« 御用聞き新聞 | トップページ | 中国人は信用するな »

2008年4月10日 (木)

まだ生きてる

当然の対応ですね。

対北朝鮮制裁措置、半年間延長へ 11日に閣議決定

 政府は8日、万景峰号など北朝鮮籍船の入港禁止や北朝鮮からの輸入禁止などの対北朝鮮制裁措置について、13日の期限を前に11日の閣議で半年間延長する方針を固めた。拉致問題で具体的な進展がなく、核問題でも北朝鮮側から「完全で正確な核計画の申告」が示されていないため。

 制裁措置は06年10月に北朝鮮の核実験を受けて閣議決定された。延長は昨年10月に続いて3度目となる。

 8日の米朝協議で北朝鮮側から前向きの姿勢が示された可能性もあるが、政府は制裁緩和には「(拉致問題などで)具体的な行動が必要」(外務省幹部)との立場で、期限切れに間に合う可能性は低いとみている。

 政府は、拉致被害者が新たに一部でも帰国すれば問題の「進展」と受け止め、核やミサイルの問題での進展に応じる形での制裁解除や経済支援を検討する姿勢を示してきた。しかし、6者協議の日朝国交正常化作業部会は昨年9月の第2回会合以来開催のめどが立っていない。外務省幹部は「今の状況では(制裁解除には)国民の理解を得られない」と話す。

 自民党の拉致問題対策特命委員会(委員長・中川昭一・元党政調会長)は8日の会合で制裁継続を要求する決議をまとめた。同会最高顧問の安倍前首相「日本こそがしっかりした意思表示をする必要がある」と語った。

 一方で同党内には、行き詰まりを打開するため「政府は米朝協議や6者協議などの進展次第で、制裁緩和や解除に踏み切る用意がある姿勢を示すべきだ」(首相に近い閣僚経験者)との意見もあり、こうした立場を表明する国会決議を探る動きもある。

2008年04月09日06時16分 朝日新聞

 まだ、自民党内には辛うじて安倍前首相や中川昭一元政調会長による、対北朝鮮強硬路線が息づいているようです。

 拉致問題や核問題でまったく進展していない状況を考えれば、こういった決定は当然だと考えられますが、“首相に近い閣僚経験者”の意見のように、更に売国に走る動きもあるようです。

 今や完全に死に体でお迎えを待つばかりの福田政権ではありますが、せめて、これ以上余計なことをしないことを願うばかりです。

日本は強硬路線を貫くべきだと思う方はクリック!

|

« 御用聞き新聞 | トップページ | 中国人は信用するな »

国内政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: まだ生きてる:

» 4人の死刑執行 鳩山法相 4カ月で計10人 [和子’s room]
法務省は十日、アパート経営の女性らを殺害した元不動産ブローカー秋永香死刑囚(61)ら四人の死刑を執行したと発表した。鳩山邦夫法相の命令による執行は三度目で、四カ月間で計十人になった。これだけ短期間に執行が集中するのは極めて異例。鳩山法相は記者会見で「粛々と執行... [続きを読む]

受信: 2008年4月10日 (木) 19時52分

« 御用聞き新聞 | トップページ | 中国人は信用するな »