« 福田首相の最後通告 | トップページ | 暴言を受け入れる執行部 »

2007年11月 5日 (月)

マスコミの所為で辞任

今更何いってやがる。

辞意表明の小沢氏 異例のマスコミ批判

 民主党の小沢一郎代表は4日の辞任表明会見の際、福田康夫首相との党首会談や連立構想を持ちかけたのは小沢氏側とする一部報道に対し、「まったく事実に反する。私を政治的に抹殺し、民主党のイメージをダウンさせることを意図した明白な誹謗中傷だ」と異例のマスコミ批判を展開した。小沢氏は「中傷報道がなされていくなら、私が(代表に)いることが党のためにならない」と述べ、小沢氏をめぐる報道が辞任の一因となったとも主張した。
 小沢氏は党首会談に関する報道を「報道、論評、批判の域を大きく逸脱している」と指摘し、「報道機関が政府・自民党の情報を垂れ流し、世論操作の一翼を担っている」と厳しく批判した。
 さらに小沢氏は「報道機関が政府・与党の宣伝機関と化したときの恐ろしさは、亡国の戦争へ突き進んだ昭和前半の歴史を見れば明らかだ」と気色ばんだ。民主党は記者会見後、小沢氏の会見内容を記した「中傷報道に厳重に抗議する」と題するFAXを報道各社に送付した。
 10月30日と今月2日の二度による党首会談の大半は、首相と小沢氏との2人だけで行われ、何が話し合われたのかについて民主党内でも疑心暗鬼が広がっていた。
 小沢氏が4日の記者会見までに党首会談の詳細な内容を所属議員らに説明した形跡はなく、代表辞任の責任の一端をマスコミに転嫁するかのような形となった。

11月4日23時13分配信 産経新聞

 今更何をという感じですが、安倍元首相がマスコミから異常なバッシングを受け、逆に民主党が異常な擁護を受けていたときには沈黙し、自分に向いた途端に初めて批判して見せても何の説得力も無い。

 “「中傷報道がなされていくなら、私が(代表に)いることが党のためにならない」”とは、安倍元首相が言いたくてもいえなかった言葉ではないか。

 何故言えなかったといえば、小沢代表は逆風が吹いた途端にすぐに代表の座を投げ捨てたのに対して、安倍元首相は自らの責任を全うする為にその逆風に耐え続けたからだ。

 小沢氏はまた、“「報道機関が政府・自民党の情報を垂れ流し、世論操作の一翼を担っている」”とは言うが、マスコミが参院選前後には民主党に有利な情報を垂れ流していた事を考慮すれば、“報道機関が与党野党の区別無く、独自の意思を持って情報を取捨選択して報道し、世論操作の一翼を担っている”が正しいのではないか。

 そして本当に恐ろしいのは、“報道機関が政府・与党の宣伝機関と化したときの恐ろしさは、亡国の戦争へ突き進んだ昭和前半の歴史”などではなく、“報道機関の扇動報道を盲目的に信じた熱狂的国民によって、亡国の戦争へ突き進んだ昭和前半の歴史”なのではないでしょうか。

 小沢代表が持ち帰った連立構想を却下した民主党執行部もまた、マスコミに煽られた熱狂的国民に支持されるが故のジレンマに縛られている。

 小沢氏の唯一の誤算は、民主党が参院選で勝ちすぎた事なのではないでしょうか。そして党をコントロールできない代表に拘らないところは小沢氏らしいといえばらしいですね。

 舵を失った民主党はこれから一体何処へ行くのか。小沢という代表を失えば、党であることすらも難しくなるだろう。

 

民主党はやがて自壊すると思う方はクリック!(人気blogランキングへ)

|

« 福田首相の最後通告 | トップページ | 暴言を受け入れる執行部 »

国内政治」カテゴリの記事

コメント

毎度、鋭い考察、ご苦労様です。
全く持って、おっしゃることに同意です。

管理人さんのおっしゃっていることを、全国民に知らせたいですね!

マスコミは絶対自己批判しませんから‥‥。

投稿: 1 | 2007年11月 5日 (月) 07時53分

ドタキャン小沢の真骨頂です(笑)
いっそ、民主党も解党したらどうですか。
民主党では政党助成金はどの位あるのでしょうか(笑)

投稿: なんだかなぁ~ | 2007年11月 5日 (月) 09時00分

これで珍でたく讀賣が朝日、毎日と同列の扇動機関になりました。
日経は米国流グローバリズムの宣伝機関だし、産経も似たようなものだし。
新聞は取らないに限る。

投稿: minase | 2007年11月 6日 (火) 08時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マスコミの所為で辞任:

» 安倍前首相辞任の劣化コピー [電脳空間「高天原」]
「逆ギレ辞任だ」 民主党内からも批判の声 (1/2ページ) - MSN産経ニュース 「民主党は力量不足」「次期総選挙での勝利は厳しい」−。民主党代表の辞任会見で4日、党への不満を次々とぶちまけた小沢一郎代表。会見後半は「捏造 (ねつぞう)報道に厳重に抗議する」と語気を強めてマスコミを批判し、相変わらずの“豪腕ぶり”をみせつけた。一方、選挙区で集会や遊説に走り回っていた 同党議員らにとって「代表辞任」の報は、まさに寝耳に水。若手議員らからは「逆ギレ辞任だ」「無責任」と批判の声が上がった。-----... [続きを読む]

受信: 2007年11月 5日 (月) 15時18分

« 福田首相の最後通告 | トップページ | 暴言を受け入れる執行部 »