« 今求められているものは | トップページ | 成功させたら負け »

2008年4月24日 (木)

本村さん、お疲れ様でした。

やっとあの非情な犯人に死刑判決が出ましたね。

本村さん「判決に救われた」=月刊誌に手記-光市母子殺害

 「多くの思いが込み上げ、目をあけることも、声を発することもできなかった」。山口県光市の母子殺害事件の遺族本村洋さん(32)が事件からの「9年間の闘い」をつづった手記が、26日発売の月刊誌「WiLL」(ワック・マガジンズ)に掲載される。本村さんは、広島高裁の差し戻し控訴審判決で当時18歳の元少年(27)に死刑が言い渡された瞬間をこう記している。
 手記は400字詰め原稿用紙50枚、誌面では22ページに及ぶ。
 妻弥生さん=当時(23)=と長女夕夏ちゃん=同(11カ月)=を殺害した罪に問われた元少年の死刑判決を求め続ける中、「くじけそうになった時、必ず事件現場に足を運び、自分自身を奮い立たせてきた」という。
 元少年は差し戻し審で殺意を否定、弥生さんと夕夏ちゃんを殺した瞬間を記憶にないと述べた。本村さんは「絶望した。彼にはもう反省のしようがないことを悟った」とした。
 差し戻し審判決については「救われた」とし、元少年に「本当に罪を悔いているなら、残された生の中で、そのことを社会に発信してほしい」と呼び掛けた。

2008/04/24-19:48 時事通信

私も、差し戻し審にて裁判長が語った

被告人が罪の深刻さと向き合うことを放棄し、虚偽の弁解を弄するなどしたことにより、「特に酌量すべき事情」を見出す術もなくなったと言わざるを得ない

 という判決理由には胸がすっとする想いです。

 相変わらず弁護団はあの荒唐無稽で破廉恥な“ウソ証言”を根拠に不当判決だと主張し、“人権派”識者とやらは、“厳罰化の流れ加速”と必死で問題のすり替えを行っているようですが、そんなことであの鬼畜犯人の罪が軽くなるはずもなく、今回の死刑判決は至極当然であると言わざるを得ません。

 今一度、ウィキペディアより、事件の概要を引用します。

1999年4月14日の午後2時半頃、当時18歳の少年が山口県光市の社宅アパートに強姦目的で押し入った。排水検査を装って居間に侵入した少年は、助成を引き倒し馬乗になって強姦しようとしたが、女性の激しい抵抗を受けたため、女性を殺害した上で強姦の目的を遂げようと決意。頸部を圧迫して窒息死させた。

その後少年は女性を屍姦し、傍らで泣き止まない娘を殺意をもって床に叩きつけるなどした上、首にひもを巻きつけて窒息死させた。そして女性の遺体を押入れに、娘の遺体を天袋にそれぞれ放置し、今にあった財布を盗んで逃走した。

 そして、これに対し、弁護団が主張した内容は以下の通り。

・強姦目的じゃなく、優しくしてもらいたいという甘えの気持ちで抱きついた

・泣き止ます為に首に蝶々結びしただけ

・被告を極悪非道の殺人者に仕立て上げ、死刑にしようとしている

 そして“元少年は差し戻し審で殺意を否定、弥生さんと夕夏ちゃんを殺した瞬間を記憶にないと述べた”となれば、公判を維持するに当たって、本村さんが受けた苦痛は如何ほどのものだったかは想像も付きません。

 例によって朝日新聞は死刑の臨界点 光市母子殺害という記事において、ただ単に今回の事件を“死刑基準の拡大”として捉え、あたかも今回の判決によって死刑が増えるかのごとく報道しています。

 しかしながら、死刑の判断基準において、“犯行年齢”と“殺害数”という数値的基準によって機械的に判断し、犯行の残虐性や被害者感情を無視した判決を下すような考え方にはとても同意することは出来ません。

 未成年であれば、4人殺害すれば死刑だが、2人ならどんな殺し方をしても、ふざけた証言をしても死刑にならない。そればかりか、夕夏ちゃんが犯行時10ヶ月だったことを考慮すると、0.5人としてカウントするべきだと主張する方も中にはいらっしゃるそうです。

 そんな馬鹿なことがありますか?

 もっとも、私も死刑反対論者の考え方をまったく理解しないわけではありません。しかし、今回のようななりふり構わない無責任な反論や意図的な論理のすり替えには怒りを覚えることが多いのも事実です。

 そんなに反対したいのであれば、その責任の取り方として、被告の引受人となって一生面倒を見、再び罪を犯すようなことがあれば連座して死刑になるくらいの覚悟はしていただきたいものです。

 そこまで覚悟して死刑に反対するのであれば、おそらく被害者も納得することでしょう。

 今後も、自称“識者”によるこのような被害者感情を無視した反論は続くと思われます。そして死刑判決が下される毎に今回の判例を持ち出し、まるで殺人者のごとく本村さんを批判することでしょう。

 本村さんの戦いはこれで終りではなく、一生涯続くものと思われます。ならばせめて、その人生に幸多からん事を切に願います。

死刑は当然だと思う方はクリック!

|

« 今求められているものは | トップページ | 成功させたら負け »

国内政治」カテゴリの記事

コメント

今回の死刑判決は当然でしょう。私も、死刑廃止論は分らない訳では有りませんが、その目的の為に「被害者」のみならず、弁護の対象で有る「加害者」をも弄んでその目的を達しようとする「死刑廃止論者」は許しがたい、と同時に「死刑廃止論」をも冒涜する「人非人」行為と思います。それにしても、被害者家族に面と向かって「あんたの所為で死刑のハードルが下がって、今後死刑判決が増えるがどう思うか?」と云う様な意味の「不適切」な質問をした朝日新聞の女性記者、「赤子は直ぐ死ぬので、殺しても0.5人とカウント、1.5人殺して死刑は酷い・・」と自分のブログに書いている青学の准教授・・・・こんな人達がいたら「死刑廃止論」は多難ですね。

投稿: そんそん | 2008年4月25日 (金) 02時52分

>死刑判決が下される毎に今回の判例を持ち出し、まるで殺人者のごとく本村さんを批判することでしょう

私も そう思い辛くなります。
と 同時に、弁護団が言っていた「判例違反」という言葉と本村さんが言っていた「過去の判例にとらわれず、個別の事案をきちんと審査」という言葉に光明を見、期待します。
本村さんの言葉が世論の支持を得た時、裁判において被害者・被害者遺族の救済がされる時となると思うからです。

投稿: とん | 2008年4月25日 (金) 09時02分

 云うまでもなく日本は法治国家で、死刑制度を保持していますから「人を殺せば死刑に成る可能性が高い」事は、端から判っている事です。

 つまり、死刑になる事を承知の上で犯行を行ったワケです、殺した人の数が少ないから、少年だから、初犯だから更正の可能性があるから、と云いますが、その罪の軽減の理由は、全て「数」に拠るモノでしょう、ソレを知っていれば幾らでも事前工作できると言う事でもあります。

 死刑廃止を肯定する近代法理がどの様なモノか詳しくは知りませんが、再犯に対する処罰が厳しくなるのは、刑罰量はその罪の大きさや社会的な影響を勘案して下されて居る様です、しかし殊殺人の場合、初犯の場合でも飽く迄、本人が十分反省している事が原則である事を示しているのではないでしょうか。

 然るに、この被告は、逮捕拘留中も反省の欠片も感じさせない言動を続けて「無期懲役」を獲得した、処が、最高裁差し戻しが決まって、死刑判決の可能性が俄に濃くなると、一転認めていた殺意まで否定し、障害者を装って、精神鑑定を受けさせたり、罪を軽減させる目的で供述内容や態度を豹変させ、混乱させた。

 これらの被告の言動は、罪を償うのではなく、死刑を逃れたいダケなのが誰の目にも明らかだった。

 是では、第三者の立場で彼の言動を評した場合、犯した罪に対する反省も後悔も無く、虚言を弄して、法廷と遺族を嘲笑しているとしか、云いようが無い、正に判決文の云う処のママである。

 こういう事例で、減刑若しくは死刑以外の量刑を下した場合、社会に与える悪影響は計り知れないでしょう、若年なら4人殺さねば、初犯だから、更正の可能性があるから、心神耗弱状態だから、ヒトを殺しても死刑には成らないと思いこむ連中がどれ程居るだろうか。

 そう言う意味でも、安田弁護士以下の210人の弁護士達の過った言動の意味する処は重たい、真実を裁くべき法廷で、弁護士の合法的な「技術力」が、人の命の軽重に大きく関わって居る事を示したからです、嘘でも演技でも、法的な可能性を追求する事が、彼等の職業・商売なのだと。

投稿: | 2008年4月26日 (土) 12時49分

死姦を行う事により死者が甦るというなら、なぜ赤ん坊を死姦しなかったのか?
何故、甦るか確かめなかったのか?

どうせ死刑になっても精を注ぎ込めば甦るんだろうw
そうだな~、あの「安田弁護士」にでも精を注ぎ込んでもらってくれ
もしかするとあんたの死体を押入れの天井に突っ込んどけば「ドラえもん」が何とかしてくれるかも知れないぞ

投稿: take | 2008年4月26日 (土) 20時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本村さん、お疲れ様でした。:

» 中国の異常な軍拡が明るみに! [ネトウヨのブログ]
 米国国防総省が発表した年次報告書において、米国は昨年よりも強い憂慮を示していました。  朝雲新聞が、該当の年次報告書の要旨をまとめています。 引用元:朝雲新聞 ========================================================================= 米国防総省年次報告「中国の軍事力2008」 軍事バランス覆す急速な拡大  米国防省はさる3月3日、議会に対する年次報告書「中国の軍事力2008」を発表した。2007年の中国軍事力の変化... [続きを読む]

受信: 2008年4月29日 (火) 02時30分

« 今求められているものは | トップページ | 成功させたら負け »