« とっとと採決すべし | トップページ | 売られた喧嘩は買うべき »

2007年11月 9日 (金)

最後の円借款

まぁお約束ですな。

中国に最後の「円借款」463億円 総額は3兆円に

 高村外相は8日、外務省内で記者団に対し、中国への政府の途上国援助(ODA)の大半を占める円借款について「最後に463億円を供与することで円満に終了する」と述べ、07年度の供与額を決めたことを明らかにした。来年3月までに使われる。これを最後に新規案件は打ち切られ、日中平和友好条約署名の翌79年から四半世紀余り続いてきた対中円借款の歴史は終わりを告げる。

 対中円借款は、中国が急速な経済発展を遂げたことや、反日感情が高まったことを受けて日本政府や世論から役割を終えたとの声が強まった。05年の日中外相会談で08年の北京五輪までに円借款の新規供与を終了することに合意していた。ODAのうち無償資金協力と技術協力は継続される。同省によると、07年度分は前年度の623億円に比べ約26%の減。大気汚染の改善プロジェクトなどすべてが環境保護対策の案件となっている。

 対中円借款は79年、中国の文革終結と改革開放路線の開始とともに幕を開けた。総額は3兆円を超え、鉄道、港湾整備など主要な社会基盤整備に使われた。

2007年11月08日21時21分 朝日新聞

 “反日感情が高まったことを受けて”だって?何故かは解りませんが、朝日が書くと、まるで日本が悪いみたいな気がしますねぇ。

 “反日暴動も靖国参拝が原因で起きたのに、それを理由に円借款を打ち切るなんて心が狭い”みたいな。

最後の対中円借款は463億円、79年からの援助に幕

 政府は8日、最後の対中円借款(2007年度分)を463億円とする方針を決めた。

 1979年度に始まった対中円借款は、総額3兆3165億円に上る見通しとなった。

 外務省によると、07年度の円借款は、河南省南陽市の環境整備計画など6件。大気汚染対策や産業廃棄物処理システムの整備など、すべて環境関連の案件となっている。

 円借款は、これまで空港や港湾整備などに重点的にあてられ、00年度には最高額(2144億円)を記録した。

 その後、中国が急速な経済発展を達成したうえ、<1>軍備を拡大し続けている<2>中国自身が途上国に巨額の援助をしている<3>中国国民が日本の援助を知らず、感謝もしていない――といった問題点が政府・与党内で指摘され、政府は見直しに着手。日中両国は05年4月の外相会談で、円借款の新規供与は08年の北京五輪前に終了することで合意した。

 外務省は「円借款は中国の国造りに大変役立った。最近は中国側も援助に謝意を表明するようになった」(国際協力局)と意義を強調している。

(2007年11月8日20時28分  読売新聞)

 普通は援助を受けてインフラを整備した場合、その施設には謝意を込めて、援助先の国名や国旗等が記されるものなのですが、中国にある日本の援助によって建てられた空港や港湾施設に、日本が援助したことがわかるような物は一切ありません。

 知りもしないものに中国国民が感謝するはずも無い。そりゃ反日感情も一方的に高まりますがな。

 おまけに日本から援助を受け取る一方で発展途上国に対して大量に援助をばら撒き、日本の常任理事国入りや資源外交などを妨害するとなれば言語道断。その上、ここ近年の急激な軍備拡大で日本の領海を脅かして台湾を窺い、東シナ海の油田を盗掘するとなれば話になりません。恩を仇で返すとはこの事だ。

 外務省はあくまでも成果のみを強調したようですが、結果的に対中円借款はタダで呉れてやったようなものです。3兆円も呉れてやりながら大使館を破壊されるような国に援助したことを、先ず外務省は反省すべき。

 

とりあえずふざけんなよ朝日と思う方はクリック!(人気blogランキングへ)

|

« とっとと採決すべし | トップページ | 売られた喧嘩は買うべき »

日中外交」カテゴリの記事

コメント

北京の人々は日本のODAでつくった地下鉄を「核シエルター」と呼んでいます。なんか嫌な感じ...
ランキングクリックいたしました。
「実践現代中国語単語集」http://chineseword.seesaa.net/

投稿: 中国語アドバイザー愛沙 | 2007年11月 9日 (金) 12時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 最後の円借款:

» フジモリ大統領裁判と、頼りにならない日本政府 [草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN]
 アメリカで、なぜ日本の立場を代弁する人々の影が薄くなってきているのか。その原因のひとつに、日本政府が在外の日本人や日系人を守る意思が弱いという問題があると思います。  例えば、ペルーで、フジモリ元大統領に対す... [続きを読む]

受信: 2007年11月 9日 (金) 07時43分

» 最後の対中円借款 463億円 [王様の耳はロバの耳]
最後の対中円借款は463億円、79年からの援助に幕(読売新聞) - goo ニュース 報道によれば07年度(08年度実行)の対中円借款が463億円と決まった。 これで中国に対する訳の分からない円借款は終了する。 79年から始まり総額は3兆3165億円に上るという。 {/kaeru_shock1/} 中国が対日講和を考えたとき、毛沢東と周恩来が考えた「戦争賠償金」は日本から取らないという麗しい話の裏で「援助金の名目で終わり無く毟り取る」との大戦略があった。 田中角栄元総理主導による熱狂的日中国交正常... [続きを読む]

受信: 2007年11月 9日 (金) 07時58分

» 沖縄集団自決訴訟・大江健三郎自身の本の弁護しかせぬ [ネトウヨのブログ]
 軍命令有無の訴訟について、大江健三郎氏が証言していたようですが、自身の本の擁護しかせぬと言われています。  産経新聞より転電です。 ソース元:産経新聞 大江氏言葉に詰まる場面も 沖縄集団自決訴訟 (1/2ページ) 2007.11.9 23:08  元守備隊長が集団自決を命じたのか否か。9日、大阪地裁であった沖縄戦の集団自決をめぐる訴訟の本人尋問では、“無実”を訴える原告側と、軍命令説を崩さない大江健三郎氏の主張がぶつかりあった。大江氏の尋問時間は約2時間に及び、軍命令説の根拠を重ねて問う... [続きを読む]

受信: 2007年11月10日 (土) 00時14分

» さっさと独自採掘しろ [電脳空間「高天原」]
日中ガス田開発、外相協議へ…局長級から格上げ(読売新聞) - goo ニュース 高村外相は、北京で30日に予定している楊潔チ(よう・けつち)中国外相との会談で、東シナ海のガス田開発問題を集中的に取り上げる方針を固めた。同問題解決に向け、中国側に政治決断を促す狙いがある。(「チ」は竹かんむりに「褫」のつくり)----------------------------------------------------------- 甘い。甘すぎる。のらりくらりとかわす余地の大ありな話し合いばかりで、ろくに独... [続きを読む]

受信: 2007年11月12日 (月) 15時53分

« とっとと採決すべし | トップページ | 売られた喧嘩は買うべき »