« 北京滞在は命がけ | トップページ | 社民党の存在意義 »

2007年8月 1日 (水)

使い古しのマッチポンプ

事実。

慰安婦決議案採択 米下院

 【ワシントン=有元隆志】米下院は30日の本会議で、慰安婦問題に関する対日非難決議案を採択した。決議に法的拘束力はないが、日本政府に公式謝罪を求めている。決議案の共同提案者は下院議員総数435人のうち167人に上ったものの、決議案が採決された際に本会議場にいたのは、わずか10人程度。発声による投票の結果、出席者から異論は出なかったため採択された。

 ペロシ議長ら下院指導部は、参院選に影響を与えることを避けるため、採決の日程を選挙後の30日に設定した。上院には提出されていない。

 この日、ラントス外交委員長(民主党)が趣旨説明を行った後、決議提案者のホンダ下院議員(民主)らが演説した。共和党からもロスレイティネン外交委筆頭理事らが賛成演説を行った。反対演説はなかった。

 ホンダ議員は採択後の記者会見で、「決議は日本政府に対し、公式で明確な謝罪を慰安婦に行うよう求める強いメッセージだ」と述べ、日本政府の公式謝罪を求めた。

 慰安婦問題をめぐっては、安倍晋三首相が4月末に訪米した際、ペロシ議長ら議会指導者との会談で、「人間として首相として心から同情している。そういう状況に置かれたことに申し訳ない思いだ」と語った。

 ブッシュ大統領は首脳会談後の共同記者会見で、「首相の謝罪を受け入れる」と首相の対応に理解を示しており、日米政府間では事実上解決済みとなっている。

 これまで慰安婦決議案は4回提出され、昨年秋には外交委で可決されたものの、本会議では採決されず廃案になった。

 一方、下院外交委員会は31日、アジア・太平洋地域の安定強化や、テロとの戦いにおける日本の役割について謝意を示す決議案を採決する。ラントス委員長やホンダ議員も共同提案者となっている。慰安婦決議で日本非難をしたため、日本への謝意を示すことでバランスをとるねらいがあるとみられる。

(2007/07/31 09:15) 産経新聞

それを朝日が偏向報道し

米下院が従軍慰安婦決議案を採択

 米下院は30日の本会議で、従軍慰安婦問題について日本政府が歴史的責任を認め、公式に謝罪するよう求める決議を採択した。同様の決議案は01年から4回提出され、いずれも廃案になっていたが、民主党主導の議会で安倍首相の発言に対する反発が広がり、初めて本会議で採択された。法的拘束力はないものの、採択の回避に向け、訪米の際に米議会幹部に直接説明し、「理解していただいた」とする首相にとって更なる痛手になりそうだ。

 下院外交委員会は6月26日に39対2の大差で決議案を可決本会議でも3分の2以上の賛成が見込まれたことから、今回の採決は発声投票で行われた。出席議員から異議は出なかった

 決議は、「旧日本軍が若い女性に性的な奴隷状態を強制した歴史的な責任」を日本政府が「明確な形で公式に」認め、日本の首相が謝罪声明を出すよう求める内容。1月末に日系のマイク・ホンダ議員(民主)が提出した。

 日本政府は「これまで謝罪しており、決議案は不必要で、事実と異なる」と訴えた。だが、安倍首相は3月1日、軍当局の関与と「強制性」を認めた93年の「河野官房長官談話」に関連して「強制性を裏付ける証拠がなかったのは事実ではないか。定義が変わったことを前提に考えなければならない」と発言。自民党内に河野談話を見直す動きもあり、従来の日本政府の謝罪に留保をつけ、修正しようとする発言と受け取られた。

 決議案の共同提案者は下院(定数435)のうち民主、共和両党の167人に達した。そのうち142人は安倍首相の3月1日の発言後に共同提案者となっている。安倍首相は4月下旬の訪米時にペロシ下院議長(民主)やブッシュ大統領らを前に謝罪を表明。一時は沈静化したが、日本の国会議員らが6月14日付の米紙ワシントン・ポストに、決議案は「現実の意図的な歪曲(わいきょく)だ」とする意見広告を出し、議会内の反発が再燃した。

 ホンダ議員は30日、決議の採択後に議会内で会見し、「この決議は日本の人々を責めているのではない。日本政府の過去に対する姿勢の問題だ。安倍首相が私たちの言葉に耳を傾けることを期待している」と語った。

 下院指導部は参院選への影響を避けるため、本会議採決を選挙後に先送りし、日程の公表も投開票後にするなど配慮を見せていた。日米関係への悪影響を懸念する声もあり、31日の下院外交委員会では日米同盟の重要性を評価する決議案も採決される予定だ。

2007年07月31日09時11分 朝日新聞

朝鮮メディアが捻じ曲げる。

【社説】米下院が満場一致で採決した慰安婦決議の重み

 米下院本会議は31日、日本に対し第2次世界大戦下で日本軍が慰安婦を強制的に動員したことを公式に認め、謝罪するよう求める決議を満場一致で採択した。日系3世のマイク・ホンダ議員が今年1月に提出し、下院議員168人が共同提案者に名を連ねたこの決議案は、本会議に上程されてから35分後に下院議員435人全員の支持を得て可決された。

 決議は慰安婦の強制動員について、「その残忍性・重大性において前例のない慰安婦制度は、20世紀最大の人身売買事件の一つだ」と規定した。そしてホンダ議員は「今日、米国下院は慰安婦が被った恥辱について、日本政府が公式かつ明白に謝罪を行うべきだというメッセージを送った」と語った。またラントス下院外交委員長は「歴史を歪曲(わいきょく)、否定し、被害者である慰安婦たちを非難するなど、ばかげた主張を繰り返す日本の態度には強い不快感を覚える」と語った。

 慰安婦決議案はこれまで、1997年以降の11年間にわたって6回も提出されたが、そのたびに日本政府の執拗(しつよう)なロビー工作によって本会議への上程すら実現しないまま廃案となってきた。今回の採択に至る上で大きな転機となったのは、先月、日本の政治家や知識人らがワシントン・ポストに掲載した「慰安婦の動員に日本の政府や軍部はかかわっていなかった」と強弁する内容の全面意見広告だった。ホンダ議員は「この広告によって(かえって)米国の有力者らは事実関係をより正確に理解するようになった」と語った。この日、米議会を訪れた元慰安婦のイ・ヨンスさんは「こうした形で恨みを晴らす契機を与えてくださったことに感謝したい」と語った。

 安倍首相は決議の採択を受け、「決議されたことは残念」と語った。米下院が決議の中で日本に対して求めた、強制動員の事実認定、首相による公式謝罪、慰安婦の強制動員はなかったとする主張の否定、次世代のための教育などの内容について、日本政府として応じるつもりはないことを示している。「非常に不快な日本の態度」としたラントス下院外交委員長の表現は、決して行き過ぎたものではなかった。

朝鮮日報 2007/08/01 10:38:11

 事実は“決議案が採決された際に本会議場にいたのは、わずか10人程度”にもかかわらず。

 それを朝日が“4回提出”“下院(定数435)”“39対2の大差で決議案を可決”“民主、共和両党の167人”“そのうち142人は安倍首相の3月1日の発言後に共同提案者”といちいち具体的に細かい数字を挙げて経過を説明しながらも、何故か肝心の採決時の出席者数については“本会議でも3分の2以上の賛成が見込まれたことから、今回の採決は発声投票で行われた。出席議員から異議は出なかった”などと具体的な数字をあえて隠すことで意図的に“下院(定数435)”の圧倒的多数の賛成があったかのように見せかけて偏向報道し、

 最後に朝鮮メディアが“下院議員435人全員の支持を得て可決”と完全に捏造する。

 使い古されたマッチポンプの手法だ。古来、いわゆる従軍慰安婦問題というものはこうやって増幅されてきた。些細なことと黙っていれば事態はどんどん悪化する。反論するならば徹底的にやるべきだ。

河野談話を破棄しろ!と思う方はクリック!(人気blogランキングへ)

|

« 北京滞在は命がけ | トップページ | 社民党の存在意義 »

南朝鮮」カテゴリの記事

コメント

 正に朝日は朝鮮族の報道機関ですね、日本人の視点など微塵も感じない、報道機関の使命を遙かに逸脱して、正に韓朝の在外情報工作機関である、亦、この頃その事を隠している風も見えなくなりました、こんな情況が見えて尚かつ、朝日を擁護したり、購読を続けるのは、在日かサヨクと看て良いのではないか。

投稿: ナポレオン・ソロ | 2007年8月 1日 (水) 22時12分

毎回拝見しています。

このことをご存知ですか?

ルイジアナ州在住の尾崎信義氏が、
ホンダ議員とラントス委員長を相手どって
名誉毀損訴訟を起こすことを決めた。
http://falcons.blog95.fc2.com/blog-entry-17.html

ご参考までに


投稿: Hisashi | 2007年8月 2日 (木) 17時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191898/15973985

この記事へのトラックバック一覧です: 使い古しのマッチポンプ:

» ネットの政治への影響力を検討する その3  [日比野庵 本館]
昨日のエントリーでは、現実社会でのアプローチについて検討してみましたが、今日のエントリーではネットの世界でのアプローチを検討してみたいと思います。 [続きを読む]

受信: 2007年8月 1日 (水) 22時58分

» 【朝日新聞】慰安婦決議の尻馬に乗る「孤立」 [加賀もんのブログ]
米下院本会議は7月31日、旧日本軍によるいわゆる従軍慰安婦問題で日本政府に公式に謝罪を求める決議案を可決した。 こんなものは、事実に基づかない愚かしいものであることは、日本人であれば余程の愚か者でない限り分かっているし、この決議案に意味があるとすれば、「アメ..... [続きを読む]

受信: 2007年8月 2日 (木) 08時09分

« 北京滞在は命がけ | トップページ | 社民党の存在意義 »