« 2008年6月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年7月18日 (金)

地球規模でしか語れない

言うことがデカイ割には、やってることはセコイですね。

「地球規模の変化の時代」=政権交代の必要性強調-民主・小沢代表

 民主党の小沢一郎代表は18日夜、埼玉県志木市内で講演し、「(われわれは)地球規模でものすごい変化の時代に遭遇している。今度の総選挙で政権が代わらなければ、日本には半ば永久的に民主主義は定着しない。変化の中で右往左往する以外ないような国になってしまう」と述べ、次期衆院選で政権交代を実現する決意を重ねて示した。

(2008/07/18-21:53 時事通信

変化、変化といいながら。

郵便局長会と選挙協力で合意=民営化見直し、公約に明記へ-民主

 民主党の小沢一郎代表は16日、国民新党の綿貫民輔代表、全国郵便局長会(会員約2万人)の浦野修会長と都内で会談した。次期衆院選への対応について(1)民主党がマニフェスト(政権公約)に郵政民営化の抜本的見直しを明記する(2)その見返りに、同局長会が民主党への選挙協力を進める-ことで合意した。
 同局長会はかつて自民党の「集票マシン」と呼ばれた旧全国特定郵便局長会(全特)が5月に改称して発足。現在は国民新党を支持している。

(2008/07/16-20:31) 時事通信

 “地球規模でものすごい変化の時代”と言いながら、小沢党首のやってることといえば、その変化に取り残された者達との野合にしか過ぎません。今回も何故、“郵政民営化の抜本的見直し”をするのかという理由は置き去りのまま、ただ“民主党への選挙協力”の為だけにマニフェストに掲げる始末です。そこには政治理念など微塵も感じることは出来ません。

 まさに、民主党こそが“変化の中で右往左往する以外ないような”政党としか言いようがありませんが、この野合の整合性を取る為には、結局、“地球規模”で語るしかないのかもしれませんね。

地球規模とは大きく出たなと思う方はクリック!

| | コメント (3) | トラックバック (4)

2008年7月17日 (木)

自慰の会

名前変えたほうがいいよ。

「リベラルの会」が安全保障で政策提言

 民主党の中堅・若手議員による政策勉強会「リベラルの会」(代表世話人・平岡秀夫衆院議員ら)が16日、政策提言「『思いやりの国・日本』を目指して」を発表した。代表選に立候補する小沢代表らに示して賛同を求める。

 提言は安全保障をめぐり、自衛隊とは別に「国際協力隊」を新設し、自衛隊に代わって海外での平和維持活動にあたる▽集団的自衛権の不行使原則を盛り込んだ「平和基本法」を制定する▽普天間基地の閉鎖と海外への移転を目指す――とした。医療保険制度の一元化や、消費税の逆進性対策としての「戻し税」導入の検討にも言及した。

 同会は04年、イラク邦人人質事件で自衛隊の撤退を求めた議員らを中心に発足。憲法9条堅持や集団的自衛権の行使反対を主張している。

2008年7月16日19時55分 朝日新聞

 “自衛隊の弱体化”と“自衛権の放棄”、“米軍基地の排除”ですか・・・。

 もう、中国に侵略してくれと言わんばかりですね。もはや、工作員と思われてもしょうがない政策内容ですが、こういうことが自由に発言できる日本ってある意味スゴイデスネ。

 こんな政党が政権取っちゃった時のことを考えると恐ろしい限りです。 自慰行為なら家でやってください。皆を巻き込まないでね。

自慰の会に改名すべきだと思う方はクリック!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

竹島

返せってハッキリ言うべき。

駐日大使が抗議の帰国=竹島問題「変化なしに関係修復困難」-韓国

 【ソウル15日時事】韓国の権哲賢駐日大使は15日、日本の中学校社会科の新学習指導要領解説書に日韓両国が領有権を主張している竹島(韓国名・独島)問題が明記されたことを受け、抗議の意思を示すため帰国した。権氏の帰任時期は決まっておらず、事実上の本国召還。聯合ニュースが伝えた。
 権大使は金浦空港で記者団に「日本も一定の変化なしに正常な外交関係の復元は難しいと分かっている」と述べ、日本の譲歩に期待を示した。この後、権氏は柳明桓外交通商相と会い、日本の状況や今後の対応などについて協議した。

(2008/07/15-23:00) 時事通信

 ここで韓国に一歩でも引いたら、北方領土は金輪際永久に返還されず、明日にでも尖閣諸島が中共によって武力占領されるでしょう。

 “正常な外交関係の復元”とはつまり、六者協議での拉致問題等に対する、韓国の協力を担保とした外交的圧力かと思われますが、そもそも、韓国は以前より自国の拉致被害者に対して冷淡な対応をとっており、先ほど金剛山において、北朝鮮に自国民が無残に射殺された事件についても、何ら積極的な手を打たない国に対して、これ以上何を期待することがあるのでしょうか。

 しかし、例によって親北なあの方はこのような発言を繰り返しています。

日韓外交「つまずきも」=自民・山崎氏

 自民党の山崎拓前副総裁は14日夜、中学校社会科の新学習指導要領解説書に竹島を明記し、韓国が反発している問題について、「日韓外交上の大きなつまずきになる可能性がある」と指摘した。その上で「注意深く、かつ精力的な外交上の努力が必要だ。韓国に対する説明義務がある」と述べ、韓国側への十分な説明を政府に求めた。都内で記者団の質問に答えた。

(2008/07/14-22:43) 時事通信

 竹島は日本領であることは歴史的にも国際的に認められた純然たる事実であり、日本はこの件について、一歩たりとも譲歩するいわれはありません。それを両国間の友好を損ねるからといって、韓国の干渉によって事実を歪曲し、それを基本指導要綱として今後10年間の青少年を育成する為の基本とする国など、もはや独立国とはいえないのではないでしょうか。何故そこまで譲歩する必要があるのか?山崎拓は本当に日本の政治家なのか?

 何が“韓国に対する説明義務”だ。それを韓国軍によって40数名が無残にも殺され、数千人が拉致され、その後も良好な魚場を奪われた上に、残された僅かな魚場すらも韓国漁船に荒され続けている島根県の漁民の前で言ってみろ。

 “行動は雄弁だ”です。もはや、この土人を黙らす為には、9条を改正し、日本は自国領を守るためには武力奪還も辞さずという姿勢を見せるしかないのかもしれません。

 年間数兆円の予算によって創り上げ、且つ日々の訓練によって培われた“抑止力”を正しく使うことこそが“外交上の努力”というものじゃないんですかね。

抑止力を正しく使うべきだと思う方はクリック!

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2008年7月 8日 (火)

山形県第3区のみなさま

どうかこいつを落選させてください。

拉致被害者「戻すべきだった」=日朝交渉停滞の原因-自民・加藤氏

 自民党の加藤紘一元幹事長は7日夜、日本BS放送の番組に出演し、2002年に北朝鮮から一時帰国した曽我ひとみさんら拉致被害者5人に関し、同国に戻さないとした当時の政府決定について「国家と国家の約束だから、(戻した方が)よかった。安倍(晋三前首相)さんを中心に返すべきでないとなったが、その辺が今、日朝の間で打開できない理由だと思う」と述べ、官房副長官として永住帰国への方針転換を主導した安倍氏の対応に問題があったとの認識を示した。
 加藤氏は「(戻していれば現状のようには)ならなかった。『また来てください』と何度も何度も(両国間を)交流していた。一回返すと平壌は殺してしまうんじゃないかと(言われたが)、そこが(安倍氏らとの)外交感覚の差だ。そんなことができるはずがない」と述べた。

(2008/07/07-22:59) 時事通信

 日本の基本的な外交方針として、朝鮮半島を支配する正当な国家は大韓民国しか認めていません。つまり、北朝鮮は朝鮮半島北部を不法に占拠しているテロリストに過ぎない。

 よって、北朝鮮という国籍は日本に存在せず、今現在、一般的に北朝鮮人とされている人たちは、大韓民国が成立後も国籍を変更していない旧朝鮮人に過ぎません。

 加藤氏は安部氏が拉致被害者を北朝鮮に送り返さなかったことについて、これを“外交感覚の差”だと評していますが、日本の基本的外交方針すら理解できず、北朝鮮との約束を“国家と国家の約束”と表現する加藤紘一に“外交感覚”などというものが存在するとは到底思えません。

 これを本気で言ってるとすれば、ただの馬鹿です。しかしながら、加藤氏は馬鹿ではないので、こういった事情を分かった上で馬鹿な国民とやらを騙す為に発言しているのでしょう。

 もう、この方には何を言っても無駄です。ならば日本の選挙制度に則り、来るべき総選挙において、この売国奴を落選させることをお願いいたします。

 山形県第3選挙区の方々の良識に期待します。

加藤氏は北朝鮮へ帰れと思う方はクリック!

| | コメント (5) | トラックバック (2)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年10月 »