« 工作船は来航お断り | トップページ | 日中の“資源の有効利用” »

2007年9月 7日 (金)

ずさんな会計報告

鴨下環境相の借入金が問題に。まだまだネタは尽きないようです。

進退問題化、首相は否定 鴨下環境相の借入金問題

 安倍首相は5日昼、首相官邸で、鴨下環境相の政治資金問題について「記載ミスと聞いている。訂正すべきは訂正し、そのうえでよく説明してもらいたい」と記者団に語った。鴨下氏の進退問題に発展するかどうかについては「誤記であれば、それにはあたらない」と述べた。

 また、大野松茂官房副長官は5日午前の記者会見で、同日午前に鴨下氏から電話で報告があり、鴨下氏の資金管理団体が同氏から借り入れた金について記載を誤った、と説明を受けたことを明らかにした。

 ただ、政府・与党内には「きちんと説明し、国民が納得すればいい。それができないと何らかのけじめをつけざるを得なくなるかもしれない」(舛添厚生労働相)との懸念も出ている

2007年09月05日14時29分 朝日新聞

 何が分からないって、この借入金が食い違うことで具体的にどのように不利益が生じるのかがさっぱりわからない。どの新聞のどの記事を読んでも借入金が食い違えばどのような不正につながるのかという肝心なところが全く書かれていない。

 単なるミスなら訂正すれば十分なんじゃないの?一般企業で年次決算書の修正の度にトップが交代するなんて事は聞いたことが無い。

 この記事を読む限り、朝日はどうしても“問題大臣を庇う安倍首相”という図式を作り出したいみたいですが、対策を置き去りにして、何時までもこんな非生産的なことを延々と続けるのもどうかと思うよ。

 もうこうなったら、税金である政治資金を管理する党・政治家・政治団体はその会計報告に際し、すべて公認会計士による会計監査を受けることを義務付けるべきだ。

 それで悪質な事例が明らかになればその時に問題にすればいい。そのほうが1円以上の領収書添付を義務付けるようなパフォーマンスより、よっぽど有効だと思いますがね。

 そしてそれこそが、立法府である国会の役目なのではないでしょうか。野党も問責決議案を提出して“やってるフリ”しないで、もう少し建設的な対策を国会で議論する努力をしろ。

先にずさんな会計報告を何とかするべきだと思う方はクリック!(人気blogランキングへ)

|

« 工作船は来航お断り | トップページ | 日中の“資源の有効利用” »

国内政治」カテゴリの記事

コメント

>“問題大臣を庇う安倍首相”
何が問題なのかが、問題なんですね(笑)
連日、報道する政治資金問題は、些細な齟齬や記憶違いで済まされるべき無問題な事ではないですか。
一円領収書なんて、ナンセンスもいいとこでしょう。
マスコミや民主党はそんな事、解っていながら大騒ぎしてるんです。
何をか言わんやだ。
前日の“民主党は説明責任は果たせ”にも連なりますが。
それでは、小沢氏の政治団体が10億以上もの不動産を取得した政治資金は?
政治団体が個人秘書の居住のために億単位のアパートを政治資金から提供する必要が?
政治団体が本来の政治活動でない不動産取得に資金を投資することは?
一円領収書で説明責任を果たしてみて下さい。
こっちの方が、解明すべき問題でしょう。

投稿: なんだかなぁ~ | 2007年9月 8日 (土) 18時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ずさんな会計報告:

» 人権派弁護士“春霞”が私にケンカを売ってきた(笑) [依存症の独り言]
人権派弁護士“春霞”が私にケンカを売ってきました。 何か急に、批判的コメント者の知的レベルが下がってしまい、ちょっとがっかりです。電波系ウヨクと評価されることが多い「依存症の独り言」さんがリンクしたから、そこからきたのでしょうけど(苦笑) ↓ 「鬼畜の弁護士が損害賠償請求だと(笑)」 http://banmakoto.air-nifty.com/blues/2007/09/post_3ab6.html 2007/09/07(金) 19:58:41 | URL | 春霞(追記しました) #ExKs... [続きを読む]

受信: 2007年9月 7日 (金) 23時13分

» 中国軍・米英独政府をハッキング [ネトウヨのブログ]
 中国の人民解放軍によって、世界各地でのネットを経由した諜報活動が非常に激化しています。  Technobahnよりいくつか引用します。 http://www.technobahn.com/cgi-bin/news/read2?f=200709061854 【Technobahn 2007/9/6 18:54】中国から英国外務省など複数の政府機関のネットワークに侵入が行われていたことが5 日、英ガーディアン紙の報道で明らかとなった。  英国政府では侵入を行ったのは中国の人民解放軍である可能性も... [続きを読む]

受信: 2007年9月 7日 (金) 23時40分

« 工作船は来航お断り | トップページ | 日中の“資源の有効利用” »