなければならない。また、弁護士法1条は、1項において、弁護士は、基本的人権を擁護し、社会正義を実現することを使命とすると規定し、2項において、弁護士は、前項の使命に基づき、誠実にその職務を行い、社会秩序の維持及び法律制度の改善に努力しなければならないと規定する。さらに、弁護士職務基本規程1条は、弁護士は、その使命が基本的人権の擁護と社会正義の実現にあることを自覚し、その使命の達成に努めると規定し、46条は、弁護士は、被疑者及び被告人の防御権が保障されていることにかんがみ、その権利及び利益を擁護するため、最善の弁護活動に努めると規定する。
 以上に照らせば、弁護士は依頼者に対するいわゆる誠実義務を負い、弁護人としては被疑者・被告人のため最善の弁護活動をする使命・職責があり、被告人の主張内容が不合理で荒唐無稽なものであったとしても、被告人がその主張を維持する限り、上記使命・職責を果たすには少なくとも被告人の主張を無視したり、これに反する主張をすることはできないと判断される。もとより、個々の事案における弁護活動の当否については弁護士倫理に関わる事柄であり正解はなく、様々な意見がありうる。しかしながら、少なくとも弁護人が被告人の意向に沿った主張をする以上、それは弁護人としての使命・職責を果たしたと評価することが可能であり、それ自体が独立した違法行為を構成するような場合は格別、その主張内容が荒唐無稽であるなどということが弁護士としての品位を損なう非行に当たるなどとはとうていいうことができない。
 甲3及び13の③によれば、原告らを含む本件弁護団がした上記①に係る主張も被告人の意向に沿ったものであったと認めることができるから、これをもって弁護士としての品位を失うべき非行であるとはいえないし、弁護士法56条1項所定のその他の懲戒事由にも当たらない。また、上記のとおり刑事訴訟制度上被告人がその主張を変更することが許されないと解する余地はないから、この点においても弁護人において被告人の意思に沿った弁護活動をすることは非難を受ける筋合ではない。」

「被告はほかにもるる主張するが、いずれも全く失当であり理由がない。」

って記載されています。
橋下さんは、弁護士であるにもかかわらず、何の根拠もなく弁護団が主張を捏造したように速断し、軽率であることを認定され、「弁護士の使命・職責を正解しない」って認定され、裁判所におよそ通用しない失当な主張をしていると認定されていますよ。

テレビで視聴者に唆し、違法行為の可能性の高い行為に関与せしめたというのは、弁護士として失格ではないですか。

朝日新聞の社説は、何らおかしいものではないと思いますけどね。


投稿: nnnn | 2008年10月22日 (水) 18時09分

朝日新聞のきちんとした反論を待っていますが・・・
無理でしょうね。


投稿: tak | 2008年10月22日 (水) 23時12分

権利ばかり主張して 義務を遂行しない朝日新聞が偉そうに言うから 橋下知事が切れたんであって まともな新聞が まともに批判するなら 橋元知事も誠意をもって応えられたと、今までの行動から わたしは判断します。

投稿: tak2 | 2008年10月23日 (木) 23時06分

朝日所得隠し判明!

投稿: ローン | 2009年2月26日 (木) 18時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ケンカが弱い朝日新聞:

» 刑事コロンボ [アメリカテレビ映画・テレビドラマ ふぉーえばー]
一見愚直だが実際は抜群のカンと頭脳の持ち主であるロサンゼルス警察のコロンボ刑事が、さまざまな殺人事件を解決する推理サスペンス [続きを読む]

受信: 2008年10月22日 (水) 08時30分

» 【2ch×mixi】10月以降ダライラマ来日までのフリチベ運動【追加続き】 [帝国ブログ]
前回の最後にこう述べました。 ※更新するに辺りページ容量限界の問題から次回に続きます。 という訳で続きです。 デモや報道など情報はこちらまでお寄せください。 ≪告知≫ チベット関連総合資料室2 ≪コピペ≫ http://schiphol.2ch.net/test/read.cgi/offmatrix/1212899524/ 450 名前:エージェント・774[] 投稿日:2008/09/29(月) 10:13:56 ID:OAOOIRUt 長野市でチベット僧が44年前に建てた... [続きを読む]

受信: 2008年10月23日 (木) 01時56分

« 嘘と悪口 | トップページ | またネガキャンか。 »