« どちらの引責? | トップページ | 米国世論は対話拒否 »

2007年8月 8日 (水)

北朝鮮と野球拳

まさに野球拳。

北朝鮮、燃料棒まだ取り出さず 新たなカード?「9月に協議」

 北朝鮮が6カ国協議合意によって核施設停止・封印の対象になっている寧辺の実験用黒鉛減速炉(5000キロワット)について、炉内の約8000本の使用済み燃料棒を「初期段階措置」の段階ではまだ取り出さない意向を国際原子力機関(IAEA)に伝えていたことが7日分かった。IAEA当局者が明らかにした。

 同当局者によると、北朝鮮側は「(燃料棒を含む)核物質については9月の6カ国協議で話し合う」としているという。

 北朝鮮に燃料棒取り出しを新たなカードとする意図があるのかどうか、単に技術的に難しいためなのかどうかなどは不明。核施設無能力化やすべての核計画申告など「次の段階」を話し合う今月中旬の「朝鮮半島非核化」作業部会や9月の6カ国協議で燃料棒の取り扱いが焦点の一つとなりそうだ。(共同)

(2007/08/07 19:13) 産経新聞

 まぁ、あれだな。野球拳で靴下を脱ぐようなものだ。ライスちゃんもヒルちゃんもノムちゃんも実に楽しそう。

 もちろん、日本はこんな茶番に付き合う必要は無い。

付き合ってられないと思う方はクリック!(人気blogランキングへ)

|

« どちらの引責? | トップページ | 米国世論は対話拒否 »

北朝鮮核実験」カテゴリの記事

コメント

ゴーリキーさん、こんにちは。
このたとえ、うまいですね。
最初からこうなることは分かっていたとは言え、まさに北朝鮮との交渉は野球拳ですね。
経済支援を拉致問題を理由にきっぱいことわり続けている日本政府の姿勢は評価できます。

投稿: ナルト | 2007年8月 8日 (水) 11時49分

きみ、なんて不謹慎な!
野球拳に例えるなんて!
恥を知りなさい、恥を!
だが、的は射ってるな!

投稿: なんだかなぁ~ | 2007年8月 8日 (水) 14時33分

>【ソウル=久保田るり子】韓国大統領府は8日、盧武鉉大統領が28日から30日まで、北朝鮮の首都・平壌を訪問し、金正日総書記と南北首脳会談を行うことで合意したと発表した。

まさか金将軍軍と韓国軍の合同特殊部隊をアフガン・パキスタン国境の部族地帯に派遣し、拉致された韓国キリスト教徒を救出しようというのではあるまいな。月末なんて遅すぎると思うよ。

投稿: weirdo31 | 2007年8月 8日 (水) 16時07分

皆さんコメントありがとうございます。
ただ、“靴下を脱ぐ”のではなく“靴下を片方脱ぐ”にしといたほうが良かったカナ。
まぁ、その程度ということです。

投稿: takayuu@管理人 | 2007年8月 8日 (水) 22時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北朝鮮と野球拳:

» 核というものと国益 [手前ら、日本人なめるんじゃあねぇ]
六カ国協議が、北朝鮮の書く放棄期限のあいまいな形で終わった・・・ これを見ても日本以外の国が北朝鮮の核というものに危機感を持っていると考えることに疑問が生ずるのだが、前回の核の危機のときにあいまいにしてしまったアメリカ民主党のクリントン政権の罪は深いであろうが、次の政権が其のアメリカ民主党となる可能性は非常に大きく、其のときにはアメリカは、日本の危機感というものに一瞥もせずに金豚と核保有を黙認する形で合意することになる可能性がある・・・ 現在のアメリカ代表ヒル国務次官補は政治的野心をあらわにして... [続きを読む]

受信: 2007年8月 8日 (水) 14時30分

« どちらの引責? | トップページ | 米国世論は対話拒否 »