« 安倍外交の成果 | トップページ | 人治のススメ »

2007年8月23日 (木)

戦略的外交の成果

日印の強固な関係は同盟レベルに達したらしい。

日印首脳会談:「インドの中の日本」建設へ

 インドと日本が同盟レベルの強固な友好関係を誇示した。

 両国はアジアの盟主を自認する中国をけん制するという共通の目標がある上に、製造業の誘致(インド)、新興市場の確保と戦略的産業拠点を確保(日本)したいお互いの利害関係も一致する。インドを訪問中の安倍晋三首相は22日にインドのシン首相と首脳会談を行い、経済・軍事などさまざまな分野での緊密な協力関係を維持していくことで合意した。

◆会談のキーワードは経済

 両国の緊密な経済協力関係は、日本にとって経済面で非常に有利だ。製造業の基盤に乏しいインドとしては、当分の間日本製の家電・コンピューター・自動車などをより多く輸入するようになる。

 両国はさらに、インドの産業化を進める上で基盤となるデリー-ムンバイ間の産業大動脈建設プロジェクトにおいても緊密に協力していくことで一致した。1400キロにわたるこの産業大動脈は、いわゆる太平洋ベルトを通じて産業化に成功した日本のアイデアだとされている。日本は内陸のデリー近郊に進出している日本企業にとって必要な物流基盤を提供するために、高速貨物鉄道建設などを中心に今後5年間で100億ドル(約1兆1534億円)を投資する。日本の国土面積に匹敵するこの地域が日本企業にとっての産業ベルトとして育成されれば、インドの中にもう一つの日本が作り上げられることになる。スズキやホンダがデリー周辺に自動車工場を新たに建設し、ソニーや東芝などの電機メーカーもインド市場への再進出を狙っている。

◆中国に対するけん制で一致

 安倍首相の持論は米国-オーストラリア-日本―インドの南太平洋ベルトを通じ、イスラム教勢力を基盤にアジア全体への影響力拡大を狙う中国をけん制するというもの。インドも国境を接し、戦争の経験もある中国の急成長を常に警戒している。

 とりわけ両国は軍事協力を強化することでも一致した。来月インド洋で行われる海上訓練には日本の自衛隊が参加する可能性が高いとみられている。

958617495584446226_3  

 

 

 

  

朝鮮日報 記事入力 : 2007/08/23 09:02:07

 日本のマスコミは何故か過去のことばかりに拘り、安倍外交の成果をけして取り上げようとしませんが、今回の外遊によって、日印の関係は同盟国レベルにまで達したようです。

 この関係強化は従来の日本の“親善外交”ではなく、安倍首相の持論である“米国-オーストラリア-日本―インドの南太平洋ベルトを通じ、イスラム教勢力を基盤にアジア全体への影響力拡大を狙う中国をけん制する”ことと、“インドも国境を接し、戦争の経験もある中国の急成長を常に警戒”しているという両国の利害関係が一致した上での“戦略的外交”の成果であることに、より深い意味があります。

 首相就任より、掲げてきた“戦略的外交”の成果がようやく出始めたようです。参院選の惨敗にもかかわらず、高い志を元に力強い外交を推進する安倍首相を頼もしく思います。

親善外交より戦略的外交を!と思う方はクリック!(人気blogランキングへ)

|

« 安倍外交の成果 | トップページ | 人治のススメ »

日印外交」カテゴリの記事

コメント

さっき、テレ朝の『報道ステーション』で、『日印首脳会談』について取り上げていましたが、

これが、「中華航空機事故」「警察官ストーカー殺人」の後に、渋々という感じで取り上げていました。

しかも、「安倍首相の外交には、自民党内にも冷ややかな声」などとテロップを入れる。

その後は、加藤宏一などの『中華シンパ』にわざわざインタビューに行き、

「安倍さんの外交は、まるで昔の冷戦時代に逆戻りじゃないですか」などと言わせる。

最後の締めは、「インドに対しては、核拡散の見地からも、インドの核保有について安倍首相の口から遺憾の意を表明するべきだった。安倍首相はこういう肝心のことを何も言っていない」と大批判。

じゃあ、温家宝来日の時、テレ朝さんは「中国は核を持つべきではない」というキャンペーンを張りましたか?

核の照準を日本に向けているのは、インドじゃなくて、中国なのにねぇ~(笑)

投稿: お笑いお花畑 | 2007年8月23日 (木) 23時58分

靖国参拝をしなかった安倍首相にはとどめをさされたような惨めな気持ちになったが、この親日国インドとの戦略外交は快挙です。
日本の国益を真に考え、戦後の自虐史観に苛まれていない政治家を総理に頂いている我国は当面安泰では無いでしょうか。久し振りに気持ちが晴れました。
新YKKなどゴミ政治屋は表舞台から早く去ってもらいたい。

投稿: Hatumagodekita | 2007年8月24日 (金) 07時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 戦略的外交の成果:

» 防衛・軍隊 [防衛・軍隊]
防衛・戦闘機・軍事・軍隊 [続きを読む]

受信: 2007年8月23日 (木) 22時35分

» ニューズ・コーポレーションがダウ・ジョーンスを買収 [人生磁針-読書的生活]
買収提示額は50億ドル。 ダウ・ジョーンズはウォールストリート・ジャーナルの発行... [続きを読む]

受信: 2007年8月24日 (金) 00時24分

» 安倍首相にインド国会スタンディングオベーション [ネトウヨのブログ]
 安倍首相がインド国会で演説し、スタンディングオベーションが起きていたようです。  まずは外務省公式サイトより引用です。 http://www.mofa.go.jp/mofaj/kaidan/s_abe/iim_07/india_gai.html (1)演説内容 * 太平洋とインド洋という「二つの海」の交わりによって、東アジアと南アジアの融合した新しい「拡大アジア」が出現しつつある。これは、米国や豪州を巻き込み、太平洋全域にまで及ぶオープンで透明なネットワークに成長しうる。 ... [続きを読む]

受信: 2007年8月24日 (金) 01時42分

» 真のアジア戦略外交 [電脳空間「高天原」]
シーレーン安全確保で協力…日本・マレーシア首脳会談(読売新聞) - goo ニュース 安倍首相とマレーシアのアブドラ首相は24日午前(日本時間24日午前)、首相官邸で首脳会談を行った。 両首脳は、政治・安全保障、環境・エネルギーなど5分野での協力推進を盛り込んだ共同声明を発表した。 共同声明では、マラッカ海峡の海上交通路(シーレーン)の安全確保のために協力することを確認し、安倍首相は航路標識の修理などでの支援を表明した。----------------------------------------... [続きを読む]

受信: 2007年8月24日 (金) 16時35分

» デザイン家電をデザインレビューを中心に分かりやすくご紹介 [デザイン家電を暮らしにもっと]
一人一人の暮らし/ライフスタイルに合ったデザイン家電に巡り会ってもらえると幸いです [続きを読む]

受信: 2007年8月25日 (土) 07時10分

« 安倍外交の成果 | トップページ | 人治のススメ »