« 中国製ならしょうがない | トップページ | 当然の帰結 »

2008年2月29日 (金)

あくまで強気な中国

誠意の欠片も感じられませんね。

中国側の批判、警察庁長官が強い不快感 ギョーザ事件

 中国製の冷凍ギョーザ中毒事件で、中国公安省が「(有機リン系農薬成分の)メタミドホスが袋の外から中にしみこんだ可能性がある」と指摘するとともに、日本側が捜査に非協力的と批判したことに対し、警察庁の吉村博人長官は28日、「看過できない部分がある。捜査に役立つだろうものはすべて提供している」と強い不快感を示した。ただ、真相解明に向けて協力関係は続けていく考えで、同庁は中国側に袋の浸透実験の結果提供を求める方針だ。

 公安省はこの日の会見で、ギョーザの製造元である天洋食品の従業員ら55人を調べたが毒物混入の疑いはなかったと説明。メタミドホスが袋の外から内に染みこむとする実験結果から、「中国内で混入した可能性は極めて低い」との見解を示した。

 これに対し、警察庁は「日本での混入の可能性は極めて低い」と判断しており、根拠となる「包装袋の外側から内側へ浸透しない」との実験結果を中国側に渡していると反論。実験の手法や条件を詳細に示し、写真や袋の断面の層構造の絵なども提供したという。

 同庁はさらに、兵庫県の一家が中毒を起こしたギョーザのトレーから検出されたメタミドホスと不純物の分析結果も中国側に渡したという。

 中国側から不満が示された物証の扱いについては、中国側の捜査が進展した段階で、立証のために不可欠とするならば提供する考えを示した。

 一方、同庁としては、メタミドホスが使われた河北省の殺人や傷害の3事件での成分分析結果や、天洋食品工場内の映像の提供を再三にわたり求めたが、現時点では提供されていないと中国側の対応に不満を示した。

2008年02月28日21時05分 朝日新聞

 徹底的に捜査に非協力な中国側ですが、国内では報道規制も辞さない構えのようです。

メタミドホス購入で、共同通信記者を一時拘束 中国

 中国製冷凍ギョーザ中毒事件で、製造元の天洋食品がある中国河北省で取材していた共同通信社中国総局の記者が今月15日、有機リン系農薬成分のメタミドホスを購入、所持していたとして河北省当局に拘束されていたことがわかった。28日に記者会見した中国国家品質監督検査検疫総局の魏伝忠副総局長が「日本の記者」の違法行為があったと言及した。

 共同通信社によると、この記者は河北省から北京に戻る途中に検問で止められ、車の後部座席に記者が購入したメタミドホスの瓶があったため、約3時間拘束されて事情を聴かれた。

 同社の伊藤修一編集局長は「河北省の工場周辺でメタミドホスが入手可能かどうか検証するために購入したと聞いている。取材上の行為が中国の法律に反したことは遺憾だ」としている。

2008年02月28日20時55分 朝日新聞

 工場周辺で簡単に購入できるメタミドホスを持っていただけで逮捕するなんて、中国は紀元前からまったく変わってませんね。中国共産党一党独裁、4000年来人治主義の中国では法律なんて統治者が都合よく解釈する為にあることを証明しています。

 しかし、これで“事件”は握りつぶせたとしても、“信頼”は取り戻すことは不可能です。

中国製品販売せず 「安さ」より安全重視/CO-OPとやま【北陸】

 【富山】生活協同組合CO―OPとやま(組合員6万2000人)は25日、中国で加工された食品の共同購入配達を中止した。店舗での販売は22日に既にやめており、これで中国製加工食品の取り扱いは全面停止となった。価格の安さより安全性を重視し、全国の生協でも例のない措置に踏み切った。

 同組合の共同購入者は3万3000人いる。中国製品が週に約10品目、年間で60~70品目あった。昨年の売り上げは共同購入で約8500万円、店舗販売で約300万円だった。

2008年2月26日 農業新聞富山判

 “全国の生協でも例のない措置”と報道していますが、昨日のテレビ報道ではコープネットとパルシステムも全面停止という決定を下しています。

 特にコープネットは首都圏を中心にした8つの生協の事業連合で、会員数320万人を数える組織であり、コープとやまの約50倍強である事を考えれば、おそそらく50億を超える取引が停止されることになるでしょう。

 さらに、この動きが一般企業まで波及することを考えると、その額は数百億にも達するでしょう。それもこれも中国が捜査に非協力であり、原因を明らかにする気がまったくない、誠意の感じられない対応を続けていることに付きます。

 中国はあくまでも曖昧な決着を求めているようですが、曖昧なままでは、この措置が解除されることは無いでしょう。

 日本への輸出が停止されたとしても、ダブついた農産物は旺盛な国内消費で吸収されるという見方もあるようですが、他地域で収穫された農産物が中国で加工されるという例も多々あり、中国の貿易が圧倒的安さの人件費を背景にした薄利多売で成り立っている事を考慮すれば、のこの措置によって中国が受けるダメージは相当なものになるでしょう。

 日本にとっても、国産人気によって食糧生産が国内にシフトする段階で、今まで見過ごされてきた農業問題が見直されるよい切欠になるのではないでしょうか。

 いずれにせよ中国側の態度は物を売る態度ではない事だけは確かだ。

中国にまったく誠意が感じられない方はクリック!

|

« 中国製ならしょうがない | トップページ | 当然の帰結 »

中共」カテゴリの記事

コメント

共産主義の国のものは食わない方が良いでしょう、嫌いな国に輸出するもの(写真の工場なんて嘘)に唾を吐こうが、小便したまま手を洗わずに食べ物扱っても現地に日本人が居ないのだから「やり放題」食べるほうがおかしいだけ。

投稿: 共産主義者 | 2008年3月 1日 (土) 16時14分

福田首相はこういう中国の態度を
「前向きだ」と思ってるようですね。

投稿: るな | 2008年3月 1日 (土) 16時21分

 カロリーベースの食料自給率39%といっても、米や殆どの野菜は自給率100%に近い、亦、シナからの食料輸入は、全体の食料輸入量の18.5%にしか過ぎないらしい、それなら、食材の一部分だけがシナ製と言うことか、安くても危険なシナ野菜や冷凍食品、加工食品をボイコットしても、大した影響はないのかも。

 つまり、チャイナフリーを目に見える範囲でやっても、日常生活に支障は出ないのでは無いか、目に見えないモノは仕方ないとしても、見える範囲で遣っても相当の効果が上げられそうだ。

 やりましょう! チャイナフリー

 大豆・そば・ニンニクは依存率が高いらしいが、シナ産が使われなくなれば、少々高くても他の国から輸入すればいいダケです、野菜は国産品を買いましょう、年間10万トンもシナに輸出して居るんですから。

 開き直って、責任を放棄した共産シナの態度には、呆れ果てましたが、「シナ製品NO!」と言う意思表明をして、シナに鉄槌を下さなければイケマセン。

投稿: ナポレオン・ソロ | 2008年3月 1日 (土) 21時41分

支那は全くお馬鹿な事をしたものだ。
これで一部だけでは無く、全ての日本人が支那に対して疑念を持ってしまった。
支那製品には皆ソッポを向くぞ。
白い恋人・赤福の様に再販売時、飛びつく様に買う事は決して有り得ない。
廃業した雪印食品の運命だ。
消費者を舐めると痛い目に遭うぞ。
支那に鉄槌が下る。
合言葉は『チャイナフリー』だ。

支那が尊大な態度も五輪までだ。
五輪後は支那バッシングが始まる。
支那如きが公正な大会運営が出来る筈が無いのだから。

投稿: 青雲大空 | 2008年3月 2日 (日) 10時06分

■■最強アクセスアップツ-ル■■
>>>>アクセスゲート<<<<
上位入賞者に→高額賞金を贈呈!
http://acgt.jp/

ブログ・HP・プロフ
メルマガ等で登録可能です!

是非、無料登録をお願いします。
突然の書込み失礼致しました。

投稿: アクセスゲート | 2008年3月 6日 (木) 18時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191898/40307569

この記事へのトラックバック一覧です: あくまで強気な中国:

» 最悪な痴呆症 [電脳空間「高天原」]
原因究明、中国も前向き=ギョーザ中毒問題で福田首相(時事通信) - goo ニュース  福田康夫首相は28日夜、中国製冷凍ギョーザ中毒問題で中国公安省が同国内での毒物混入の可能性は低いと発表したことについて「(中国側は)これからも日本と共同して、しっかり調査したいということを言っていたのではないか。非常に前向きだ」と述べ、今後も中国と協力して原因究明に当たる考えを示した。首相官邸で記者団の質問に答えた。 また、首相は「中国側も原因をしっかり調査し、責任をはっきりさせたいという気持ちは十分持って... [続きを読む]

受信: 2008年2月29日 (金) 12時28分

» 視野にはいる北京五輪ボイコット! [時事問題ショートコメント!]
今まで北京五輪ボイコット等と聞くと、そこまですべきでないのではないか、可哀相だ、日本選手が、そして中国人が。 と思ってきたが、日本人の口に入れるもの(食物)に薬物が入り、それが自国内に犯人がいるのが明らかなのに、故意に嘘....... [続きを読む]

受信: 2008年3月 1日 (土) 23時23分

» (政治)メタミドホスはどこから来たのか? その2 [徒然なるままに、ひぐらし。新章(仮)]
メタミドホスはどこから来たのかをプチ考察。 [続きを読む]

受信: 2008年3月 2日 (日) 23時59分

» 中国軍費・世界第三位へ! [ネトウヨのブログ]
 中国軍の軍事費がついに、公表額だけで世界第三位に到達しました。  日経新聞より転電です。 引用元:日経新聞 =============================================================================== 中国、国防費6兆円・20年連続2ケタ増、世界3位浮上へ  【北京=佐藤賢】中国の2008年度(1―12月)国防予算が前年度実績比17.6%増の4177億元(約6兆600億円)に上ることが4日分かった。 1989年度から20年連... [続きを読む]

受信: 2008年3月 4日 (火) 23時46分

» 軍事拡大を続ける中国で五輪は間違いだ!!! [時事問題ショートコメント!]
中国の軍事費が20年連続、2桁の伸びだという。しかも透明性を欠き、実際はそれ以上だという。 それらは台湾に1000発のミサイルを向ける事態という戦争状態であるほか、日本にも驚異を増し、アメリカとの対立も深まっている。 五輪ボイコットが正解だ それでありな....... [続きを読む]

受信: 2008年3月 6日 (木) 07時26分

« 中国製ならしょうがない | トップページ | 当然の帰結 »