« 民主主義の試金石 | トップページ | 何かがおかしい »

2007年8月 6日 (月)

朝日新聞の使命

この支離滅裂さは異常だ。

原爆の日-「しょうがない」の罪深さ

 原爆の日が、まためぐってきた。6日に広島、9日に長崎へ原爆が落とされ、62年がたつ。

 今年の被爆地は昨年までとは、いささか様相が異なる。長崎県出身で防衛相だった久間章生氏が原爆投下について「しょうがない」と述べたことが、さまざまなかたちで影を落としているのだ。

 久間氏の発言をもう一度、確かめておこう。

 「原爆が落とされて、長崎は本当に無数の人が悲惨な目にあったが、あれで戦争が終わったんだ、という頭の整理で今、しょうがないな、というふうに思っている」

 ●人が虫になった

 「原子爆弾を炸裂(さくれつ)させた時、ひとは神さまを捨てて、みんな虫になってしまったのだとわたしは思います」

 被爆2世である芥川賞作家の青来有一(せいらい・ゆういち)氏は、小説「爆心」で、長崎の被爆者の心境をこうつづっている。

 天災ならまだしも、心のある人間が、これほどの大量殺人を犯すわけがない。まして、原爆が落とされたのは、長崎市でもキリスト教徒の多い浦上地区だった。自分たちと同じ信仰を持つ米国人が、そんな無慈悲なことをするとは信じられない。人間ではなく、きっと虫になってしまったのだ。そんなあきらめにも似た思いが伝わってくる。

 だが、それは「しょうがない」という気持ちとは違う、と長崎市の平和推進室長を務める青来氏は言う。「多くの被爆者は長い時間をかけて過去の傷をのみこんできた。もうこの先、地球上で核兵器を使わないようにするのならと、心の中で決着をつけてきたんです」

 被爆者には、仕返ししたい気持ちや恨みに思うことがあっただろう。だが、自分たちのような悲惨な体験はこれで最後にしたい。そう考えることで、多くの被爆者は、仕返しや恨みの気持ちに折り合いをつけてきたのだ。

 そうした複雑な感情も知らないで、被爆体験のない人から「原爆投下はしょうがない」などと安易に言われてはたまらないということだろう。

 ●「非核」をどう訴える

 病理学者で原爆投下の歴史に詳しい土山秀夫・元長崎大学長は、むしろ久間氏が「しょうがない」の後に続けた言葉に注目する。「国際情勢とか戦後の占領状態などからいくと、そういうこと(原爆投下)も選択肢としてはありうるのかな」という部分だ。

 直接的には過去のことを語っているが、現代でも場合によっては、核兵器を使うことができるとも聞こえる。現職の防衛相の言葉だけに、被爆者は怒りを増幅させたというのだ。

 世界を見渡せば、インド、パキスタンに続き、昨年は北朝鮮が核実験をした。核保有5大国の核軍縮は進まず、核不拡散条約(NPT)の信頼が揺らぐ。

 国内では麻生外相らが核保有の議論をすべきだと説く。そこへ、久間発言である。核兵器への抵抗感が、政治家の間で薄れているのではないか。そんな不安にかられたのは被爆者だけではない。

 だが、果たして日本の国民は、久間氏の発言を一方的に非難ばかりできるのだろうか。そんな自問もしてみたい。

 日本はかつてアジアの国々を侵略し、米国に無謀な戦争を仕掛けた。しかも、無数の人命を犠牲にして、負け戦をずるずると引き延ばした。その揚げ句に落とされた原爆なのだ。

 一方、戦後の日本はといえば、圧倒的な軍事力を持つ米国と安保条約を結び、「核の傘」に頼ってきた。それでいて、「非核」を訴えるという居心地の悪さもある。

 そうした事実を直視し、考えるきっかけにしなければいけないのではないか。

 問題は、だからしょうがないではなく、世界に同じ悲劇が起きないように、日本が何を訴えていくかだ。過去の歴史を反省し、アジアの国々と手を携える必要があるのはいうまでもない。

 ●米国にも変化の兆し

 久間発言を支持したのは、多くの米国民だったかもしれない。

 米国では「原爆投下で戦争が終わり、100万の米兵が救われた」というような正当化論が依然、根強いからだ。

 だが、その米国にも変化の兆しがないわけではない。

 この夏、日系米国人のスティーブン・オカザキ監督の映画「ヒロシマナガサキ」が日本で公開されている。

 この映画が画期的なのは、米国で4000万世帯が加入するケーブルテレビが、制作資金を出したことだ。そのケーブルテレビで6日から全米に放映される。

 映画は被爆者14人と、原爆を投下した米軍機の乗員ら4人の証言でつづられる。投下の瞬間や、治療を受ける被爆者の映像が生々しい。500人の被爆者から話を聞き、完成まで25年を費やした。

 オカザキ監督は「9・11のテロ以降、米国人は核兵器が使われるのではないかということに現実味を感じている。今ほど被爆者の体験が重要な意味を持つ時代はない」と語る。

 広島では14万人が犠牲になり、長崎の死者は7万人に及んだ。生き残った人や後から被爆地に入った人も放射能の後遺症に苦しんだ。その恐怖を米国も共有する時代になったのだ。

 久間発言によって鮮明になったことがある。日本の国民には、核を拒否する気持ちが今も強く生きているということだ。それを世界に示したことは、思わぬ効用だったかもしれない。

 この怒りを大切にすること。それは日本の使命である。

2007年08月06日(月曜日)付 朝日新聞

 非常に長い社説なのですが簡単にまとめると、久間氏の“「しょうがない」”発言について、実際に“「しょうがない」”と思っている側の視点を借りて“思いが足りない”と批判。逆に“「しょうがなくない」”と思っている側をお決まりの“歴史認識が足りない”=“原爆投下は当然だ”と牽制。

 そして、“インド、パキスタンに続き、昨年は北朝鮮が核実験”したことを嘆いて見せたと思えば、“国内では麻生外相らが核保有の議論をすべきだと説く”ことを比較対照として持ち出す。“核実験強行”と“核保有の議論”の程度を比べれば、とても比較対照出来るレベルではないことは一目瞭然なのですが、そんなことはお構いなし。ついて来れるやつだけついて来い。

 “米国の変化の兆し”については意味不明。“「9・11のテロ以降、米国人は核兵器が使われるのではないかということに現実味を感じている。今ほど被爆者の体験が重要な意味を持つ時代はない」”という言葉からは危機感は感じられても核兵器を否定する要素は皆無だ。

 そして最後に、“「しょうがない」”“「しょうがなくない」”という本来、異質な論議を総じて“核を拒否する気持ち”と都合のいいように曲解して終了。

 久間氏の発言を批判した朝日新聞の混乱がよく分かる社説です。どちらか一方を支持できれば話しは簡単なのですが、久間氏が“しょうがない”側に回った為にどちらも批判しなければならない羽目に陥ってしまいました。そしてその根底にあるのは“徹底した反日・反政府”だ。

 日本を無力化すること。それは朝日新聞の使命である。

 いい加減、日本はこの支離滅裂な感情論と、それを利用した反日勢力の無力化工作から抜け出し、核保有を含めた議論と憲法改正を実行しなければならない。現状のままでは、やがてアジアの軍拡の波に飲み込まれてしまうだろう。

人気blogランキングへ
Banner_02_2

|

« 民主主義の試金石 | トップページ | 何かがおかしい »

サヨクマスコミ」カテゴリの記事

コメント

朝日は、安倍内閣の『支持率更に急落!』という報道を嬉々としてやってますね。
彼らはまるで、敵の大将の首を討ち取ったかのごとく誇らしげだ。
なにしろ、例の『NHKの番組改編問題』以来の仇敵ですからね、今頃は社をあげての祝勝ムードでしょう。

ところで朝日新聞が、戦前は国民の『戦闘気分』を煽ったことは知らぬ人はいません。
「一億火の玉」だの、「欲しがりません、勝つまでは」などと、戦前の新聞には、国民を誘導するキャッチフレーズに溢れていました。
だが天皇陛下は、大国アメリカが相手では、必ずや国民が苦しい戦いに巻き込まれるということをことを危惧され、開戦には反対だった。
それで東條さんを首相の座にすえ、なんとか戦争を回避しようと努力されたのです。
ところが、報道に煽られた国民世論は、膨大なうねりとなって東條さんの力もすでに及ばなかった。

私は、実は朝日新聞は、アメリカが相手では日本は勝つ見込みがないということを、織り込み済みだったのではないかという疑念を抱いているんです。
日本を敗戦の淵に立たせ、大国によって解体させることを目的にわざと開戦を煽っていたのではないかと・・・

昨今の『安倍を降ろせ! 安倍に怒れ!」報道と、それにすっかり騙されている国民の姿が、戦前とシンクロして見えるのは、私だけでしょうか?

投稿: お笑いお花畑 | 2007年8月 6日 (月) 23時31分

身の毛もよだつ通州事件
それをはるかに上回る米国の原爆投下
しかし日本人は天皇陛下の御言葉のように
耐えがたきを耐え忍びがたきを忍び
米国と共に世界平和のため努力してきた
それを今特定国が何とか
崩そうとあの手この手でかく乱を試みる
今 日本人は何が真実か
しっかり見極めて世界平和に
貢献している日本国を維持し更に
発展させなければ
日本の未来どころか世界の未来も無くなる
久間氏の”しょうがない”は
そうゆう日本の諸事情を包み込んだ
ため息と想う
原爆被害者の無念を想うとき
胸が痛くなる
どうぞ安らかにお眠りください。

投稿: masashi | 2007年8月 6日 (月) 23時34分

この「しょうがない」発言に対する、日本国内の大反発や、それが原因の防衛大臣辞任・・・これを、あの原爆資料館に就任したアメリカ人はどう思ってるんだか、全くコメントが出ないのが不思議ですよ。。。

アメリカは、原爆投下の正当性を主張するなら、同時に、未だに国民に隠蔽している、原爆投下直後の残虐な映像・写真を公開してから言え!・・・とは絶対に言わないんだよね、へタレ朝日新聞は。アメリカのポチ!って言っちゃうぞ!

投稿: 薄荷 | 2007年8月 7日 (火) 04時36分

 “米国の変化の兆し”については意味不明。“「9・11のテロ以降、米国人は核兵器が使われるのではないかということに現実味を感じている。今ほど被爆者の体験が重要な意味を持つ時代はない」”という言葉からは危機感は感じられても核兵器を否定する要素は皆無だ。


核の持つ抑止力はもはやテロを前に、抑止力どころか脅威になろうとしてるという意味でしょう。

もはや武力に武力では何も解決できないことが、
911でも、イラク戦争でも証明されているのでは
ないでしょうか?


ここ10年くらいで核の持つ魅力は減り続け、一部発展途上国(北朝鮮やパキスタンなど)でいたし方なく保有の道を選ばれてるだけにしかみえないなかで、日本の核保有ってのは、うまくないと思いますね。


それよりも、一人でも多くの人に核の悲劇を伝えるというスタンスの方がいいと思いますね。
「はだしのゲン」も外交に用いられようとしてます。広島記念式典への海外からの各国関係者の参加も年々増えてます。

投稿: うーん | 2007年8月 8日 (水) 00時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 朝日新聞の使命:

» 原爆の日・支離滅裂!朝日新聞社説 [夢遊人の独り言]
 下は今日(8月6日)の朝日新聞の社説です。 -------------------- 「原爆の日―「しょうがない」の罪深さ」朝日新聞2007年8月6日  原爆の日が、まためぐってきた。6日に広島、9日に長崎へ原爆が落とされ、62年がたつ。  今年の被爆地は昨年までとは、いささか様... [続きを読む]

受信: 2007年8月 6日 (月) 23時12分

» 核兵器は時間をも破壊する (抑止力について考える その2) [日比野庵 本館]
中国は核ミサイルを持っていて、日本に照準を合わせてるのは周知の事実。 [続きを読む]

受信: 2007年8月 6日 (月) 23時18分

» 特定の本や映画の宣伝歌が妙に多い [朝日歌壇鑑賞会【今週の作品】]
本日、広島原爆の日の朝日歌壇から。 ◆ 初産の姪に贈りぬこの国の美しき憲法ちひろの絵本   (東京都 桑先晃子 高野公彦選)  【選者の評】初産の姪に『井上ひさしの子どもにつたえる日本国憲法』(絵=いわさきちひろ)を贈る。平和への祈りをこめて。  ....... [続きを読む]

受信: 2007年8月 7日 (火) 01時29分

» 無人兵器は戦争のハードルを下げる (抑止力について考える その4) [日比野庵 本館]
命の値段が高い国は、少しの人的被害でも直ぐに戦意喪失する。まず国民から。 [続きを読む]

受信: 2007年8月 7日 (火) 21時06分

» 人権抑止力戦略 (抑止力について考える その5) [日比野庵 本館]
戦争をするためには、大義名分と自国民の支持が必要。特に民主国家ではそう。 [続きを読む]

受信: 2007年8月 8日 (水) 20時51分

« 民主主義の試金石 | トップページ | 何かがおかしい »