« まだ生きてる | トップページ | 役に立たない首相は »

2008年4月10日 (木)

中国人は信用するな

もう、中国人は全員スパイだと思ったほうがいいですね。

20年潜伏していた中国のスパイ

 1970年代に中国政府からスパイ教育を受け、85年に米国市民権を取得した後、「平凡な」生活を送り、90年代に米国の身元照会をパス、2005年スパイ容疑で逮捕…。

 米国の軍事機密を盗み出すために20年以上も「善良な米国市民」として暮らし、数年前になって活動を開始した中国系スパイの摘発事件に、米国社会は驚きを隠せない。

 米連邦裁判所は、米海軍の軍事機密を中国に流出させていた中国系米国人チ・マク被告(67)に対し、実刑24年6カ月を言い渡した。エンジニアのチ・マク被告は、米海軍の戦艦・潜水艦・武器などに関する重要軍事機密を中国に渡した疑いで起訴されていた。

 今回の事件が注目されているのは、チ・マク被告が本格的なスパイ活動のため米国市民権を取得した1985年前後の20数年間、完全に「冬眠していた」ということだ。チ・マク被告は70年代に香港で中国政府からスパイの訓練を受けた。そして米国市民権を得た後は、ロサンゼルス郊外にある米海軍関連会社で働き、夜遅くまで残業もするという模範的な「帰化米国人」として生活していた。チ・マク被告は96年に米政府の厳しい身元照会にパスし、米海軍の最重要機密に接近することもできた。

 チ・マク被告はこの時から妻のレベッカ被告と共に米海軍の機密をコピーし、中国政府に流した。中国系スパイ組織を追跡していた米連邦捜査局(FBI)は2003年からチ・マク被告を捜査対象としてマーク、05年10月にロサンゼルス空港から出国しようとしていた同被告を逮捕した。

 この1年間に米国で摘発された中国のスパイ事件は12件。件数は増加する一方だ。米捜査当局は「チ・マク事件同様、長期間“冬眠”しながら米国の学界や核ミサイル・潜水艦推進技術・夜間透視技術・戦闘機パイロット訓練などの専門分野に入り込んだスパイによる事件も増えている」と話している。

ワシントン=李河遠(イ・ハウォン)特派員

朝鮮日報 記事入力 : 2008/04/05 12:01:51

 20年潜伏するとは気が長いとしか言いようが無いですが、そういったスパイ活動が可能なのは、中国共産党一党独裁の中国には人権が存在しないからです。

 もはや、彼らの行動は日本などの民主主義国の常識では測れません。中国人を見たら、とりあえず警戒してみることをお勧めします。

 中国共産党の崩壊を願うばかりです。

中国人は信用できないと思う方はクリック!

|

« まだ生きてる | トップページ | 役に立たない首相は »

中共」カテゴリの記事

コメント

yasukuni映画の中国人監督も20年近く日本にいるらしい。

投稿: no | 2008年4月11日 (金) 11時09分

本来の忍者もそういう生業(なりわい)ですからねぇ。

投稿: あら座 | 2008年4月16日 (水) 02時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191898/40831980

この記事へのトラックバック一覧です: 中国人は信用するな:

» 再開十回目 「靖国」監督の歯軋りが・・・・・ [ネトウヨの呟き 〜気ままにつれづれ〜]
 えー。  世情をにぎわしてる不愉快な話に、チベット独立運動への弾圧や、中国オリンピック開催などがあります。  そんな中で、面白いニュースを見つけました。 「映画『天 安 門 =その真実=』 http://TENANMON.com/gomen/jyoudan/jp なんでも、天安門広場における虐殺をドキュメンタリー映画にしよう、という企画らしいです。  記事によると、 >「事件が風化する前に、天安門で起こった出来事を形に残したいと思いました」< とのこと。  残念ながらこちらは文化庁の... [続きを読む]

受信: 2008年4月11日 (金) 02時26分

« まだ生きてる | トップページ | 役に立たない首相は »