« 勝手に訪朝団は不要だ | トップページ | 民主党と正々堂々議論すべき »

2007年9月19日 (水)

年金は救貧政策ではない

“救貧”政策というものはこういうことだ。

在日コリアン無年金訴訟:「私たちにも権利が」 決起集会、支援者に協力訴え/福岡

 私たちも日本のみなさんと同じ権利を持っているはずだ--。17日、福岡市内であった在日コリアン無年金訴訟の決起集会。年老いた原告男性の一人は、マイクを握りしめ、会場を埋めた約150人の支援者に協力を訴えた。18日の提訴から始まる長い戦いの日々に向け、原告たちは怒りに声を震わせ、時折、懇願するかのように深々と頭を垂らした。

 集会では、在日外国人の人権問題に詳しい田中宏・龍谷大教授が講演した。これまで京都と大阪で起こされた同様の訴訟はどちらも原告敗訴という厳しい現状だが、「年金など社会保障の責任は国籍の属する本国が負うべし、という裁判所の理屈には矛盾がある」と指摘。その証拠に「海外に住む日本人に対し、日本政府は年金を支払っていないではないか」と糾弾した。

 また田中教授は、政府が税金を徴収する際だけ外国人住民を“国民”扱いすると皮肉り、朝鮮半島と関係の深い福岡で行われる裁判の行方を「全国の人たちが期待し、注目している」と激励した。

 この日は原告9人のうち5人が会場に姿を見せた。前述の原告とは別の男性は支援者を前に「私たち民族が人間として扱ってもらえるよう、日本の方がこれだけ運動してくださることが、本当にうれしくてたまりません。どうか前からも後ろからも押してください」と裁判の傍聴を呼びかけた。【朴鐘珠】

〔福岡都市圏版〕

毎日新聞 2007年9月18日

 民主党の年金案が“救貧”政策といわれるのはこのためです。年金をすべて税金で負担することを認めてしまえば、結果的に今まで“自助努力”をしてこなかったものたちの負担まですべて背負うことになる。

 年金はあくまでも“自助努力”が前提条件であるべきだ。税金と年金を厳格に区別しなければ、将来、このような無年金者による訴訟は激増し、年金財政は破綻するだろう。結局、私達の年金は無年金者によって食い物にされる。

 まさに“払ってないものの1人勝ち”だ。

 “「海外に住む日本人に対し、日本政府は年金を支払っていないではないか」”と糾弾だって?だからどうしたっての。“支払わなかった”ことを根拠にして、自分達に“支払え”と言い張るのは根本的におかしくないか?そもそも順番としては“海外に住む日本人”>>>>>>>>>“自分達”だろうに。

 “海外に住む日本人”と“自分達”の共通点はともに日本国の年金の掛け金を支払ってこなかった事に尽きる。義務を果たさず、権利を主張するべからず。年金はあくまで自助努力であり、救貧ではないのです。

 それに救貧政策ならば生活保護がある。どちらもくれとはあまりにも虫が良すぎるぜ。

年金を税金化するべきではないと思う方はクリック!

|

« 勝手に訪朝団は不要だ | トップページ | 民主党と正々堂々議論すべき »

国内政治」カテゴリの記事

コメント

民主党年金一元化とは、月7万円の最低保障年金を消費税で賄い、例え年金未納でも当然貰えるのです。
こんなおいしい話を在日無法者が指くわえて見逃すはずがありません。
今回の訴訟はその前哨戦でしょう。

今までこつこつ支払ってきた方々ご愁傷さまです、あなた方はバカです。
我が民主党は掛け金支払わなくても今の国民年金額満額保障します。
財源は無尽蔵にあります、ちょこっと消費税をいじればいいだけです。
斯様に我が民主党のマニフェストは謳っております。
賢明な国民は参議院で結果を出して呉れました。
後は一日も早い制度の実行が待たれます。

ひどい悪夢だ!
頭痛がする、頭が割れそうだ!
正直者で、まじめに働く人がバカを見る年金制度だ!
日本は暗黒社会になるぞ!

投稿: なんだかなぁ~ | 2007年9月19日 (水) 18時42分

民主党の年金制度では,
現在年金をもらっている者はどうなるんでしょう.
年俸が退職時に1200万円だった人です・・・
支払った年金は全部パーになって,
その上,年金はもらえないのかな.
めちゃくちゃな話だ・・・

投稿: ガセネタ | 2007年9月19日 (水) 19時52分

同意の中の同意です
先進国はほぼ社会保険方式と税方式の両方です
税方式はニュージーランドかな
誰にも保障なんて亡国のための暴言です
年金制度は、自助努力はもちろん
相互扶助という大変素晴らしい制度です
私が逆の立場なら
1.給料の手取りが1万円増えます!
2.なぜなら、基礎年金部分を税金で賄うからです!
3.手取りが増えて消費もアップして景気も良くなる!
4.そして将来は心配なく確実に年金をもらえます!
5.さあ、民主、民主、民主党です!
と誇大広告、デマを流します

投稿: とろろ | 2007年9月19日 (水) 20時12分

>海外に住む日本人に対し、日本政府は年金を支払っていないではないか

 事実無根です。 海外に住んでいても、掛け金を払った人は、年金がもらえます。 海外の銀行にでも振り込んでくれます。

 海外からでも国民年金に加入して掛け金を支払う事ができます。

>政府が税金を徴収する際だけ外国人住民を“国民”扱いする

 これは世界中どこの国でもしています。
 在韓日本人も韓国政府に納税します。 それでも経済活動でも公民権でも様々な制限を受けています。
 そして自活する能力の無くなった人は、強制送還されてしまいます。 生活保護などもらえません。

 掛け金を支払わずに年金が欲しいなら、韓国人は韓国政府に要求すればいいのです。

投稿: | 2007年9月19日 (水) 20時12分

年金を根本的に誤解していますね。
大学教授がその誤解を後押ししているのですか。
信じられないです。
掛け金を払った人が年金をもらえる。それだけです。
払わなかった人ももらえる?なら、掛け金など誰も払いませんよ。

投稿: シーガル | 2007年9月20日 (木) 00時22分

毎日新聞の「中村一成」記者、そして、この記事を書いた「朴鐘珠」記者。どこの国のメディアかと見紛うばかりの毎日新聞に存在する在日記者たち。よくもまあ、全国紙ともあろう日本メディアが彼等の存在をよくもまあ許しているものだ。系列局のTBSのCS衛星チャンネルでは、相も変わらず「韓国ドラマ」や「韓国エンターテイメント」番組を垂れ流している。心ある日本人の皆さんには、不購読と不視聴で一人ひとりの対抗を願うばかりだ。

投稿: YY | 2007年9月20日 (木) 10時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 年金は救貧政策ではない:

» 進歩の極限 (進歩と調和について考える その2) [日比野庵 本館]
人間が自分の認識力を拡大するためには、まず認知できる対象を広げないといけない。考えるための材料をまず認識できないと始まらない。真っ暗闇の、無音の部屋で新しい認識を得ることは難しい。外部からの刺激がないから。心の内面から発する着想もあることはあるけれど、そのためには基礎となる情報を予めインプットしておかなくちゃいけない。... [続きを読む]

受信: 2007年9月19日 (水) 22時55分

» 調和の先にある存在 (進歩と調和について考える その3) [日比野庵 本館]
調和を単に「他を害さない」とだけで捉えると動物の存在自体が悪になってしまう。 道を歩くだけで蟻や虫を踏み潰してしまうかもしれないし、取って食うなどもってのほか。だから「他を害さない」存在をつきつめると植物や鉱物の存在が一番になる。... [続きを読む]

受信: 2007年9月20日 (木) 22時24分

» 福田・麻生・小沢みんなダメ! [Empire of the Sun太陽の帝国]
 昨日はお彼岸のお墓参りに東京都文京区のお寺まで車で行ってきた。  何と片道3時 [続きを読む]

受信: 2007年9月21日 (金) 14時11分

» 中ほどの道 (進歩と調和について考える 最終回) [日比野庵 本館]
発展を極限まで突き詰めると知の神に近づき、調和を極めると美の神に近づく。 [続きを読む]

受信: 2007年9月22日 (土) 21時31分

» 概念の論理演算 (思考は言語と言葉によって構成される その1) [日比野庵 本館]
当日比野庵と相互リンクしていただいている「深森の帝國 」の美月様、深波様から、「思考は言語で構成される」テーマをいただいた(勝手にいただきました^^)ので、考えてみます。 [続きを読む]

受信: 2007年9月23日 (日) 19時45分

» 演算式は作り、公式は発見する。 (思考は言語と言葉によって構成される その2) [日比野庵 本館]
ある思考をするとき、様々な概念同士を接続して、論理の演算式を構成していくけれど、思考の流れを考える時には、思考している言語の語彙の基本語順も考慮しないといけない。 [続きを読む]

受信: 2007年9月24日 (月) 21時34分

» 演算式は作り、公式は発見する。 (思考は言語と言葉によって構成される その2) [日比野庵 本館]
ある思考をするとき、様々な概念同士を接続して、論理の演算式を構成していくけれど、思考の流れを考える時には、思考している言語の語彙の基本語順も考慮しないといけない。 [続きを読む]

受信: 2007年9月24日 (月) 21時36分

» 論理演算式の長さ (思考は言語と言葉によって構成される その3) [日比野庵 本館]
互いの概念同士を繋ぐ線(論理)には長さもある。 [続きを読む]

受信: 2007年9月25日 (火) 20時33分

» 単語の回路構成 (思考は言語と言葉によって構成される その4) [日比野庵 本館]
単語はそれだけで概念を表すことができる。その種類は、犬猫といった事象から抽象概念まで様々。 [続きを読む]

受信: 2007年9月26日 (水) 19時48分

» 概念のマクロ化 (思考は言語と言葉によって構成される その5) [日比野庵 本館]
単語が豊富な言語は、回路化された論理機能ブロックの種類がたくさんあるから、回路が簡単に組める利点があると述べたけれど、では単語レベルといった個別概念じゃなくて、有る程度大きい規模の回路を組んで、エレクトロニクスの世界でいうマクロ化して、用意している言語ってないのかというと、実はある。たとえばすこし昔のインドがそれだった。... [続きを読む]

受信: 2007年9月27日 (木) 19時55分

» 実数と虚数 (思考は言語と言葉によって構成される その6) [日比野庵 本館]
数には、対象物の数など直接をあらわす、実数と、概念上の存在である虚数が存在する。虚数は1545年にカルダノが3次方程式を解くさいに発見した、自乗して-1になる数のこと。ありえない数。... [続きを読む]

受信: 2007年9月28日 (金) 16時52分

» 心の言葉 (思考は言語と言葉によって構成される 最終回) [日比野庵 本館]
思想の演算式は実部も虚部もひっくるめて演算式をたてる。目に見える事象を実数項として。心でしか認識できない抽象概念を虚数項として。 [続きを読む]

受信: 2007年9月29日 (土) 20時46分

« 勝手に訪朝団は不要だ | トップページ | 民主党と正々堂々議論すべき »