« 参加者11万人は捏造 | トップページ | 平和主義は通用しない »

2007年10月 4日 (木)

民主党に明日はない

まさにブーメラン効果。しかし…。

渡部氏事務所費 実態なし 12年で1億7千万以上支出

 民主党の渡部恒三最高顧問(福島4区)の政治団体「新時代の会」が93年~04年の12年間、事務所の活動実態がないのに、秘書だったおいの佐藤雄平・福島県知事の自宅マンションを「主たる事務所」として総務省に届け出ていたことが分かった。同会は12年間で事務所費や光熱水費など経常経費として1億7800万円を支出していた。渡部氏と佐藤知事は名義の貸し借りを認めている。
 総務省によると「主たる事務所」は「政治活動の中心となる場所」とされている。渡部氏の説明では、実際の事務所は議員会館内にあったが、当時秘書だった佐藤知事の東京都新宿区のマンション名義を借りていたという。05年からは東京都千代田区の渡部氏所有のマンションの一室に同会の事務所を移している。
 渡部氏は毎日新聞の取材に、同会が12年間で事務所費9919万円を含む計1億7800万円の経費を支出していたことを認めた。そのうえで「知事は私の秘書だったので、事務所の名義だけをマンションにし、知事側には家賃なども払っていない。当時は悪いと思わなかったが、政治とカネ(の問題が)が厳しくなった。反省したい」と話している。
 衆議院事務局によれば、議員間の申し合わせで議員会館には政治家に一つだけ認められた資金管理団体以外の政治団体は事務所を置くことは出来ないことになっている。
 一方、佐藤知事は「秘書だから貸した。当時、いいことか悪いことかは意識せず、そのままにしていた。しっかりと精査すべきだった」と話した。

最終更新:10月3日17時14分 毎日新聞

 まさにブーメラン効果。いつもながらの民主党の自滅なのですが、臨時国会の代表質問に合わせたようなこのリークは、“何か裏があるのかな”と疑いたくなりますね。

 メディアスクラムによって福田内閣を発足させ、公務員改革を事実上頓挫させたことによって一応の目的は果たしたのでしょうか。それともあまりの民主党の暴走に危機感を抱いたのか。いずれにせよ何らかのバランスを図ろうとする動きが背景にあるように感じます。

 民主党は臨時国会において、「年金問題」「政治とカネ」で攻勢を計るつもりだったようですが、「年金問題」については舛添厚労相の強硬姿勢によってその存在感が霞みつつあり、「政治とカネ」についてもこれで藪蛇となれば論戦は自然と「テロ特措法の延長問題」に絞られてくるでしょう。

 小沢党首は給油の対案としてアフガン部隊参加に意欲を示しているようですが、あえて安全な海上給油活動を棄てて、より危険な地上部隊に参加するような対案を立てたところで国民の理解を得ることは出来るわけがない。

 おそらく、自衛隊員とその家族の方々も、今頃“冗談じゃなねぇ”と感じているはずです。

 小沢氏の“国連決議に基づく国連の活動であれば、海外での武力行使でも憲法に違反しない”という主張は、国連決議さえあれば“国権の発動たる戦争”を禁じた憲法第9条に抵触しないという屁理屈に基づき、先の給油継続に対する“憲法違反だから反対”という主張と矛盾しないという考えだと思われますが、そんな政局の都合だけを考えた屁理屈で戦場に送られ、犬死する自衛隊員の気持ちを考えれば、もうたまったもんじゃないでしょう。

 日本を守るはずの自衛隊が国を守るという本来の目的を一脱し、“国連の私兵として、“国際社会の秩序と平和”という名の!“戦勝国サロンの利益”を守るために海外に派遣させろ”なんてことを平然と主張する党首を戴く民主党に明日はない。

 そしてこれは、平和平和と念仏のように唱え、9条絶対主義を唱えるサヨクの主張から“国権の発動たる戦争”という要素を除けば、小沢氏の主張と大して隔たりはないことも意味している。

 結局のところ平和主義≠護憲主義=日本絶対悪主義に過ぎないのです。

民主党に明日はないと思う方はクリック!(人気blogランキングへ)

|

« 参加者11万人は捏造 | トップページ | 平和主義は通用しない »

国内政治」カテゴリの記事

コメント

渡部って、『政界の黄門様』とか言われて、
「正義の味方」みたいに偉そうにテレビでコメント出してたよね。
「安倍さんは、やっぱりお坊ちゃんでダメだな」
「政治家は逃げ回ってばかしじゃ無責任と言われますよ。ちゃんとせねばね!」
とか、例の会津弁で、テレビで語ってたよね。
恒三さんよ、あんたも天下の黄門様だったら、自分のことについても正直に説明してもらおうじゃないか!

投稿: お笑いお花畑 | 2007年10月 4日 (木) 12時58分

>ゴーリキー様
>>日本を守るはずの自衛隊が国を守るという本来の目的を逸脱し、“国連の私兵として、“国際社会の秩序と平和”という名の!“戦勝国サロンの利益”を守るために海外に派遣させろ”なんてことを平然と主張する党首を戴く民主党に明日はない。
 然り!
 大体私は、小沢が大方の国民が国連の実態を国際連盟の改良型と勘違いしている事に乗じて居ると確信しています。

 国連は、決して「世界の平和と正義を護る、抑圧者救済の為の国際機関」ではなく、「60年以上も前の戦争の勝利国で造った、勝利国の利益を擁護する為の組織」ナノです、つまり、戦後レジュームの国際版を代表する組織なのです、当然其処は、既得権者の集会所です。

 ダカラ国連が喩え北朝鮮という犯罪者団体が造ったインチキ政府とはいえ、利益が無くば、人権蹂躙が行われている事が明かでも平然と看過する一方、利益に関わるとなれば、平和な2国関係にわざわざ水を差すような言動もするのだと、この頃理解しました。

 国連が機能しているとすれば、常任理事国で組むスクラム外の新興国の排除でしかないでしょうが、その常任理事国にしても、当初の構成国には、国体が激変したモノも含まれています、共産(社会)主義ソ連は自由主義国(今の処)ロシアに、反対に、自由主義?(専制主義)中華民国は、中共に換骨奪胎を遂げているが、それを咎め立てする向きも見えない。

 裏面で如何なる取引が行われているのか、常任理事国でもない日本には与り知れない部分があるだろう、この様に国連とは得体の知れない団体でもある。

 国会議員、しかも、日本の第一党、第一野党の中枢に居続ける人物がこういう事柄をよもや知らずに過ごしてこれる筈がないのですから、国連国連と喚いている裏にはナニカ意図を含んでいると考えるべきでしょう。

投稿: ナポレオン・ソロ | 2007年10月 4日 (木) 13時12分

>小沢党首は給油の対案としてアフガン部隊参加に意欲を示しているようですが

小沢はすでに態度を変えて予防線を張っています。小沢らしいといえばそれまでですが。↓

http://72.14.235.104/search?q=cache:uBOm1EgCXT8J:www.asahi.com/politics/update/0830/TKY200708300199.html+%E6%B0%91%E4%B8%BB%E5%85%9A%E3%80%80%E5%9B%BD%E9%80%A3%E6%B1%BA%E8%AD%B0%E3%80%80%E6%B4%BE%E9%81%A3&hl=ja&ct=clnk&cd=4&gl=jp

投稿: weirdo31 | 2007年10月 4日 (木) 13時47分

福田になってからも、いろいろお金の話は出てくるけど、一向に責任取った、責任取れって、とこまで話が行かないね(笑)
どうでも良いよな政界与太話で終わり。
安倍内閣時とは、こうまでマスコミの扱いは違うのかね(笑)
で、一円領収書、笑っちゃぁいけないけど、笑っちゃう。
政治不信の元凶だ。
民主党もだけど政治家全てに「明日はない」と言える。
茶番もいいとこだよ。

投稿: なんだかなぁ~ | 2007年10月 4日 (木) 14時03分

昨日の報道ステーションで9900万と報道されていました。
昨日の番組を見るまで他のブログ同様に1億を超える金額だという事をみていたので、
やはり1億を超えるか超えないかで印象が違うので
9900万にしたのでは・・・

投稿: 霧の摩周湖 | 2007年10月 4日 (木) 18時00分

腐れ小沢は本気で海上給油を止めて、アフガンの陸上治安維持部隊の派遣を考えているんだろうか? どうせ出来っこない!と多寡を踏んでの国家・国民を愚弄するチャラカシじゃないのか!
国連中心主義と言うけど、北の核実験の時もそうだったが、共産シナが日本の安全保障には必ず、絶対に、何としても徹底的に反対して拒否権を発動するに決まっている。自分の国の首根っこをシナにお預けして、介錯をお願いするのが国連中心主義なる言辞の本質だ。
米国・韓国・台湾の選挙。来年の春は東アジアが場合によっては流動化する可能性がある。日本の政治は耐えられるのだろうか。

投稿: 愚老 | 2007年10月 5日 (金) 01時17分

http://seiji.yahoo.co.jp/gian/0168016301014/
Yahoo!みんなの政治
トップ > 第168回国会一覧 > 議案詳細 衆法 163回14号
第168回国会 衆法 163回14号 永住外国人に対する地方公共団体の議会の議員及び長の選挙権の付与に関する法律案
議案提出者 冬柴鐵三議員ほか2名

提出理由 我が国において多くの永住外国人が日本国民と同様の社会生活を営んでいる現状にかんがみ、その意見を地方における政治に反映させるため、永住外国人に地方公共団体の議会の議員及び長の選挙権を付与する必要がある。これが、この法律案を提出する理由である。
審議状況 2007年9月10日 衆議院で審議中

投稿: 美麗島 | 2007年10月 5日 (金) 02時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 民主党に明日はない:

» 小沢民主の米国を意識した政局へ?!〜小沢代表、アフガン部隊参加に意欲のロジック〜 [偽善者キツィこのブログ]
「テロ特措法」「アフガン」等で検索して伺いました。恐れ入りますがTBさせてください。 ||#ffffff style=font-size:17pt; ``単独で法案を提出できない国民新党は、郵政民営化見直し法案で共同提出に応じない民主党との協力を全面的に凍結することを決めようだ。|| ||#ffffff style=font-size:17pt; ``民主党からすれば当然といえば当然であろう。|| ||#ffffff styl..... [続きを読む]

受信: 2007年10月 5日 (金) 01時48分

« 参加者11万人は捏造 | トップページ | 平和主義は通用しない »