« 対岸の火事ではない | トップページ | 国会より中国詣 »

2007年11月30日 (金)

危機感の欠如

この危機感の無さはどうにもなりませんね。

中国海軍のイージス艦視察計画、米側抗議で中止

 日本と中国の防衛交流の一環として、日本に寄港した中国海軍艦艇乗員が予定していた海上自衛隊のイージス艦「きりしま」(7250トン)の視察が、計画を知った在日米軍などからの抗議で中止となったことが29日、明らかになった。

 米側が防衛機密漏えいの可能性を懸念したためで、計画は補給艦視察に変更され、30日午前に実施される予定だ。

 海自と中国海軍による艦艇の相互訪問は、8月の日中防衛相会談で実施が決まり、中国海軍のミサイル駆逐艦「深セン」(6000トン、乗組員350人)が第一陣として、11月28日に東京・晴海ふ頭に入港した。(深センのセンは土ヘンに「川」)

 同艦艇は12月1日まで滞在する予定で、中国側の希望により、同艦指揮官ら乗員幹部十数人が11月30日午前に海自横須賀総監部(神奈川県横須賀市)を訪問する際、横須賀基地を母港とする第1護衛隊群所属の「きりしま」を視察することを予定していた。

 複数の政府関係者の証言によると、28日に視察計画を知った在日米軍や在京米大使館から、防衛省や外務省に問い合わせや中止要請があったため、防衛省では急きょ、「きりしま」視察を中止して、インド洋での給油活動から23日に帰国したばかりの補給艦「ときわ」の視察に変更した。

 同省関係者によると、海自は今回の視察に備え、以前に米海軍が中国軍関係者にイージス艦を公開した事例について在日米軍に照会したが、中国海軍の視察については米側に正式に連絡していなかったという。

 イージス艦は米国で開発された世界最高の防空能力を持つ艦船。防衛省幹部は、「海自は戦闘指揮所(CIC)などのイージス・システムの中枢部分を見せなければ大丈夫だろうと判断したようだが、事の重大性を分かっていなかった」と話している。

(2007年11月30日3時5分  読売新聞)

 日本のシーレーン防衛の要であるイージス艦を、お気軽に中国海軍に視察させようなんて危機感が欠如しているとしか言いようがありませんね。

 “事の重大性を分かっていなかった”と話しているようですが、相次ぐ自衛官による中国への無断渡航問題や、情報漏えいに対してまったく問題意識を持っていない証拠です。

 防衛庁に関する不祥事が色々と明るみに出ていますが、本当の問題点はこの危機感の無さなのかもしれません。これでは自浄能力がないと言われてもしょうがありません。

 それにしても軍艦の来航にもかかわらず、日本の平和団体は静かなモンデスね。米海軍が来航したときは、それがどのような目的にも係らず抗議船を出して執拗に抗議するのに、今回はどのニュースを見てもそれらしきものはまったく見当たりません。

 辛うじて報道されたのは右翼団体数人が入港に抗議にしようとして警官に制止されたことぐらいです。なんで平和団体は制止されないのでしょうか?

 本当におかしいですねぇ。

 中国はチベットで数百万人を虐殺し、東トルキスタンでは地域住民を巻き込んで45回の核実験を行い、数百万人の妊婦の人工中絶や数万人単位の“政治犯”を処刑する世界最大の人権抑圧国家なのに、どうして平和が大好きな彼らは抗議しなんでしょう?

 

防衛庁は危機感が欠如していると思う方はクリック!(人気blogランキングへ)

平和主義者は中国が好きなんだなと思う方もクリック!

|

« 対岸の火事ではない | トップページ | 国会より中国詣 »

国内政治」カテゴリの記事

コメント

現役幹部がこの体たらくですからね。
防衛省幹部とはだれですかね。
元幹部でないから守屋前次官ではありませんね(笑)
最新の防衛システムを、最も知られたくない国の海軍幹部に現物見せちゃうっていう感覚ね、もう、逝ってますよ(嘲笑)
この程度なんです国防を司る幹部たちの意識は、F22のおもちゃ欲しいって言ってもねぇ、そりゃ、一瞥で終わりですよ。
だから、防衛省にはウジが途方もなく湧くのでしょう。

投稿: なんだかなぁ~ | 2007年11月30日 (金) 10時43分

太平洋戦争の時代から、メンタリティーは変わってないと思いますよ。

情報の重要性を全く重要視していないし、理解もしていない。

防衛省は終わってます。

というか、官僚自体、世の中の流れについて行ってないような気がします。

投稿: 1 | 2007年11月30日 (金) 11時45分

お人好しを通り越して、オメデタ防衛省と言うしかないですね。
国防を米軍にオンブにダッコしてもらってるから、ゴルフにウツツをぬかす危機感ゼロのトップがでてくるのだ。笑顔の裏で、あの中国が何をやってくるかは軍事専門家でもなくても分かることだろうに。あってはならないが、北あたりからミサイル一発でも打ち込まれないとオメデタイ防衛省に危機感はうまれないかも知れない。

投稿: 純日本人 | 2007年11月30日 (金) 12時01分

なにしろ、防衛大学の校長が媚中でサヨクの五百旗頭真ですよ。どうなってるんですか?

とりあえず防衛省の背広組は首にしていいと思います。

投稿: yay | 2007年11月30日 (金) 22時19分

兵挙げるしかないだろうが。

投稿: 英雄 | 2007年12月 1日 (土) 00時11分

コピーしたものですが、心ある方は一度見てみて下さい。

TBS「ここが変だよ日本人」にも出演していた
在日韓国人(キム・ムギ)氏の衝撃講演動画。

本国韓国人に日本国内での日本人に対する
「世論操作」「世論工作」の実践方法と成果をレクチャーしている衝撃動画です。

2つ目の動画で教科書・慰安婦問題でも
世界中に工作活動をしたことを誇らしげに語っています。

http://vision.ameba.jp/watch.do;jsessionid=92FD7135CBF5F0A85CDD74C0437D1ED0?movie=239857
http://vision.ameba.jp/watch.do?movie=626115

韓国の一方的な捏造歪曲歴史観を日本と世界中に
流布させるための実践方法を本国韓国人に伝授しています。
心ある日本人は日本中に知らせてください。本当にやばいです。

投稿: 1 | 2007年12月 1日 (土) 01時03分

前エントリーの慰安婦決議案にしてもそうですが、日本は情報戦が全くダメですな。特アは人権意識の強い欧米に対し『過去の日本軍の蛮行』を上手く利用していますわ。対外工作員の数もやたら多いしw

しかし『日中防衛交流』のメリットが分かりません。日本に核ミサイル向けるわ、領海侵犯するわ、海底資源強奪するわ、こんな犯罪国家とスパイ攻撃の交流やってどうすんの?櫻井よしこ氏の言うように『微笑外交』に釣られてるだけやん。

投稿: MOCHA | 2007年12月 1日 (土) 09時49分

訂正


×スパイ攻撃の交流やってどうすんの?

○スパイ攻撃寸前の交流やってどうすんの?

投稿: MOCHA | 2007年12月 1日 (土) 09時54分

これでまた
F-22ラプターを売ってくれなくなるwww・・・

投稿: 柳生すばる | 2007年12月 1日 (土) 13時58分

防衛省の危機管理の欠如には驚かされますね。
海外に出ると日本は国防を軽視しているのではいだろうか?と疑問にぶつかりますよ。

愛沙の「実践現代中国語単語集」
新着記事:マグロ解体ショーが日本から消える日!
こちらにもお越しください。

投稿: 中国語アドバイザー愛沙 | 2007年12月 1日 (土) 18時01分

 >中国はチベットで数百万人を虐殺し、東トルキ>スタンでは地域住民を巻き込んで45回の核実験>を行い、数百万人の妊婦の人工中絶や数万人単位>の“政治犯”を処刑する世界最大の人権抑圧国家>なのに、どうして平和が大好きな彼らは抗議しな>んでしょう?

 マオイズムとマルクス・レーニン主義のふるさと
 「中華人民共和国」サマを信望し、陶酔することこそが、プロ市民として最高の栄誉であるからでしょうね。
 「中国やソ連の核はきれいな核」
 「朝鮮はチョンリマ駆ける地上の楽園」
 これが、アジア的やさしさ!

投稿: くまがわ直貴 | 2007年12月 1日 (土) 19時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 危機感の欠如:

» 米海兵隊グアム移転と「日米規制改革及び競争政策イニシアティブ」 [草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN]
日華(台)親善友好慰霊訪問団 東京支部長   藤田 達男 ●「日米規制改革及び競争政策イニシアティブ」我が国の要望に関して マスコミは相変わらず詳細を報道しないが既に周知の、アメリカによる対日年次「規制改革要望書」... [続きを読む]

受信: 2007年11月30日 (金) 09時46分

» 中国海軍にイージス艦見せるのは中止 [海岸にて]
中国海軍と防衛交流って、なにかの悪い冗談みたいだと思っていましたが、アメリカに抗議されてやっと我に [続きを読む]

受信: 2007年11月30日 (金) 18時24分

» 人権擁護法案が動き出す [草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN]
 12月3日(月)午後四時から、自民党本部にて「人権問題等調査会」が開催され、人権擁護法案について議論することが判明しました。  言論の自由を不当に制限する恐れがあるこの人権擁護法案の問題点については、判りやすく論... [続きを読む]

受信: 2007年12月 1日 (土) 07時04分

» 救い難い機密管理意識 [電脳空間「高天原」]
中国海軍のイージス艦視察計画、米側抗議で中止 : 政治 : YOMIURI ONLINE(読売新聞) 日本と中国の防衛交流の一環として、日本に寄港した中国海軍艦艇乗員が予定していた海上自衛隊のイージス艦「きりしま」(7250トン)の視察が、計画を知った在日米軍などからの抗議で中止となったことが29日、明らかになった。 米側が防衛機密漏えいの可能性を懸念したためで、計画は補給艦視察に変更され、30日午前に実施される予定だ。 海自と中国海軍による艦艇の相互訪問は、8月の日中防衛相会談で実施が決まり、中国... [続きを読む]

受信: 2007年12月 1日 (土) 15時20分

» 朝日新聞「中国軍艦艇訪問大歓迎!」 [ネトウヨのブログ]
 朝日新聞が、中国軍の訪問を歓迎するとする社説を掲載していました。  朝日新聞より転電です。 ソース元:朝日新聞 中国軍艦寄港―新たな歴史の第一歩に  日中間の防衛交流で、中国海軍のミサイル駆逐艦「深セン」が東京港を訪れた。中国の軍艦が日本に来るのは中華人民共和国の建国以来、初めてのことだ。  この訪問が実現するまでには長い曲折があった。  両国が海上自衛隊と海軍の艦艇の相互訪問に合意したのは98年のことだった。橋本首相、江沢民主席の時代だ。いったん02年春に中国軍艦の訪問が計画されたもの... [続きを読む]

受信: 2007年12月 1日 (土) 17時55分

» 国家に於ける公文書館の戦略的重要性 [帝國ブログ]
そんなに更新できませんと言っているのによくよく見れば一日置きに更新してたり しかしネット巡回もままならずこんな時間にも関わらず更新してみます。 こんなブログにも一定の読者の方がいるということが驚きですが わざわざ訪れる方が一人でもいるなら更新したいと思います。 <こちらは2ch軍板諜報スレより> [諜報・防諜]インテリジェンス総合5[情報機関] http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/army/1187508041/ 302 名前:名無し三等兵[s... [続きを読む]

受信: 2007年12月 2日 (日) 22時39分

» 【防衛省】日本の同盟国がどこか知らぬ痴れ者揃いなのか? [加賀もんのブログ]
自称「平和団体」が、実際には反米工作機関に過ぎぬということは、彼らが米軍に対する抗議行動に日常的に狂奔しながら、今回の中国ミサイル駆逐艦来日に際して抗議活動はおろか1行の批判コメントさえ表明しないことがなにより雄弁に物語っているが、 こともあろうに、我が国..... [続きを読む]

受信: 2007年12月 3日 (月) 08時17分

« 対岸の火事ではない | トップページ | 国会より中国詣 »