« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月22日 (日)

つまりはこういうこと。

なんですよね。

人権擁護法案、今国会提出先送り 新素案も不発 自民

 自民党の人権問題等調査会(太田誠一会長)は20日、人権侵害に救済制度を導入する人権擁護法案をめぐり意見集約を図ったが、結論が出なかった。同党は政府を通じた今国会への法案提出はせず、秋の臨時国会に議論を先送りした。ただ党内の意見は割れており、見通しは立たない。

 調査会幹部は反対派にも配慮し、人権侵害の定義を限定するなど新たな素案をまとめた。20日の調査会には推進派の重鎮である古賀誠選対委員長も出席。だが中堅・若手議員から「現在ある個別法で対応すべきで、新たな法案は不要」と反対が絶えなかった。幹部の一人は「反対派の大半は選挙が危ない若手議員だ。政府による法案化は、次の衆院選が終わってからでもいいだろう」と話している。

2008年6月21日9時57分 朝日新聞

 じゃぁ、選挙が危ない若手議員がいなくなったら誰と協力してこの法案を提出するかといえば、当然、こいつらしかいない訳で。

郵政見直し、衆院選公約に=民主・菅氏

 民主党の菅直人代表代行は18日午前、札幌市で開かれた日本郵政グループ労働組合(JP労組)の全国大会であいさつし、次期衆院選のマニフェスト(政権公約)に関して「そろそろ作成に入らないといけない。郵政の見直しについてもJP労組の意見、国民新党との協議をしっかり踏まえて取り組んでいきたい」と述べた。

2008/06/18-12:46 時事通信

 孤軍奮闘するも風前の灯火なのか。

安倍、山崎氏の泥仕合続く=対北外交で対立

 対北朝鮮外交をめぐり、「圧力」を重視する自民党の安倍晋三前首相と、「対話」を求める山崎拓前副総裁の間で非難の応酬が続いている。山崎氏は21日、地元・福岡市内での講演で「朝鮮半島の非核化がいま一歩でできるところまできている。そこが自民党の政治家で分かっていない(人がいる)。拉致問題を完全解決しない限り、あとはどうでもいいという感覚があり過ぎる」と、安倍氏の姿勢を暗に批判した。
 両氏の口論は、山崎氏ら超党派議員が訪朝を検討していることに対し、安倍氏が12日、「百害あって一利なし」と批判したことが発端。山崎氏が「幼稚な考えだ」と反撃すると、安倍氏は「『百害あって利権あり』と言いたい」と追い打ち。これに怒った山崎氏が発言の取り消しと謝罪を求めたが、安倍氏は拒否した。
 伊吹文明幹事長は2人に自制を求めているが、山崎派の所属議員が「安倍氏を名誉棄損で告発すべきだ」と反発するなど、波紋は広がるばかり。有力議員の「泥仕合」に党内でも顔をしかめる向きが多い。

2008/06/21-18:51 時事通信

 つまりは山崎氏が、“朝鮮半島の非核化(権益確保)の為には、拉致被害者がジャマ”だと言った事が発端となっているわけなんですが、これに反論する安倍氏に対して“伊吹文明幹事長は2人に自制を求めている”とは何事なのでしょうか。

 自民党執行部はこの問題に対して、山崎氏の除名で応じるべきだ。こんなヤツを当選させる選挙民も恥を知るべき。

 前回の参院選の自民惨敗とは、つまりはこういうことなのです。

日本は国家存続の危機にあると思う方はクリック!

| | コメント (3) | トラックバック (8)

“公僕”という死語

本当にどうしようもない人たちですね。

橋下知事、労組と徹夜バトル 怒号も 人件費削減案巡り

 大阪府の総額345億円の人件費削減案をめぐり、橋下徹知事は20日夜から21日午前にかけての約12時間、府労働組合連合会(府労連、約1万8千人)と府関連労働組合連合会(府労組連、約2万1千人)との団体交渉に臨んだ。交渉は決裂し、人件費を含む財政再建の議論は7月臨時議会に移ることになった。

 交渉決裂は府労連は1950年、府労組連は89年の結成以来初めて。ただ、地方公務員法上、労組側はストライキなどの手法はとれず、府は議会に人件費を削減する条例改正案を提案する。府では通常、総務部長が最終交渉にあたり、知事が正面に出るのは極めて異例という。府労連とは20日午後10時から21日午前5時すぎまで約7時間、府労組連とは同6時半から同10時半まで約4時間に及んだ。

 橋下知事の人件費削減案は一般職の基本給4~16%カット、都道府県で初めての退職手当の5%カットなどが柱。団交で労組側は「生活を破壊する案だ」として削減案の撤回を要求。橋下知事は「いまの財政状況ではやむを得ない」と理解を求めた。

 橋下知事は団交後、「職員の生活に重大な影響を与える決定なので、これぐらいの時間で決めてしまうことに納得できない声もあると思う。議会での議論で最終判断を下したい」と語った。

◆「ふざけるな!」

 「財源もないのに給料をくれくれと言われても困る」「私たちの首よりイルミネーションの方が大事なのか」

 20日から徹夜で続いた橋下知事と職員労組の団体交渉は時折、怒号が飛び交う激しいやりとりになった。

 府労連との交渉は20日午後10時から府庁の会議室で始まった。新居晴幸委員長が「職員にも家族がいる。生活がある」と人件費削減案の撤回を迫ると、橋下知事は「府財政を立て直すためには避けて通れない」と反論。空調が切れ、蒸し風呂のような会議室で交渉が続いた。

 府労連は給与明細を示して組合員の生活実態を訴えたが、橋下知事は「財源がない。どこを削ったらいいんですか」と逆質問。平行線の議論に「ふざけるな!」とのヤジが飛ぶと、橋下知事が「『ふざけんな』という言い方、いいんですか。これが世間の労使交渉なのか」と憤る一幕もあった。午前4時を回り、人事室長が「時間も時間ですし」と水を向けても、新居委員長は「帰りません」とはねつけ、議論を続けた。

 新居委員長は団交の最後に立ち上がり、「7時間、誠実に対応されたことを感謝したい」と橋下知事に謝意を表明しつつ、「府労連の歴史の中で初めて交渉が決裂したと表明せざるを得ない」と無念さをにじませた。

◆「世間を知って」

 一方、府労組連は午前6時半前から団交に入った。

 教務事務補助員など約350人の廃止問題に批判が集中。業を煮やした女性が御堂筋のライトアップを目指す橋下知事に「イルミネーションより、私たち350人の首の方が下ってことですね」と詰め寄ると、橋下知事は「私の責任でそう判断しました」と発言、怒号が渦巻いた。

 橋下知事が「民間では破綻(はたん)すれば路頭に迷う。世間を知ってください」と迫ると、組合側も「破綻していないのに路頭に迷わせようとしている」と切り返し、「民間なら理不尽な提案があればストライキできるが、我々はお願いするしかない」と訴えた。

 一連の団交で橋下知事は「私は選挙の洗礼を受けている。世論調査でも削減案は支持されている」と強調。組合側の反論に「それなら、そういう代表者を選んだらいい」と言い放ち、紛糾することもしばしば。橋下知事は午前9時からの民主党国会議員への予算要望をキャンセルし、最後まで団交を続けた。(稲垣大志郎、斎藤利江子)

2008年6月21日15時12分 朝日新聞

 いっそ破綻して財政再建団体としてやり直せばいいのに。

嫌なら辞めろ。このクレクレ亡者どもがと思う方はクリック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月20日 (金)

また朝日か。

懲りない新聞ですね。

朝日「死に神」報道に法相激怒 「死刑執行された方に対する侮辱」

 今月17日に宮崎勤死刑囚(45)ら3人の死刑執行を指示した鳩山邦夫法相を、朝日新聞が18日付夕刊で「死に神」と報道したことについて、鳩山法相は20日の閣議後会見で、「(死刑囚は)犯した犯罪、法の規定によって執行された。死に神に連れていかれたというのは違うと思う。(記事は)執行された方に対する侮辱だと思う」と強く抗議した。

 「死に神」と鳩山法相を表現したのは、18日付朝日新聞夕刊のコラム「素粒子」。約3年の中断を経て死刑執行が再開された平成5年以降の法相の中で、鳩山法相が最も多い13人の死刑執行を行ったことに触れ、「2カ月間隔でゴーサイン出して新記録達成。またの名、死に神」とした。

 会見で、鳩山法相は「私を死に神と表現することがどれだけ悪影響を与えるか。そういう軽率な文章を平気で載せる態度自身が世の中を悪くしていると思う」と朝日新聞の報道姿勢を批判した。

2008.6.20 11:08 産経新聞

 まったくもって鳩山法相のおっしゃる通りなんですが、批判するなら現行の法体制を批判すればいいのに、こうやって個人攻撃することによって自分の主張を強引に認めさせようとするようなやり方は、卑怯としかいいようがありません。

 朝日の“「2カ月間隔でゴーサイン出して新記録達成。またの名、死に神」”のような表現は、まさに言葉の暴力に等しいものです。

 こういった方たちは、皆、同じ思考回路を持っているように思えます。

グリンピース2人を逮捕=窃盗・建造物侵入容疑-鯨肉無断持ち去り・青森県警

 環境保護団体「グリーンピース・ジャパン」メンバーが調査捕鯨船乗組員の横領を裏付ける証拠として、青森市内の配送所から鯨肉を無断で持ち去った事件で、青森県警などは20日、窃盗と建造物侵入容疑で、同団体の海洋生態系問題担当部長佐藤潤一容疑者(31)=東京都八王子市みなみ野=ら2人を逮捕し、新宿区の事務所や幹部宅など5カ所を家宅捜索した。
 グリーンピースは先月、乗組員12人を業務上横領容疑で東京地検に告発し、鯨肉も証拠として提出。記者会見では持ち去ったことを認める一方、「横領の証拠であり、窃盗罪は成立しない」と主張していた。
 ほかに逮捕されたのは、海洋担当スタッフ鈴木徹容疑者(41)=横浜市金沢区野島町=。
 県警などは、ほかに数人が関与したとみてさらに調べる。
 調べによると、佐藤容疑者らは4月16日午前8時40分ごろから午後2時半ごろまでの間、他のメンバーらと共謀し、「西濃運輸」青森支店の配送所に侵入。塩漬け鯨肉23.5キロが入った段ボール1箱を盗んだ疑い。
 盗まれたのは、調査捕鯨船「日新丸」に乗船していた「共同船舶」社員が、帰港後の同15日に東京から北海道の自宅にあてて送った荷物だった。

2008/06/20-10:59 時事通信

 グリンピースも自分達を正義と信じて疑わない人たちの集まりですが、この目的に対して手段を選ばないあたり、朝日新聞と非常に似通ったところがあるように思えますね。

 きっと、このまま穀物高騰が続いて食糧不足が深刻化すれば、米国あたりが真先に捕鯨再開するんだろうなと思います。そして、こういった方々が、真先に自分達を正当化するんでしょうね。

 とりあえず、どちらもこの世から消えてなくなればいいと思います。

どちらも消えてなくなれ!と思う方はクリック!

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2008年6月18日 (水)

なにかおかしくないか?

死んだら負けらしい。

「執行増は異常」「抑止力ない」=法相あてに抗議書-死刑廃止議連

 宮崎勤死刑囚(45)ら3人に対する刑の執行に抗議し、国会議員でつくる「死刑廃止を推進する議員連盟」(亀井静香会長)は17日、法務省を訪れ、死刑制度の見直しを求める鳩山邦夫法相あての申し入れ書を提出した。
 衆議院議員会館で記者会見した亀井会長は「新たに3人の命が国家権力に消された。何か国民の幸せにつながっていくものが生まれたのか」と批判。凶悪事件は減っていないとして、「(死刑制度による)抑止力がないのは明白」と主張した。
 保坂展人事務局長も「執行数が増えているのは、国際社会では異常。国連で人権を主張する資格はない」と怒りをあらわにした。

2008/06/17-17:13 時事通信

 なんでしょうかね。“「(死刑制度による)抑止力がないのは明白」”などという主張は、被害者の人権を無視したに等しい発言ですよね。

 “抑止力”の為に死刑制度があるのですか?違うでしょう。宮崎勤が殺した4人の幼女に対して、罪を償うには死刑しかないではないか。

 このような主張は、被害者の人権無視も甚だしいものです。これでは死んだら負けです。人殺しをやればやるほど、死ぬまでの生が保証される社会なんて根本から間違ってる。現に、宮崎勤の発言からは、幼い4人の将来を奪ったことに対する反省の言葉など一言もない。

手記で「絞首刑は残虐」=薬使用を訴え-宮崎死刑囚

 宮崎勤死刑囚は確定後の2006年6月、月刊誌に手記を発表。絞首刑の残虐性を唱え、「薬使用死刑執行の方法にしなければいけないのである」と主張していた。
 手記は母親らを通じて月刊「創」に送った同年5月2日付と16日付の手紙で、同年7月号に掲載された。宮崎死刑囚はその中で、「死刑制度と無期刑制度はともに残虐な刑罰なのであるのだ」と主張した。
 絞首刑については、「踏み板(床板)がはずれて下に落下している最中は、恐怖のどんぞこにおとしいれされるのである(人権の軽視になってしまいます)」と記載。「死刑確定囚は、職員から『きょう、あなたの刑(死刑)が執行されますよ』と告げられてから、恐怖を抱く、という残虐なめにあわせられるのである」と続けた。

2008/06/17-12:37 時事通信

 残された遺族が、この手記を読み、先日、刑が執行されたことによって、多少なりとも心が安らぐことを祈ります。

 しかしあれですね、死刑廃止論者と相対する為には、凶悪犯の死刑を黙々と執行することが一番ですね。このようになりふり構わず死刑囚の擁護をすればするほど、世論は死刑廃止論から剥離していくことでしょう。

 鳩山法相には、このような圧力に負けず、どんどん刑を執行されることを望みます。

死刑は抑止力ではないと思う方はクリック!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »