« 政治ゴッコ | トップページ | さすが政治ゴッコ大将 »

2008年1月16日 (水)

やっぱり政治ゴッコ

結局、民主党が一致団結出来る目標は政権交代しかないんですね。

政権交代へ結束確認=民主が党大会

 民主党の定期党大会が16日午前、横浜市内の国際会議場「パシフィコ横浜」で始まった。鳩山由紀夫幹事長は議案説明の中で、「(昨年夏の)参院選で掲げた『国民の生活が第一』(の政策)をそのまま実現するには、次期衆院選で勝利を勝ち取るしかない。その決意で一丸となって燃えて突っ走る1年にしてほしい」と述べ、政権交代に向けて党内の結束を訴えた。
 大会には党所属国会議員や衆院選公認内定者、都道府県連の代議員らが出席。午前中は、早期の衆院解散を目指すとした2008年度の活動方針など議案に関する質疑が行われた。
 この中で、道路特定財源を一般財源化し、揮発油(ガソリン)税の暫定税率を廃止するとの党方針に関し「道路財源をどう確保するのか」(青森県連)との質問が出た。直嶋正行政調会長は「財源はきちんと確保する。自民党は意図的に『民主党は道路は造らなくていいと言っている』と悪宣伝しているが、そうではない。道路財源の一般財源化ではなく、自主財源化だ」と理解を求めた。

2008/01/16-12:47 時事通信

20080116at15b  

 

 

 

 

 

 

 

 “「財源はきちんと確保する。自民党は意図的に『民主党は道路は造らなくていいと言っている』と悪宣伝しているが、そうではない。道路財源の一般財源化ではなく、自主財源化だ」”…。

 だから、その“財源はきちんと確保する”という根拠を示して頂きたいわけで。きっと民主党様の事ですから、誰も考えつかなかったようなすばらしい方法があるんでしょうね。ただ出し惜しみしているだけで。

---------------------------------------

 “今こそ、政権交代”“「国民の生活が第一」を実現”と抽象的なスローガンや人気取りの為のどうでもいい法案ばかり提出し、与党の足を引っ張る事には異常に熱心な民主党ですが、未だ具体的な政策はまったく見えてきません。まさにやってるフリ、政治ゴッコそのものだ。

 見えてくる物と言えば、外国人参政権問題や人権擁護法案などの国民生活を無視した物ばかり。彼らはいったいこの日本をどうしたいのでしょうか。そして参院選の大敗によってリベラル支配に逆戻りした自民党にもまた、大儀を見いだすことが出来ない。

 今のような貧弱な政治で日本の将来を誰も示せないような状態であれば、今日も終値で468円安を記録したような日本の投げ売りは当分の間止まることはないでしょう。

 旧社会党の議員や自治労が幅をきかす民主党に経済政策はまったく期待できません。また、リベラル反改革勢力支配に逆戻りした自民党にも期待することが出来ない。

 しかしながら、このような事態を招いたそもそもの原因は他ならぬ国民の選択の結果にに過ぎないのです。

 ならばこの政治の体たらくは自らの戒めと受け止め、明日への糧とするしかないでしょう。ここしばらくはこの政治ゴッコに付き合うしかないですね。

 

政治ゴッコに付き合ってる暇は無い方はクリック!

|

« 政治ゴッコ | トップページ | さすが政治ゴッコ大将 »

国内政治」カテゴリの記事

コメント

 一体、政権交代して何がしたいのか、日本という国を無くしたいと云う以外に何もない様に見える。

 「民主党に一度政権を渡してみたい」と言う人は、「日本という国を一度シナ領にしてみたい」と云っているのと同じ事なのだと気づくべきだ。

投稿: ナポレオン・ソロ | 2008年1月19日 (土) 20時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: やっぱり政治ゴッコ:

« 政治ゴッコ | トップページ | さすが政治ゴッコ大将 »