« 不思議なこと | トップページ | マスゴミの出番 »

2007年7月27日 (金)

中共の代弁者

言っている意味がさっぱり分かりません。

麻生外相の外交は「中国包囲網」 山崎氏が批判

 自民党の山崎拓元幹事長は26日、東京都内で講演し、麻生外相が昨年11月に打ち出した外交方針「自由と繁栄の弧」について「対中国包囲網となるので、安全保障の面から言っても適切ではない」と批判した。

 「自由と繁栄の弧」とは、東欧から中央アジア、東南アジア付近にかけた地域の民主主義を発展させるため、この地域を重点的に支援する構想。山崎氏は「貿易立国・日本としては対中関係をますます重視していかざるを得ない。中国包囲網という発想は私は取らない」と語った。

2007年07月26日22時53分 朝日新聞

 軍事力を不透明に増強し、周辺国に対して影響力を強め、資源の強奪や囲い込みを行うルール無用の独裁共産主義国家中国に対し、“安全保障の面”において、“対中国包囲網”以外の有効な外交方針を示せるのであれば、先ずは自身で示してみよ。土下座外交以外で

 中央アジアの天然ガス、石油、ウラン資源は、“貿易立国・日本”の重要な戦略物資です。このまま中国に遠慮して放置すれば、やがて中央アジアは上海協力機構に取り込まれ、日本は重要な戦略物資を失うことになります。

 日本と中国は主要な貿易相手国である他に、アジアの覇権を争うライバル同士でもあります。その中国を包囲し、封じ込めることに対して、一体何の不都合があろうか。

 不都合があるとすれば、山崎拓が中共の代弁者であり、媚中派であること以外にはないだろう。

「自由と繁栄の弧」推進を支持する方はクリック!

|

« 不思議なこと | トップページ | マスゴミの出番 »

国内政治」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。いつも拝見しております。

いやはや・・・野党が言うならまだしも・・・。
この山崎や加藤や河野や二階や・・・選挙区にまともな対立候補が立ってほしいものです。

投稿: 成田 | 2007年7月27日 (金) 21時22分

>山崎や加藤や河野や二階や・・・選挙区にまともな対立候補が立ってほしいものです
 自民党中央が、彼等の公認を拒否するところから始めねばならないでしょう、政治を目先の利益の維持手段としてのみに固定して考える、ゼニゲバ(古いか・・)利権集団の支持者を納得させうる理由も必要です。

 「マトモな」政治家は、マトモな有権者、支持者の基盤にしか育たない事を我々国民はそろそろ気付くべきです。

投稿: ナポレオン・ソロ | 2007年7月28日 (土) 10時17分

麻生さんは自由と民主主義という国家理念を重視し、価値観を共有できる国々との関係を強化したいと言ってるんであって、別に中国を包囲するとは一言も言ってないように思えますが・・・

進歩的な人や変質者は自由や民主主義という価値観を共有できそうもない相手のご機嫌がよっぽど気になるらしいですね。

投稿: HJ | 2007年7月28日 (土) 14時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中共の代弁者:

» 支那を大切にするとメリットがあるのか [電脳空間「高天原」]
麻生外相の外交は「中国包囲網」 山崎氏が批判(朝日新聞) - goo ニュース 自民党の山崎拓元幹事長は26日、東京都内で講演し、麻生外相が昨年11月に打ち出した外交方針「自由と繁栄の弧」について「対中国包囲網となるので、安全保障の面から言っても適切ではない」と批判した。----------------------------------------------------------- 適切である、の言い間違いでは?軍事費の増加が凄まじい支那にどれほど指摘しても改めようとはしなかったじゃないですか... [続きを読む]

受信: 2007年7月28日 (土) 19時48分

« 不思議なこと | トップページ | マスゴミの出番 »