« 護憲主義者は卑怯者 | トップページ | 中華航空は別物 »

2007年8月20日 (月)

マスコミ指導員

駐日大使が交代するらしい。

次期駐日大使に崔氏内定 中国、9月にも着任

 【北京19日共同】中国政府は、王毅駐日大使(53)の後任に崔天凱外務次官補(54)を起用することを内定した。早ければ9月にも着任する。王氏は外務次官として北京に戻り、戴秉国筆頭外務次官(66)が来年3月に国務委員(副首相級)以上に昇格するのに伴い、筆頭次官に就任する見通し。複数の中国政府筋が19日、明らかにした。

 崔氏は外務省副報道局長や国連代表部公使、アジア局長を経て、2006年から外務次官補として日本を含めた東アジアなどを担当している。日本語が専門ではなく、日本勤務経験もないが、外務省の主要ポストを歴任していることから「将来の外相候補」と目されている。

 崔氏はアジア局長時代に日中局長級協議を担当し、歴史問題や東シナ海ガス田開発問題などで日本側と協議した。06年1月の同協議では、日本メディアの中国報道にいらだち「日本政府はもっとマスコミを指導すべきだ」と発言したことで知られる。

2007/08/19 19:43 【共同通信】

 ああなるほど。最近、有毒食品絡みで何かと中国バッシングの多いマスコミの指導にいらっしゃるんですね。

 9月からの朝日と毎日の紙面が楽しみだなぁ

9月からの紙面が楽しみだと思う方はクリック!(人気blogランキングへ)

|

« 護憲主義者は卑怯者 | トップページ | 中華航空は別物 »

日中外交」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マスコミ指導員:

« 護憲主義者は卑怯者 | トップページ | 中華航空は別物 »