« 刑事弁護の正当性 | トップページ | 社保庁職員は責任をとるべき »

2007年12月20日 (木)

公務員とはいい商売ですね。

年金記録8億5千万件、照合に1500億円…社保庁試算

 年金記録漏れ問題への対応策として、政府・与党が7月に発表した「コンピューター上の記録と台帳等の突き合わせ作業」について、社会保険庁が約1500億円の経費が必要と試算していることが20日、わかった。

 社保庁のずさんな記録管理の後始末に、膨大な費用が必要なことが判明した。

 社保庁はこの試算結果を、与党の厚生労働関係の国会議員に個別に説明している。

 政府・与党は、該当者不明の約5000万件の年金記録が発生した原因の一つに台帳からの転記ミスがあるとして、7月の合意文書に「被保険者名簿とコンピューターの記録とを突き合わせて確認する」ことを明記した。確認の期限は特に切っていない。

最終更新:12月20日16時38分 読売新聞

|

« 刑事弁護の正当性 | トップページ | 社保庁職員は責任をとるべき »

国内政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: :

« 刑事弁護の正当性 | トップページ | 社保庁職員は責任をとるべき »