« 他にやることがあるだろう | トップページ | 拝金主義者の国 »

2008年5月 9日 (金)

9条至上主義者の思考停止

多分、世論誘導なんだろうな。大学教授がこんなこと本気で信じてるはずないから。

「9条改正したら貿易不安」 関学大教授・村尾信尚さん

 改憲論議の核心、憲法9条は、この国に何をもたらしてきたのか。仮に捨てるとすれば、その後に何が待っているのか。関西学院大学教授でニュースキャスターの村尾信尚さん(52)に聞いた―。

 日本がいかにこれからの時代を乗り切っていくか。僕は経済官庁出身の人間として、そんな目で見がちなんですが、日本を取り巻く国際情勢は地殻変動が起きている。今の憲法9条改正論議には、そういった視点が欠けていると思うんですね。

 例えば、日本の貿易総額に占める対米シェア、対中シェアの推移をみてみる。88年には対米29.1%、対中4.3%だったのが、07年には対米が16.1%に落ち、対中は17.7%までに伸びた。いまや日本の最大の貿易相手国は中国なんですよ。

 さらに韓国や台湾、アセアン諸国を含めると、かつて日本が侵略した国々との貿易額の割合は4割を超えている。仮に自衛隊が海外で武力行使できるように9条を改正した場合、これらの国々との円滑な貿易や経済関係が保てるか非常に不安ですね。もし経済制裁をされたら、日本は多分立ちゆかないと思うんです。

 これからの日本は人口が減少し、世界に例をみない高齢化社会になる。しかも世界最悪の財政赤字を抱えている。こうした問題は日本一国だけで解決できません。アメリカだけでなくアジア諸国とも平和で良好な関係を築かない限り、日本の未来はない、というのが僕の思いなんですよ。

 9条をなくしてしまうと、アメリカの方に大きく軸足を移さざるをえない。それは日本の独立を保つというよりは、アメリカの世界戦略のなかに組み込まれていくことになると思います。対米一辺倒でなく、名実共に等距離外交をしなければなりません。

 05年度の資料をみると、日本の防衛予算はドイツより多く、列強のなかに入るぐらいの額なんです。今の9条のもとでも、これぐらいの防衛力は持てる。それに、国を守るには、軍備よりも、政府の途上国援助(ODA)にもっと力を注ぎ、情報収集力を強化すべきです。かつて世界一だったODAの額は06年の実績で3位に落ちました。外交官の数は米英独仏やカナダより少ないんです。

 どんなに拡大解釈しても、自衛隊は海外で武力行使はできない。それはやっぱり戦争の一歩なんです。なのに、最近の議論を聞いていると、戦争を知ったうえで威勢のいいことを言っているのかな、と思うことがあります。9条を論じる前に本当の戦争の怖さを高齢者から聞き、想像力を働かせて十分議論をしないと非常に危険ですよ。(聞き手・中村尚徳)

2008年05月05日11時31分 朝日新聞

 なんていうかですね。9条至上主義者って、頭湧いているとしか言いようがないですね。

 どうして、“07年には対米が16.1%に落ち、対中は17.7%”“韓国や台湾、アセアン諸国を含めると、かつて日本が侵略した国々との貿易額の割合は4割”で、“もし経済制裁をされたら、日本は多分立ちゆかない”になるんですかね。

 特亜が反日、反日と基地外のように騒いでも、結局、日本を切り捨てられないのは、日本の確かな技術力によって生産された中間財や資材がなければ、国際市場で勝負できるものが何も生産出来ないからです。

 奴らのやってることはただの“三角貿易”だ。更に中国にいたっては共産主義であることをいいことに、国民の大多数を劣悪な労働条件で奴隷のようにこき使い、その上前をはねているヤクザ国家に過ぎない。

 そんな特亜がたかが“9条改正”如きで、“経済制裁”などという馬鹿なことをするわけがない。ってか第一、世界中のどの国にも認められている権利を日本が行使出来るようにしたところで、どうして“経済制裁”されなければならないのか。この記事をどう読んでもこの論理の飛躍に対する過程の説明がまったくない。

 これではもう頭湧いているとしかいいようがありません。何が何でも先ず“護憲ありき”。これはもう宗教としか言いようがない。

 この方の言う“平和で良好な関係”なんてものは、ほんのちょっぴり必要な資源が切迫しただけで簡単に崩れ去るものです。そのことは、東シナ海の油田問題が証明しています。

 将来的に日本の貿易の障害となるものは、“資源の安定的確保”が出来るかどうかに尽きます。この全世界的な資源獲得競争下において、中国のようなルール無用のヤクザ国家と相対したとき、結局、頼りになるのは“平和で良好な関係”や“9条”などではなく、日本の権利を主張できるだけの確かな力と覚悟しかありません。

 戦争を防ぐ“抑止力”とは、簡単に言えば、“手を出したらブッコロス”という無言の脅しです。そしてそれは、本当に“ブッコロス”力がないと効果がありません。国際社会において、日本の国内法にしかすぎない“9条”なんて何の役にも立ちませんよ。

 “等距離外交”をしたいのなら、米国とEUと日本でやればいいんです。特亜はあくまでも未開の野蛮国で仮想敵国と認識した方が良い。

改正しない方が不安だと思う方はクリック!

|

« 他にやることがあるだろう | トップページ | 拝金主義者の国 »

国内政治」カテゴリの記事

コメント

ニュースキャスターの村尾信尚さん、

定職無くしたくなくて日よってるか、守旧派経済官僚の手先となって電波放出してるかでしょ。

経済官僚を何時辞めたか知りませんが、対中、韓の貿易収支の中身くらい今時だれでも知ってますよ。

また日本は最高の債権国ですが強い軍隊が背景にないと貸したお金は回収どころか踏み倒されます!
持たざる人の羨望が憎悪に代わるのに時間はかかりません、増して資源争奪戦争が勃発してるというのに・・寝言は日テレ親分の読売・渡辺爺の前でだけにして欲しい。

投稿: heiwa | 2008年5月 9日 (金) 18時21分

 9条世界会議なんてのが有ったそうです。サヨク系ブログは、ほぼ全部取り上げています。
 不思議な事に、何故9条が有れば侵略されないのかと言う事は、書いて無い。お玉なんか、沢山来たとかフリーマーケットがどうしたとか、関係無いことばかり。
 しかも、「9条はなぜ日本以外の国は、採用しないのですか」とか、「9条が有った時にも、竹島を侵略されていますが」、とコメント入れた人はアラシ扱いですから。普通そう考えるでしょう。もう完全に宗教です。
 不思議なのは、こんな子供でもまやかしと分かる物を、66%の日本人が支持したり、東大、大蔵省、大学教授という経歴のインテリが、「素晴らしい」と言うことです。
 何か裏が有ると思うのが、常識のある人の態度でしょう。

投稿: 八目山人 | 2008年5月 9日 (金) 23時47分

九条世界会議のことばかり書いて
コキントー来日、チベットについてなど触れてない
サヨク系ブログが多いですね。
「」人権」と普段から叫ぶのに、どういうことでしょう??九条でチベットが救えるんですか??
いや、本当にその根拠をお示し願いたいと
心からそ思うんですよ。拉致被害も
九条があっても起きたんです。
そういう点はどう思ってるんでしょうね?
コメント入れても答えてもらえないし
とにかく:どんな戦争でも戦争ってだけで
「駄目」!!ってそうれしかないし。「たとえ話」もできないし。
ほんと、一度ちゃんとそういう点、見解を示して欲しい。

投稿: 翡翠 | 2008年5月10日 (土) 16時11分

>日本の防衛予算はドイツより多く

村尾教授って馬鹿ですねぇ。必ずしも金額の多寡が、軍事力の多寡を決定するわけでもありますまい。今はともかく、前世紀の死那は防衛予算は日本を下回っていました。こちらは、核もなければ、弾道ミサイル、原子力潜水艦は言うに及ばず、大陸まで行って帰ってこれる航続力の長い戦闘機もないのに、金額の多寡だけで、単純に、軍事大国呼ばわりされる筋合はありません。(#゚Д゚)ヴォケ!

投稿: DUCE | 2008年5月10日 (土) 22時03分

9条信者=工作教育の結果。オーム信者と同じレベルでしょう。オーム信者に高学歴の人が多かったのと同様です。それに高学歴、大学の教授等が頭が良いとは限りません。それは、この村尾教授の様な人物が自ら証明して居る様なものです。こう云う「宗教的呪縛」に陥る連中は総合的思考が不得手と云う欠陥が有ります。こう云う連中は普通の思考能力を有している常識人には「思考停止」にしか見えません。

投稿: sonson | 2008年5月11日 (日) 05時06分

さようなら中華人民共和国
(日本語版)http://www.youtube.com/watch?v=SBX5tdC61e0&NR=1
(英語版)http://www.youtube.com/watch?v=g9RmRdfaRZ4

投稿: 名無し | 2008年5月13日 (火) 05時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 9条至上主義者の思考停止:

» 『闇金で人生を狂わせた人たち ~教師編~ 』 [ミカエルのブログ]
Nさんは42歳の独身男性で両親と同居していました。 彼はクレジットカードを乱用しすぎて1度自己破産していたのだがどういうお金の使い方をしていたのかわからないが慢性金欠病でありました。 しかしながら彼は「足りなければ借りる」という借金癖が抜け切れず自己破産しても融資... [続きを読む]

受信: 2008年5月 9日 (金) 12時18分

» 『ボットネットのスパマー』 [愛情を込めて。]
『『GoogleやOutlookカレンダーに会議通知を送りつけ、知らない間に予定を自動登録させるスパムが出回っているという。 2008年05月08日 11時01分 更新  ユーザーに無断でGoogleやMicrosoft Outlookのカレンダーに会議通知を送りつけ、知らない間に予定を自動登録させる手口のス... [続きを読む]

受信: 2008年5月 9日 (金) 14時04分

» 後期高齢者医療、保険料試算やり直し…対象5割に満たず [和子’s room]
厚生労働省は8日、後期高齢者医療制度(長寿医療制度)の導入により、加入者の大半が3月まで入っていた国民健康保険(国保)の保険料負担との増減の試算をやり直す方針を決めた。同日の民主党の厚生労働部門会議で明らかにした。  同省が「全国平均」として公表している試算... [続きを読む]

受信: 2008年5月 9日 (金) 17時05分

» 偽善9条教を数学的に論破する! [EmpireoftheSun太陽の帝国]
 福田首相は胡錦濤主席との日中共同声明で「チベット問題」には何一つ触れず・共同記 [続きを読む]

受信: 2008年5月 9日 (金) 22時19分

» 『制度悪用にJR困惑 弘前で切符払戻金詐取 [ミカエルのブログ]
『鉄道の切符払戻申し出制度を悪用した事件をめぐり、JR東日本が頭を悩ませている。偽造した証明印を切符に押し、払戻金をだまし取る手口だが、切符は駅員が手作業で確認するため不正行為の発見は難しいという。先を急ぐ利用客の利便性を考えると、制度を廃止するわけにもいかず... [続きを読む]

受信: 2008年5月10日 (土) 19時08分

» 『台湾で外交詐欺スキャンダル、30億円着服』 [愛情を込めて。]
『台湾が2年前、パプアニューギニアと国交樹立交渉を進める秘密資金として密使役のブローカー二人に3000万ドル(約30億円)を持ち逃げされていたことが明るみに出て、政権交代を控えた民進党政権は窮地に追い込まれた。  台湾外交部は2006年8月、国家安全会議秘書長を当時務め... [続きを読む]

受信: 2008年5月10日 (土) 19時17分

» 再開二十三回目 ビジネスマンの金言、官僚の戯言 [ネトウヨの呟き 〜気ままにつれづれ〜]
 今日は他のブログの気になったところを引用して記事にしたい。手抜きだな、などと言わずに付き合っていただけると助かります。  まず、下にあげる二つのブログを参照されたい。 こちら官僚の言葉↓ http://www.amakiblog.com/archives/2008/05/08/#000864 そしてビジネスマンのお言葉↓ http://kkmyo.blog70.fc2.com/blog-entry-250.html  一つ目は官僚。  もう一つはビジネスマンのブログだ。  この二つ... [続きを読む]

受信: 2008年5月11日 (日) 21時17分

» 『税収補填のため行政が消費者金融の過払い金「取り立て」を開始』 [【借金返済・債務整理・過払い金返還無料相談所】ひかりの会公式ブログ]
『「過払い金返還請求は依然として高止まりしたまま。それどころか今年に入ってから、検察庁からも取引履歴の開示請求が来た」と、ある大手消費者金融の関係者はため息をつく。  いまや過払い金の返還額は、大手数社合わせて月に300億円を超える。ビジネスチャンスととらえた一... [続きを読む]

受信: 2008年5月12日 (月) 14時22分

» 9条改正したら貿易不安? [憲法改正社]
関学大教授・村尾信尚による「9条改正したら貿易不安」説を紹介。今日も今日とて突っ込みどころ満載の護憲珍論花盛りである。 [続きを読む]

受信: 2008年5月13日 (火) 07時13分

» 『シーレーン - 海の生命線』 北村淳 [憲法改正社]
戦略地政学者、北村淳博士の 『海の生命線(シーレーン)〜日本に原油・天然ガスが届かなくなる日』(明成社・平成20年4月3日・企画 : 日本会議... [続きを読む]

受信: 2008年5月14日 (水) 03時34分

» The Japanese Constitution in 21th century〜21世紀の日本国憲法 [無名天地]
 日本の国際戦略、外交と安全保障を論考するにあたって不可避なのが日本国憲法の存在である。本論に入る前に先ずイギリスの戦略思想家バジル・ヘンリー・リデルハート卿の言葉を紹介したい。 「平和とは正義、自由、言論の自由、そして個人の成長や生活に不可欠な条....... [続きを読む]

受信: 2008年5月16日 (金) 01時57分

« 他にやることがあるだろう | トップページ | 拝金主義者の国 »