« これがマスゴミだ | トップページ | 原爆は2度落ちる »

2007年8月 4日 (土)

民主党の勝因

コメ農家は大規模化に否定的なようです。

農業大規模化政策、コメ農家の参加は面積で26%

 農林水産省は3日、農業大規模化のため、今年度から新たに始まった「品目横断的経営安定対策」への農家(複数の農家でつくる農業組織を含む)の加入申請が全国で7万2431件だったと発表した。全作付面積に占める加入農家の作付面積の比率は全国平均でコメ26%、ムギ93%、ダイズ77%などとなった。

 この政策は、民主党が「小規模農家の切り捨てだ」と批判している。コメの加入面積率でみると、参院選で自民党が敗れた1人区の23県のうち岩手、秋田、山形など8県で全国平均を上回った。同党候補が全敗した四国では4県とも全国平均より低かった。同省は「四国は比較的コメへの依存度が低いため、加入申請も低調になったと考えられる」と説明している。

2007年08月04日11時22分 朝日新聞

 “全作付面積に占める加入農家の作付面積の比率は全国平均でコメ26%、ムギ93%、ダイズ77%”であり、“コメの加入面積率でみると、参院選で自民党が敗れた1人区の23県のうち岩手、秋田、山形など8県で全国平均を上回った”点から見ても、民主党の言う“「小規模農家の切り捨てだ」”という政府批判は、コメ農家のハートをガッチリ掴んだようです。

 日本政府はコメ農家の保護に重点を置き、その結果として、コメの作付け面積の過剰とコメ余り現象を引き起こしました。政府の手厚い保護により、農家の大規模化と効率化は遅々として進まず、コメ余りだからといっても他の農作物を作付けしたところで採算があわない為、減反に応じて保証金を得ることを選ぶ農家が続出しました。当然ながら、未来の無い農家を受け継ぐ若者達は必然として減り続け、結果として農地の減少と深刻な後継者不足により、食糧自給率40%という危機的な状況を招いたのです。

 民主党は今回の参院選において、反自民で野党連合を結成して旧社会党系の支持者と郵政民営化反対派を取り込み、教育基本法の改正で日教組を取り込み、社会保険庁の解体で自治労を取り込み、農家への個別所得保障制度で改革よりは安らかな死を迎えたい高齢者を取り込み、公務員改革で官僚とマスコミを取り込み、「年金問題」で老後を安らかに過ごしたい団塊の世代を取り込み、「政治とカネ」と「格差社会」で社会に対して漠然とした不満を持つ若者を取り込んだ。

 その結果が参院選の民主党の60議席獲得、与党の過半数割れという結果をもたらしたわけですが、小沢代表とすれば、ここまでくれば後は解散総選挙まで突っ走るしかないと考えているでしょう。政局はまだまだ続きます。

 しかしながら民主党の中身は何も無い。小沢代表がこのまま政権を奪取した先に何を考えているかは謎です。すべての反対勢力を結集した民主党が政権を奪取したら、一体どういうことになるのか想像もつかない。

 参院選後、敗戦の戦犯探しでまとまりに欠く自民を尻目に、“小沢さんが創価学会の人間とコンタクトしたかもしれない”という情報を意図的に流して更に与党の混乱を助長させ、「1円から領収書」改正案で自民から異論が続出している隙に「1円から領収書」案を提出して手柄を横取りする等、自民へ更なる錯乱工作に余念がありません。

 その間、自民のやれることといえば、麻生外相の言うとおり“ばたばたしないでじっくり構える”ことだけだ。

 そして有権者に出来ることといえば、政策の中身をじっくり吟味して正当に評価することだけだろう。

自民党はばたばたするなと思う方はクリック!(人気blogランキングへ)

|

« これがマスゴミだ | トップページ | 原爆は2度落ちる »

国内政治」カテゴリの記事

コメント

こんな政界の寝業師が党首のままで政権党になれるんでしょうか。 国内専門の裏工作上手が総理になっても混乱を招くだけのような気がします。

日本にもプーチン政権誕生か?

投稿: mm | 2007年8月 5日 (日) 02時17分

 政策や主義主張から云って、何故民主党が分裂しないのかが、先ず不思議です、民社党系、社会党右派、自民党田中派、松下政経塾派の寄せ集めでしょう、支持層も今は公務員系労働貴族の自治労が主だが、昔は中小企業の労働者が中心だった連合、(松下政経塾派の支持層って何処?)、それに無党派層ですか、バラバラで横の脈絡も薄いのに、解党しない理由はただ一つ、自民党の対抗勢力が必要だからです。

 昔は自民党がそう言う傾向にありましたので、派閥間調整で小沢さんの出番が多かったのですが、金丸さんが余りにやりすぎて、その番頭格だった小沢さんは、自民党を出るハメになったのではなかったか。

 この上で、自民党を野に下す事態にまでする決断を国民が選択するのなら、日本は自殺するのに等しい、彼等の提出する法案の中味がどれ程現実と乖離しているか、改革を逆行させるモノか、22兆円の財源を一切無視して云っているダケで、その通りにやれば、驚くような額の国債発行と大増税をやるしかない。

 第一小沢さんが、自民党内で権勢を振るっていた時分、何か政治家らしい仕事をしただろうか、私は寡聞にして知らない、彼は、政治屋以前の利権調整屋でしかないと思っている。

投稿: | 2007年8月 5日 (日) 15時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 民主党の勝因:

« これがマスゴミだ | トップページ | 原爆は2度落ちる »